スポンサーリンク

【MLB Pre-2021】デービッド・プライスが2021カクタス・デビュー!ベロシティーも復活!

2019以来のマウンドへ

 2020シーズンにCOVID 19 の健康懸念でオプトアウト(出場取りやめ)し、2021シーズンも投げるかどうか定かではなかったデービッド・プライスが、現地2021年3月8日のカクタス・リーグでホワイトソックス戦に2番手で登板。

 カクタス・リーグのデビュー戦で1イニングをパーフェクトに抑え、奪三振も1つ記録。

 これで、デービッド・プライスの2021シーズン出場が明確な形で明らかとなりました。

2021年、ドジャースのジャージで登板へ

 デービッド・プライスがムーキー・ベッツとともにレッドソックスからドジャースに移籍したのは、現地2020年2月9日。スプリングトレーニング開始直前でした。

 ところが、ご承知の通り、2020シーズンはCOVID 19 の影響によりスプリングトレーニングが途中でシャットダウンとなり、レギュラーシーズンの開幕も7月23日(一部、残りは24日)に。

 そしてシーズン開始前の7月4 日に、デービッド・プライス自身も新型コロナウィルスの健康懸念を考慮してシーズンのオプトアウトを宣言。2020シーズンは投げませんでした。

 ドジャースとしては2020年から2022年までサラリー$32Mを計上するサイヤング賞左腕のデービッド・プライスが2021年もこのまま投げない可能性もあるとして最悪を想定していましたが、スプリングトレーニングの初登板を無事にこなしこなしたことで、シーズンに向けて計算できることを確認したようです。

ルイス・ロバートを三振に

 2番手で4回表から登板したデービッド・プライスは先頭のティム・アンダーソンを3Bゴロに。続くルイス・ロバートは空振り三振に仕留め、最後はホセ・アブレイユを2Bポップフライに打ち取りマウンドを後にしました。

 1イニングをパーフェクト。1奪三振という素晴らしいデビュー戦でした。

94mphをヒット

 デービッド・プライスのレギュラーシーズン最後の登板は、レッドソックス時代の2019年9月1日。このシーズンは22先発、107.1イニングを投げ、7勝5敗、ERA 4.28という厳しい結果に。ERA4点台はレイズ時代のキャリア2年め、2009年以来のことです。

レッドソックスがワールドシリーズ制覇を決めた2018年には30先発で、176.0 IPに登板し、16勝7敗、ERA 3.58をマーク。また、ポストシーズンも頑張りましたので、2019シーズンはその疲れが出たような数字となりました。

 不調だった2019年の4シーム、2シームのファストボールの平均は91.9mph。

 しかし、この日はファストボールのMAXが94mphを計測した模様。2020シーズンに肩肘を休めたことで、ボールの強さも復活したようです。

ドジャースのローテーション

 デービッド・プライスの2021年の復帰が見えてきたことで、ドジャースのローテーションは強力なものに。

  1. クレイトン・カーショウ(L)
  2. トレバー・バウアー
  3. ウォーカー・ビューラー
  4. デービッド・プライス(L)
  5. ダスティン・メイ
  6. フリオ・ウリアス(L)

 左右のバランスが取れた非常にいいローテーションです。

フリオ・ウリアスが好投

 とは言え、ドジャースの超強力ローテーションはこの時点で計6名。余裕をもって5名で回したとして、1人外れることに。

 同じ日、ドジャースの先発はフリオ・ウリアスでした。フリオ・ウリアスはこの日、3イニングをパーフェクトに抑える好投を見せました。

 2020年のワールドシリーズの胴上げ投手もローテーション入りに必死です。

プライスのリリーフ登板もあり得る

 デービッド・プライス本人は2020年にオプトアウトをした点が気になるのか、今季は先発にこだわらず、投げられる場面があればどこでも投げると、リリーフも意に介さずとの意思を表明しました。

 ドジャースのブルペンは左腕のカレブ・ファーガソンが2020年9月にトミージョン手術。今オフ、ヤンキースから獲得したトミー・ケインリーも2020年8月にトミージョン手術で、ブルペンが2人離脱しています。

 さらに、ディラン・フローロ、アダム・コラレックもトレードで放出し、やや大きい穴になりました。

 しかし、ブレイク・トライネンと再契約を結び、なんと言ってもブルワーズからコーリー・クネイブルを獲得しました。

 仮にプライスがリリーフで投げればさらにブルペンが楽になりますね。

 デービッド・プライスの調整具合とドジャースのローテーションに注目したいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました