スポンサーリンク

【MLB2021FA】ヘルシーなら強力!レンジャーズがデービッド・ダールと1年で合意

2019オールスター出場の外野手

 現地2020年12月11日になりますが、テキサス・レンジャーズがロッキーズからFAとなっていた外野手のデービッド・ダール(David Dahl )と1年で合意。サラリーやオプションは現時点では明確にはなっていませんが、2020年1月に調停を避けて$2.475Mでサインしているので、$2.5MM to $2.7MMの間で落ち着きそうです。

2020ノンテンダーFA

 デービッド・ダールは現時点で26才。誕生日が4月1日なので、2021シーズンに入れば27才になる右投げ左打ちの外野手。

 MLSが2021年1月で3.162になる予定なので、まだ調停のステータスなのですが、12月2日にデッドラインを迎えていたノンテンダーのリストに名前が入り、ノンテンダーFAに。

2020シーズンは苦しむ

 ノンテンダーFAとなった理由でもあるのですが、デービッド・ダールの2020シーズンは24試合で打率.183、OBP .222、SLG .247、HR 0、二塁打2、RBI 9という成績。非常に苦しみました。

2019年は打率.300超え

 デービッド・ダールのキャリアハイは2019年。100試合に出場し、規定打席には達していないものの、打率.302、OBP .353、SLG .524、HR 15、RBI 61、二塁打28と大いに活躍。オールスターにも選ばれました。

 ただ、これはほぼ前半での活躍。だからオールスターにも選ばれていたのですが、もしもシーズンを通して出場していれば一躍ナ・リーグの強烈なレフティーとしてその存在をアピールできていたでしょう。ロッキーズのゲーム消化数110試合目の8月2日を最後にシーズン・エンディングに。もしも残り52試合にも出場出来ていればと考えると惜しいです。

怪我が多い

 ヘルシーな状態であればデービッド・ダールは数字を残します。しかし、いかんせん怪我が多いのです。 

 絶好調だった2019年は上記の通り、8月2日でサイドラインに退いたのですが、この時は守備の際に右足首を捻挫。

 苦しんだ2020シーズンは、開幕を迎えられたものの、8月に腰を患い、IL入り。さらにシーズン中から患っていた右肩の痛みが悪化。関節唇、ローテーターカフという肩痛にとってやっかいな場所を傷めました。さらにボーンスパー(骨のかけら)もあり、9月29日にその除去も含めた手術を行いました。

 さかのぼって、2017年は全休となったのですが、この時はスプリングトレーニングで肋骨を傷め、これがスイングの邪魔をし、とうとう1年を棒に振っていたのでした。

 このように肩、足、腰と次から次へと故障に見舞われる傾向がありました。

集中して打つ

 本当にヘルシーであれば、2018年9月最終週でNL プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれたりするように固め打ちができます。

 また、2019年のように前半戦に加えオールスター後20試合ほどの試合数で飛び抜けた成績を残すなど、いい打撃力をもっているので、ヘルシーであることを祈るばかりです。

 怪我が多い外野手の特徴はとにかくゲームでの動きが華やか。守備に、走塁に打撃に絵になります。だから傷めるという面もあるのですが、ぜひともゲームに出続けて欲しい選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました