スポンサーリンク

【MLB 2020】ドジャース、ムーキー・ベッツを2Bで起用!

ドジャース

久々の2Bの結果は?

 現地2020年9月10日、ロサンゼルス・ドジャースは、チェイス・フィールドで行われたダイヤモンドバックスとのゲームで、4年連続OFでのゴールドグラブ賞を受賞しているムーキー・ベッツを2Bで先発起用しました。

1番2Bムーキー・ベッツ

 この日のドジャースのスターターはご覧の通りのメンバーとなりました。

  1. ムーキー・ベッツ(2B)
  2. コーリー・シーガー(SS)
  3. AJ・ポロック(LF)
  4. マックス・マンシー(3B)
  5. クリス・テイラー(CF)
  6. コディー・ベリンジャー(1B)
  7. キケ・ヘルナンデス(RF)
  8. ウィル・スミス(DH)
  9. オースティン・バーンズ(C)

 ドジャースがベッツを2Bで起用したのは、ポストシーズンを見すえてのこと。ドジャースにはキケ・ヘルナンデス、クリス・テイラーという能力の高いユーティリティープレーヤーがすでにいますが、ベッツを2Bで起用することでさらに攻撃のオプションが広がることから、今回は試験の意味があったようです。

守備機会

 ムーキー・ベッツの守備機会ですが、4度ありました。

 1回裏、クリスチャン・ウォーカーの1・2塁間の緩めのゴロに得意の足を使って追いついたものの、いつものOFの癖が出たのか、ゴロの直前まで大股を使い処理。結果、勢い余って尻もちをつき、スローイングが出来ず。これはエラーではなく、安打になりました。

 守備位置も2Bベース寄りでしたし、さすがによく追いついたと思います。もし本業の内野手なら、多少の時間をロスしてもパタパタと小股に変えたかもしれませんね。

 2回裏、デービッド・ペラルタの1・2塁間のゴロをカバーするも、投手のベースカバーが遅れ、アウトとならず。シングルヒット。

 4回裏、ニック・アーメッドのCFへ抜けようかという当たりをカバー。シングルに。これはゴロを抑えた時点でもうヒットでした。

 5回裏、コール・カルフーンのするどい当たりをさばき、アウトに。

 公式記録としてはエラーがなかったものの、やはりさすがのムーキーも勝手が違ったようです。

2014年と2018年に2B

 なお、ムーキー・ベッツの2B守備は今回が初めてではありません。2018年に1試合、そしてルーキー・イヤーの2014年には14試合をこなしています。

ドラフトは2B 

 なお、ムーキー・ベッツはテネシー州の高校からレッドソックス5巡目でサインして入団したのですが、もともとは内野手。2Bでの指名でした。

 サイズが175cmということからマイナー時代は、2Bを主にこなし、SSも守ったことがあります。ただ、足もあり、肩も強いということで、OFを守らせたらさらにうまかったということで、メジャーに上がってからはOF、特にRFを守っています。

ゲーム

 なお、ゲーム展開ですが、ダイヤモンドバックスが、レッズから移籍してきたジョシュ・バンミーター、さらに捕手のカーソン・ケリーなどの活躍で、5-2で勝利を納めました。

ダスティン・メイ、打球を足に受け、退場

 ドジャース先発のダスティン・メイは初回、先頭のジョシュ・ロハスのピッチャー・ライナーを右足のスパイクに受け、悶絶。結局、2イニング目に降板しました。

他のポジションからの2B起用

 ポジションをスイッチすることは、見ているファンからすれば楽しみが広がります。ここ数年でもっともインパクトのあったのは、レッドソックスの捕手、クリスチャン・バスケスが2Bを守ったことでしょうか。

 バスケスの2Bはなかなかの魅力がありました。

 ドジャース、世界一へひたひたと準備しています。

 日程消化の早いドジャースは早くもレギュラーシーズンが残り15試合となりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました