スポンサーリンク

【MLB 2021】アスレチックス、13連勝!C・バシットが6回2失点、好調M・オルソンに加え、J・ラウリーが活躍(追記あり)

アスレチックス、油断なければまたスイープ

 アスレチックスが止まりません。現地2021年4月24日(土)にカムデン・ヤーズで行われたオリオールズとの3ゲームシリーズのGame2では、先発のクリス・バシット(Chris Bassitt )が6イニングを無失点に抑える好投でゲームメイク。打撃陣もゲーム前半で7点を奪い、7-2で完勝しました!これで4月9日のアストロズ戦からつづく連勝は13に。油断なければ明日もスイープする勢いです。

クリス・バシットの好投

 やはりこのゲームを作ったのはクリス・バシット(32才)ですね。開幕から連敗しましたが、この13連勝の間に3度登板。このゲームの勝利で2勝目を上げ、シーズンの成績を2勝2敗のタイとしました。

中盤2イニングを3者凡退に

  独特のフォームから角度のあるボールを投げ込んでくるクリス・バシット。決して美しいフォームではありませんが、ファストボールはmid-90mphを計測し、カット・ボール、スライダー、シンカーで横に揺さぶり、チェンジアップで速度差もつけ前後でも揺さぶります。

 この日はランナーを背負うピッチングが続きましたが、中盤の3回、4回を三者凡退にしたところは大きかったと思います。特に4回表には味方打線の援護がありましたからここできっちり三人で抑えたことはいい流れを引き寄せたと言っていいでしょう。

 クリス・バシットは6イニングで101球、被安打8、失点2、与四球1、奪三振8。

マット・オルソン、マルチ安打、2RBI

 そして特別打たない打線の中で唯一好調をキープしているマット・オルソンがこの日も活躍。1回表にはランナー2塁に置いて、ライトへタイムリー・シングル。

 2回にも2点タイムリーを放ったマーク・カナを2塁に置き、タイムリー2塁打を放つなど、この日もマルチ安打。2RBIを上げました。

ジェド・ラウリーが3ランHR

 そしてゲームを決めたのは、4回表のジェド・ラウリーの3ランHR。2回裏にオリオールズに1点を返され、1-4となり、まだゲームがどう転ぶかわからない状況で、ゲーム前半で勝利に大きく近づく3ランHRを放ったのは大きいです。

 ジェド・ラウリーは直近7日のゲームでは特に当たっておらず、打率.143と苦しんでいましたので、アスレチックスにとって彼に当たりが戻ってきたのは嬉しいところですね。なお、ジェド・ラウリーはシーズン成績では打率.296で、安打数はマット・オルソンの22安打に次ぐ、21安打でチーム2位です。

ディークマン温存で無失点リレー

 そしてバシット降板後は、左腕のアダム・コラレックが1.1イニングを、J.B.ウェンデルケンが0.2イニングを、そして最後は、デオリス・ゲラが1イニングを無失点でリレーしオリオールズに反撃のチャンスを与えず、アスレチックスが7-2でオリオールズに完勝したゲームでした・

連勝記録もチラチラ

 この日の勝利で13連勝となったアスレチックス。直近のMLBの連勝記録は2017年8月から9月にかけてインディアンスが達成した22連勝。

13連勝は2017年のDバックス以来

 それに次ぐ記録としては、2017年9月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスが13連勝を記録して以来のこと。

マネーボールは20連勝

 なお、アスレチックスだけで行けば、あの有名なマネーボールのシーズンが2002年。そのときは20連勝を達成しています。

 それに次ぐクラブ・レコードです。

 アスレチックス、現地25日の3GameシリーズのGame3も取ってしまうのか?注目ですね。

追記:A’s、13連勝で終焉

 現地2021年4月25日(日)、アスレチックス@オリオールズのGame3で、アスレチックスの連勝記録がついに13でストップしてしまいました。

ジョン・ミーンズが立ちはだかる

 アスレチックスがヘスス・ルザルド、オリオールズが最後のボスキャラ的存在のエース、ジョン・ミーンズが先発。このジョン・ミーンズ、さすがに開幕戦でレッドソックスを硬直させただけのことはありました。アスレチックスはジョン・ミーンズから7回1アウトまでヒット2本に抑えられました。

マット・オルソンが封じられる

 特に、アスレチックスにとって痛かったのは当たりに当たっていたマット・オルソンが完全に封じられたことです。左VS左。三振、四球、1Bポップフライという成績。チェンジアップにやられました。

オースティン・ヘイズが2HR

 一方、アスレチックス先発のヘスス・ルザルドは一言で言って非常に良かったと思います。特にファストボールは97mphをヒット。静かな動作から一転、リリースの時だけに力を集中させるボールの切り方は今後かなりブレークしそうな内容だったと思います。ただ、今日はファストボールに酔ってしまったのか、ちょっと単調になってしまいました。特にこのゲームまでHRのなかったオースティン・ヘイズに左中間とライトにそれぞれ1本ずつ放り込まれたのは痛かったです。ルザルドは7回2アウトまで投げ、被安打7、失点3。しかし、奪三振8は非常によかったと思います。

デオリス・ゲラが大炎上

 1-3と僅差で追いかける立場のアスレチックスでしたが、8回2アウトからスイッチしたデオリス・ゲラが大炎上。被安打1だったものの、四球4つで失点5(自責点は2)。守備の乱れもありましたが、この5失点でチーム全体がプツッと緊張の糸が切れてしまいました。

 スコアは8−1。シーズン成績は14勝8敗。26日からはフロリダに移動し、レイズと対戦です。この頭脳戦はなかなか楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました