スポンサーリンク

【MLB2023】ドジャースがNLウエストを制覇!11シーズンで10度目のタイトル!

ドジャース、残り15試合で地区優勝を決める

 シアトルでのインター・リーグ中のドジャースは、現地2023年9月15日を終えた時点で地区優勝へのマジックは2。現地2023年9月16日のゲームでマリナーズに勝ちさえすれば地区優勝を決めることになっていました。

マジック1が残るけど・・・

 Dバックスがカブスを下し、ドジャースがマリナーズに勝利したことでご覧の順位になっています。

【NL西地区順位表】

  • ドジャース 90勝57敗(.612)—
  • Dバックス 78勝72敗(.520) 13.5 GB
  • ジャイアンツ 75-74(.503) 15.5 GB

 この勝敗で行けば、ドジャースのマジックNO.は1となります。163- 90(LAD win) – 72 (AZ lose) =1。マジックを残したままでも地区優勝が決まったのは、ドジャースはすでにDバックスとの直接対決を制しているから。

 ドジャースは今季、Dバックスに対して13試合で8勝5敗。たとえ、ドジャースが残り15試合を全敗(90勝72敗)し、Dバックスが残り12試合に全勝(90勝72敗)して勝率が並んだとしても、その後は直接対決の勝率を見ますから、その時点でドジャースの勝ち。ドジャースのディビジョン優勝は変わらないということです。

延長11回までもつれる

カーショウが好投!

 このゲームは、ベテラン、クレイトン・カーショウとルーキーのブライス・ミラーの投げ合い。9月5日以来の登板となったカーショウは、立ち上がりに2つの四球を出して、前回の5.0 IPで5BBを出した余韻が継続しているのかと心配になりましたが、落ち着いた投球で立ち上がりのピンチをしのぎました。

 その後も3回までは毎回ランナーを背負うも、ピンチらしいピンチもなく、4回を投げきったところで降板。スコアレス投球でした。

 一方、マリナーズ先発のブライス・ミラーも6回途中まで投げてスコアレス投球を披露。

 ともに先発がゲームを作りました。

9回までスコアレス!

 その後も両クラブのブルペンが踏ん張り、決め手がないまま9回を終えてスコアレスという緊迫した展開に。

 オートマティック・ランナーがついた延長10回表、ドジャースはクリス・テイラーのシングルとジェームス・アウトマンの死球で1アウト満塁のチャンス。

 ここでロバーツ監督はミゲル・ロハスに代えてコルテン・ウォンを代打に起用。ウォンは7球粘り、最後は犠牲フライを放ってドジャースが1点を先制。

 10回裏、マリナーズはマイク・フォードのタイムリーで1-1のタイに。その後、2アウト満塁でサヨナラのチャンスがあったのですが、決めきれませんでした。

 ドジャースは11回表にマックス・マンシーのタイムリーで再び勝ち越し。2-1とし、その後はクリス・テイラーとキケ・ヘルナンデスのタイムリーなどで一気に5得点を奪い、試合を決めました。

 11回裏にジョー・ケリーがワイルド・ピッチで1点を許すも、6-2のスコアで勝利。

MLB Gameday: Dodgers 6, Mariners 2 Final Score (09/16/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 見事に地区優勝を決めました。

【YOUTUBE】Dodgers vs. Mariners Game Highlights (9/16/23) | MLB Highlights

補強のパドレスを退ける

 シーズン前、目立った補強をしなかったドジャース。それに対してライバルのパドレスは、FA補強に四年がなく、NLウエスト連覇の勢いを見せました。しかし、ドジャースはは再び同地区のトップであることを証明。直近11シーズンで10度目の地区優勝を果たしました。

ムーキー、フリーマンが牽引

 ウォーカー・ビューラーだけでなく、ダスティン・メイとトニー・ゴンソリンも欠いたドジャースでしたが、打撃陣がそれをカバー。

 特にムーキー・ベッツとフレディー・フリーマンの活躍が大きかったと思います。今季、SSはギャビン・ラックスで固定するつもりだったドジャースですが、シーズン前にACLを断裂。

 SSをやりくりする中で、ムーキーはそのカバーとして2Bも守り、穴を埋めてきました。

 終始強打を披露したマックス・マンシー、それにローテションをカバーしたルーキー達と、まざまざと組織力の強さをうかがわせたシーズンでもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました