スポンサーリンク

【MLB契約延長2019】カージナルス、P・ゴールドシュミットと5年130Mドルで合意

カージナルス史上最高額での延長

現地2019年3月23日、カージナルスはポール・ゴールドシュミット( Paul Goldschmidt)と5年1億3,000万ドルの条件で契約延長に合意したことを正式に発表しました。

2018年12月にSTLへ

ポール・ゴールドシュミットは2018年12月にトレードでカージナルスに移籍。カージナルス移籍後に契約延長により条件見直しが検討される予定にはなっていましたが、ゴールドシュミットの囲い込みを目論んでのことか、予想より早いタイミングでの延長合意となりました。

Dバックス時代の契約

5年3,200万ドル+クラブオプション

ゴールドシュミットが前回、Dバックスと結んでいた契約は、2013年春に合意した5年3,200万ドル+クラブオプション。

2014年から2018年までの期間で、年平均で640万ドル。実支払額はことなり、2018年になるにつれて額が大きくなる契約で、2018年は1,100万ドル(に加えてサイニングボーナス50万ドルの均等割の10万ドル)。

2019年は1450万ドル

Dバックスは2018年10月にクラブオプションを行使し、ゴールドシュミットと2019年の契約も更新しました。その額が1,450万ドル。

カージナルスが継承

カージナルスに移籍したことでカージナルスがそれを継承。

しかし、2018シーズンまで6年連続ASG出場、GG賞3度、SS賞4度のゴールドシュミットの実績から考えると市場価値とは合わないので見直しとともに、2020年以降の契約も考慮する必要がありました。

契約延長の内容

今回の契約延長期間は、2020年から2024年までの5年間。

2019年はあくまでDバックスから引き継いだ1,450万ドル。

2020年以降の1億3,000万ドルは、上記のヘイマンさんのツイートの通り、サイニングボーナスが2,000万ドル、2020年から2024年はベースサラリーが2,200万ドルずつ。サイニングボーナスは一括ではなく、5年間の均等割になると400万ドルプラスですから、年間2,600万ドルになります。

それに加えてインセンティブがついているという内容です。

ゴールディーの年平均はトラウトの延長3年め以降の3,600万ドルとは差があるもののハーパーの年平均の2,540万ドルを上回る額です。

マット・ホリデーとの合意を上回る

今回の延長はカージナルスにとって最高額の契約。

それまでは2010年1月にマット・ホリデーと合意した7年1億2,000万ドルが最高でした。

2024年はゴールドシュミットが36才のシーズンになります。

2019年、ゴールドシュミットがどのような成績を上げるか、気になりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました