【MLB2021FA】ヘルシーなら強力!レンジャーズがデービッド・ダールと1年で合意

良いなと思ったらシェアお願いします

2019オールスター出場の外野手

 現地2020年12月11日になりますが、テキサス・レンジャーズがロッキーズからFAとなっていた外野手のデービッド・ダール(David Dahl )と1年で合意。サラリーやオプションは現時点では明確にはなっていませんが、2020年1月に調停を避けて$2.475Mでサインしているので、$2.5MM to $2.7MMの間で落ち着きそうです。

2020ノンテンダーFA

 デービッド・ダールは現時点で26才。誕生日が4月1日なので、2021シーズンに入れば27才になる右投げ左打ちの外野手。

 MLSが2021年1月で3.162になる予定なので、まだ調停のステータスなのですが、12月2日にデッドラインを迎えていたノンテンダーのリストに名前が入り、ノンテンダーFAに。

2020−2021ノンテンダーFA  今オフのコールドFAに火をつけるきっかけになるであろう、2020年のノンテンダー・プレーヤー・...

2020シーズンは苦しむ

 ノンテンダーFAとなった理由でもあるのですが、デービッド・ダールの2020シーズンは24試合で打率.183、OBP .222、SLG .247、HR 0、二塁打2、RBI 9という成績。非常に苦しみました。

2019年は打率.300超え

 デービッド・ダールのキャリアハイは2019年。100試合に出場し、規定打席には達していないものの、打率.302、OBP .353、SLG .524、HR 15、RBI 61、二塁打28と大いに活躍。オールスターにも選ばれました。

 ただ、これはほぼ前半での活躍。だからオールスターにも選ばれていたのですが、もしもシーズンを通して出場していれば一躍ナ・リーグの強烈なレフティーとしてその存在をアピールできていたでしょう。ロッキーズのゲーム消化数110試合目の8月2日を最後にシーズン・エンディングに。もしも残り52試合にも出場出来ていればと考えると惜しいです。

怪我が多い

 ヘルシーな状態であればデービッド・ダールは数字を残します。しかし、いかんせん怪我が多いのです。 

 絶好調だった2019年は上記の通り、8月2日でサイドラインに退いたのですが、この時は守備の際に右足首を捻挫。

 苦しんだ2020シーズンは、開幕を迎えられたものの、8月に腰を患い、IL入り。さらにシーズン中から患っていた右肩の痛みが悪化。関節唇、ローテーターカフという肩痛にとってやっかいな場所を傷めました。さらにボーンスパー(骨のかけら)もあり、9月29日にその除去も含めた手術を行いました。

 さかのぼって、2017年は全休となったのですが、この時はスプリングトレーニングで肋骨を傷め、これがスイングの邪魔をし、とうとう1年を棒に振っていたのでした。

 このように肩、足、腰と次から次へと故障に見舞われる傾向がありました。

集中して打つ

 本当にヘルシーであれば、2018年9月最終週でNL プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれたりするように固め打ちができます。

 また、2019年のように前半戦に加えオールスター後20試合ほどの試合数で飛び抜けた成績を残すなど、いい打撃力をもっているので、ヘルシーであることを祈るばかりです。

David Dahl has been named NL Player of the Week after hitting six home runs and driving in 14 runsAbout Major League Baseball: Major League Baseball (MLB) is...

 怪我が多い外野手の特徴はとにかくゲームでの動きが華やか。守備に、走塁に打撃に絵になります。だから傷めるという面もあるのですが、ぜひともゲームに出続けて欲しい選手です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!