スポンサーリンク

【MLB2019】エンゼルス、コンバインド・ノーヒットノーランを達成!

全員45番/SKAGGSで御霊を悼む

現地2019年7月12日、ほとんどのクラブがこの日から後半戦がスタート!

エンゼルスは地元エンゼルスタジアムにてマリナーズを迎えての3連戦。

タイラー・スキャッグスが亡くなったのは現地2019年7月1日。

レンジャーズとのロードでの3連戦の初日に当たる日でした。エンゼルスはレンジャーズとの3連戦をこなした後もアストロズともロード3連戦。

その後9日のオールスターを挟み、後半戦スタートのこの日、ようやくタイラー・スキャッグスの御霊を地元エンゼルスタジアムで弔う日がやってきました。

ママ、完璧な1stピッチ

プレゲームセレモニーでは、マリナーズも参加し、哀悼の意を表しました。

タイラー・スキャッグスのご家族も参加。母のデビー(Debbie)さん、奥様のカルリ(Carli)さん、義兄弟(step brother)のギャレット(Garretさん)、義父( stepfather)の ダン・ラモス(Dan Ramos)さんが集い、お母さんがファースト・ピッチを披露。

さすがMLB投手の母という素晴らしいボールを投げました。受けたのは仲の良かったアンドリュー・ヒーニー。

スキャッグスの追悼試合にもなったこのゲームでエンゼルスがすごいことをやってのけました。

コンバインドNO-NOを達成

エンゼルス投手陣は、この日に複数の投手で達成するコンバインド・ノーヒットノーランを達成しました!!

これはすごい。

オープナー日に2人で達成

しかも、この日のエンゼルスはオープナー日。これからマリナーズ3連戦、またもやアストロズ4連戦とつづき、7月はOFFがなく、19連戦となることからこういう日も作らないともちません。ましてやスキャッグスがいなくなったわけですからね。

先発:テイラー・コール

オープナーを務めたのはテイラー・コール(Taylor Cole #67)。5月20日のツインズ戦以来の2度目の先発。その時もオープナーでした。

そのテイラー・コールは2イニングを投げ、パーフェクトに抑える好投を披露。ファストボールは94mphほどで、あとは84mphほどのチェンジアップとその中間の87mphほどのスライダーを駆使してリズムよく投げました。

2番手:フェリックス・ペーニャ

そして通常、オープナーの場合にロングリリーフになることの多い2番手として3回からマウンドに上がったのはフェリックス・ペーニャ(Félix Peña #64)。

ペーニャはそのまま最後まで投げ通しました!

難しかったのはエンゼルス打線が2回までに9得点を奪い、一方的な展開での登板だったことです。結構、相手に引っ張られることがあるのですが、ペーニャはリズムよく投球。相手に影響されませんでした。

ペーニャは5回1アウト後にオマール・ナルバレスをストレートの四球で歩かせました。

実はこの四球が唯一、ランナーを出した場面でした。あと付けではありますが、これがなければ、コンバインド・パーフェクトとなるところでした!惜しい!

トラウトが大爆発

この日、エンゼルスは初回に7得点、2回に2得点を上げ、序盤でゲームを決めてしまいました。マリナーズ先発はマイク・リーク。

トラウトは1回裏の第一打席でホームラン、もう一度回ってきた第二打席ではタイムリーダブル。1回だけで4打点を上げました。

さらに2回裏には押出し死球で1打点を追加。5回裏にもタイムリー・ダブル。

この日は4打数3安打、6打点、2得点と大暴れとなりました。

エンゼルス打線は13安打、13得点で13−0でマリナーズを下しました。

We are Nasty

なお、We are nastyというのはスキャッグスのマントラだったようです。クラブハウスで投手陣でアファメーションをしていたのかもしれませんね。

なお、大谷選手は4−1でした。

今度はコザートがシーズンエンディング

けが人がつづくエンゼルスですが、今度は内野のベテラン、ザック・コザート(Zack Cozart #7)が左肩の手術でシーズン・エンディングとなってしまいました。

コザートは開幕には出場していましたが、5月26日を最後に左肩の炎症でILとなっていました。2018年6月に左肩亜脱臼でILに入りましたが、癖になっているようです。

この手術で解消できればいいですね。

脳震とうのルクロイは現地2019年7月12日時点でマイナーで調整中。ラステラの骨折に、スキャッグスの急逝と試練が続きますが、ポストシーズンも望みありなので、なんとか踏ん張ってもらいたいですね。

今回のコンバインド・NO-NOはいいお話でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました