スポンサーリンク

【MLB2019】エンゼルス、コンバインド・ノーヒットノーランを達成!

全員45番/SKAGGSで御霊を悼む

現地2019年7月12日、ほとんどのクラブがこの日から後半戦がスタート!

エンゼルスは地元エンゼルスタジアムにてマリナーズを迎えての3連戦。

タイラー・スキャッグスが亡くなったのは現地2019年7月1日。

レンジャーズとのロードでの3連戦の初日に当たる日でした。エンゼルスはレンジャーズとの3連戦をこなした後もアストロズともロード3連戦。

その後9日のオールスターを挟み、後半戦スタートのこの日、ようやくタイラー・スキャッグスの御霊を地元エンゼルスタジアムで弔う日がやってきました。

ママ、完璧な1stピッチ

プレゲームセレモニーでは、マリナーズも参加し、哀悼の意を表しました。

タイラー・スキャッグスのご家族も参加。母のデビー(Debbie)さん、奥様のカルリ(Carli)さん、義兄弟(step brother)のギャレット(Garretさん)、義父( stepfather)の ダン・ラモス(Dan Ramos)さんが集い、お母さんがファースト・ピッチを披露。

さすがMLB投手の母という素晴らしいボールを投げました。受けたのは仲の良かったアンドリュー・ヒーニー。

スキャッグスの追悼試合にもなったこのゲームでエンゼルスがすごいことをやってのけました。

コンバインドNO-NOを達成

エンゼルス投手陣は、この日に複数の投手で達成するコンバインド・ノーヒットノーランを達成しました!!

これはすごい。

オープナー日に2人で達成

しかも、この日のエンゼルスはオープナー日。これからマリナーズ3連戦、またもやアストロズ4連戦とつづき、7月はOFFがなく、19連戦となることからこういう日も作らないともちません。ましてやスキャッグスがいなくなったわけですからね。

先発:テイラー・コール

オープナーを務めたのはテイラー・コール(Taylor Cole #67)。5月20日のツインズ戦以来の2度目の先発。その時もオープナーでした。

そのテイラー・コールは2イニングを投げ、パーフェクトに抑える好投を披露。ファストボールは94mphほどで、あとは84mphほどのチェンジアップとその中間の87mphほどのスライダーを駆使してリズムよく投げました。

2番手:フェリックス・ペーニャ

そして通常、オープナーの場合にロングリリーフになることの多い2番手として3回からマウンドに上がったのはフェリックス・ペーニャ(Félix Peña #64)。

ペーニャはそのまま最後まで投げ通しました!

難しかったのはエンゼルス打線が2回までに9得点を奪い、一方的な展開での登板だったことです。結構、相手に引っ張られることがあるのですが、ペーニャはリズムよく投球。相手に影響されませんでした。

ペーニャは5回1アウト後にオマール・ナルバレスをストレートの四球で歩かせました。

実はこの四球が唯一、ランナーを出した場面でした。あと付けではありますが、これがなければ、コンバインド・パーフェクトとなるところでした!惜しい!

トラウトが大爆発

この日、エンゼルスは初回に7得点、2回に2得点を上げ、序盤でゲームを決めてしまいました。マリナーズ先発はマイク・リーク。

トラウトは1回裏の第一打席でホームラン、もう一度回ってきた第二打席ではタイムリーダブル。1回だけで4打点を上げました。

さらに2回裏には押出し死球で1打点を追加。5回裏にもタイムリー・ダブル。

この日は4打数3安打、6打点、2得点と大暴れとなりました。

エンゼルス打線は13安打、13得点で13−0でマリナーズを下しました。

We are Nasty

なお、We are nastyというのはスキャッグスのマントラだったようです。クラブハウスで投手陣でアファメーションをしていたのかもしれませんね。

なお、大谷選手は4−1でした。

今度はコザートがシーズンエンディング

けが人がつづくエンゼルスですが、今度は内野のベテラン、ザック・コザート(Zack Cozart #7)が左肩の手術でシーズン・エンディングとなってしまいました。

コザートは開幕には出場していましたが、5月26日を最後に左肩の炎症でILとなっていました。2018年6月に左肩亜脱臼でILに入りましたが、癖になっているようです。

この手術で解消できればいいですね。

脳震とうのルクロイは現地2019年7月12日時点でマイナーで調整中。ラステラの骨折に、スキャッグスの急逝と試練が続きますが、ポストシーズンも望みありなので、なんとか踏ん張ってもらいたいですね。

今回のコンバインド・NO-NOはいいお話でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました