スポンサーリンク

【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える

MLB移籍/FA情報

好調レスター!

 現地2021年9月20日のこととなりますが、現在、カージナルスで投げているジョン・レスター(Jon Lester)がキャリア通算200勝を達成しました。

 Congratulations!

 ジョン・レスターですが、2020シーズンが始まる前には190勝をマーク(記事)。ご存じのように2020シーズンは60試合のショートシーズンとなり、仮に開幕で投げたとしても、10登板前後という状況に。結果は12スタートと、かなりのペースで投げましたが、3勝3敗に終わりました。

2021シーズンはナッツ→カージナルス

 そして193勝からスタートすることとなった2021シーズン。今回の200勝達成は言ってみれば、2年越しの悲願ということに。

 カブスからFAとなったジョン・レスターは、ナショナルズとサイン。これにより、ナショナルズは非常に素晴らしいローテーションを組むことが出来るようになったのですが、スティーブン・ストラスバーグの故障などで開幕ダッシュに失敗。

 ジョン・レスターは、開幕こそ出遅れたものの、5月以降はローテーションをしっかりと回し、16試合に登板し、3勝5敗、ERA 5.02という成績でした。

 ナショナルズは6月に一旦は2019シーズンの再現か?と思われるほど勢いを取り戻したのですが、7月に入り、失速。結局、トレードデッドラインでは売りモードを選択することになり、主力をごっそりと他クラブへ移籍させ、目立つのはフアン・ソトくらいという状況に陥ったのでした。

TDLで動いたナショナルズの選手

 ちなみにこれがトレードデッドラインで動いたナショナルズの選手たちです。

  • ヤン・ゴームズ/Cとジョシュ・ハリソン/2B はアスレチックスへ
  • マックス・シャーザー、トレイ・ターナーはドジャースへ(詳細はドジャースの欄)
  • カイル・シュワーバーはレッドソックスへ(詳細はレッドソックス欄)
  • ジョン・レスターはカージナルス
  • ダニエル・ハドソンはパドレス
  • ブラッド・ハンドはブルージェイズ

そして、ジョン・レスターもカージナルスへ移籍。

カージナルスでは4勝1敗

 カージナルス移籍後のジョン・レスターは、20日の登板も含め、ここまで10試合に登板し、4勝1敗と好調。

 今回の200勝はそのような流れの中、生まれた大記録でした。

118人目の200勝

 MLBのキャリアで200勝以上を達成しているのは、ジョン・レスターを含めて118人。レスターは118人目の達成です。

 ちなみに、メジャー通算NO1の勝利数はサイ・ヤングの511勝。ノーラン・ライアンでさえ、324勝です。なお、現役ではジャスティン・バーランダーが226勝、ザック・グレインキが219勝。マックス・シャーザーは190勝です(いずれも現地2021年9月21日時点)。

200勝目

 ジョン・レスターが200勝目を上げたのは、ブルワーズ戦。初回に2点の援護をもらったレスターは、6イニングを被安打3とナイスピッチング。残念ながら、2回裏にアビサイル・ガルシアとルイス・ウリアスに2本のソロHRを打たれて2失点となりましたが、6回表にヤディアー・モリーナの勝ち越しシングルを呼び込んだのも、レスターの好投があってこそ。

 カージナルスは終盤にも3点を追加し、5-2のスコアでブルワーズを下しました。

 この勝利でカージナルスは9連勝。

カージナルス、レスターの200勝の翌日にも勝利

 カージナルスですが、現地2021年9月21日のブルワーズ戦にも2-1という渋いスコアでブルワーズに勝利。カージナルスは10連勝を継続中です。

 この10連勝の中で、ジョン・レスターは2勝をマークしていますから、いい活躍をしています。

 カージナルスは81勝69敗。首位ブルワーズがすでに91勝60敗とペナントが見えている状態ではありますが、ワイルドカードにチャレンジ中。ワイルドカードの1枠目はジャイアンツと競っているドジャースが97勝54敗とこれはもう動かない状態。

 カージナルスは21日のゲームを終え、2位に入っています。ライバルはレッズで、78勝74敗。

 ジョン・レスターのキャリア詳細は、上記のナショナルズとのディールが決定した際の記事に詳細を記載しています。

 2006年に悪性リンパ腫を患ってから、よくぞここまで積み上げたと思います。

 レッドソックスで110勝、アスレチックスで6勝、カブスで77勝、ナショナルズで3勝、そしてカージナルスで4勝。

 レッドソックス、カブスで呪いを破ってきたジョン・レスター。カージナルスのキーマンとしてこの後も機能しそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました