【MLB2021FA】ブルージェイズ、注目FAのジョージ・スプリンガーと6年150Mドルで合意

良いなと思ったらシェアお願いします

ブルージェイズ、大攻勢へ

 現地2021年1月19日、トロント・ブルージェイズは今オフ注目のFA外野手のジョージ・スプリンガー( George Springer)とサインしました。

 打てるCFスポットということで今オフ開始当初から人気の高かったジョージ・スプリンガーもブルージェイズが獲得したということに。すでにOFが揃ってはいるメッツも参戦していましたが、例のポーター氏の件でオフの覇権をブルージェイズに譲り渡したような結果になりました。

契約内容

  • 6年/$150M(2021-2026)

 フィジカルチェックが終了してオフィシャルになり、数日経過すればその他の付帯条件が判明しますので、追って追記いたします。

QO拒否

 ジョージ・スプリンガーは今オフ、クオリファイング・オファーを提示された6名のうちの1人です。QOを拒否し、その選手を獲得したブルージェイズは2巡目の指名権を失い、同時にインターナショナル・ボーナス・プールの50万ドル枠分も喪失します。

現地2020年11月1日、2020年クオリファイングオファー(QO)を提示されたリストが明らかになりました。提示されたのはたったの6名でした!

ジョージ・スプリンガーとは

 ブルージェイズが獲得したジョージ・スプリンガーは1989年9月19日生まれの31才。

 2011年のアマチュア・ドラフトでアストロズが1巡目指名し、プロ入り。全体順位11位です。なお、翌年の2012年のドラフトで全体1位でアストロズが指名したのがカルロス・コレアです。あの細ーい、少年です。

 デビューは2014年4月16日。キャリア7シーズンで832安打、174HRを記録。これは平均して1年あたり、170安打、35HRという数字に。

 オールスター出場3回、シルバースラッガー賞受賞が2度、2017年、ワールドシリーズ制覇、そしてMVPを受賞。

現地2019年10月17日、アストロズがヤンキースを8−3で下し、WSへ王手をかけました。

 サインスティーリング・スキャンダル後、初シーズンとなった今季の打撃成績は、189打数50安打、打率.265、OBP .359、SLG .491。HR 14,RBI 32。

現地2020年10月14日、3連勝のレイズはグラスノーを起用するも決められず!最後は筒香選手が1点差で打席に入るもHRまでわずかに及ばず(ALCS-Gm4)

ブルージェイズのスタメン 

 ジョージ・スプリンガーを獲得したブルージェイズ。ビジオ、ビシェット、ゲレロ Jr.という若い力に中堅とベテランが加わった形になりました。強そうですね。

 なお、マイケル・ブラントリーも獲得というニュースが一旦、入りましたが、ブラントリーは結局、アストロズと合意となりました。

 ブルージェイズ、今オフはどこまで補強するのか、まだまだ注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!

コメント

  1. そろそろジャイキリが見たい より:

    結局スプリンガーは真黒とグレーのどちらだったんですかね?
    何かホームランを打った打席ではピッチャーの方とは微妙にずれた方向を見ているというか、怪しい視線の選手だと自分は感じ取ったのですが

    • hirotee より:

      コメントが遅くなり失礼しました。

      >結局スプリンガーは真黒とグレーのどちらだったんですかね?

      そうですね。思っていることはありますが、さすがにここでは書けませんね。
      もしここで黒認定をして万が一、白だったとしたら、冤罪にしたてるようなものですから、
      よほどの公開情報がないと書けませんね。そんな影響力がないのは心得てはいますが、
      やはり慎重にならざるを得ないですね。

      2021年の成績を見てみましょう。