【MLB2020FA】ジョシュ・ドナルドソンがついに決定!ツインズと4年契約へ

HOT STOVE 2020

 現地2020年1月14日、ブレーブスからFAとなっていたジョシュ・ドナルドソン(Josh Donaldson)のディールが決定!ツインズと4年で合意しました。てっきりブレーブスと思っていた筆者は虚を突かれてしまいました。

$92M保証という契約内容

 ジョシュ・ドナルドソンとツインズは4年/$84M(2020-23)、2024年は$16Mのクラブオプション、$8Mバイアウトという内容。最初の4年間の支払いスケジュールは明確ではありませんが、均等割で$21M/年。バイアウト込で計$92M保証となっています。5年目の$16Mのクラブ・オプションが行使されれば、ちょうど$100Mにもなります。

34才から37才まで

 1985年12月8日に誕生日を迎えているジョシュ・ドナルドソンは2020年は34才のシーズン。契約決定が他の注目FAより長引いたのはここにも要因があるかもしれません。今回の契約では37才のシーズンまでとなっています。そして38才でクラブオプション。ドナルドソン側からすれば、そこでバイアウトをめいいっぱいまで引き上げてクラブオプションで合意したということかもしれませんね。 エージェントはMVP Sports Group。

WAR6.1

 2019シーズンのジョシュ・ドナルドソンは155試合に出場し、打率.259、OBP .379、SLG .521、HR 37、RBI 94、BB 100、SO 155、OPS+ 127、WARが6.1。

 実はフィリーズの2019敗退に引導を渡したのはジョシュ・ドナルドソンだったと言っても過言ではありません。

現地2019年6月14日からおこなれたフィリーズとブレーブスの首位攻防はブレーブスが2勝1敗で勝ち越し、単独首位に。

 2019年6月14日(金)から16日(日)のフィリーズとの首位攻防3連戦でジョシュ・ドナルドソンは3戦で13打数7安打、6RBI、3HRという活躍。3戦でいずれもHRを放ったのでした。

高めに投げるな 

 ジョシュ・ドナルドソンは芸術的に高めをさばくのうまいバッター。当然、そういうデータが回っていますから、相手投手は「高めに投げるな」と思えば思うほどついつい高めを投げてしまうというとてもやりにくいバッターとも言えるでしょう。

 三振も多いですが、足を大きく上げてタイミングを取るスタイルは非常に美しいです。体格ががっちりしているので背が低いのかと思っていたのですが、あらためてプロフィールを見ると185cmもあるのでした。

ツインズ、強烈なラインナップに

  • 打率: .270 (MLB2位) ※1位アストロズ
  • HR数: 307 (MLB1位) ※2位ヤンキース:306
  • RBI : 906 (MLB1位) ※2位ヤンキース:904
  • RUNS: 939 (MLB2位)※1位ヤンキース: 940
  • OPS : 832 (MLB 2位) ※1位アストロズ: 848

上記は2019シーズンのチーム打撃成績です。あのヤンキースにHR数で上回ったのがツインズ。

2020年のラインナップ

ブリーチャー・レポートさんがツイートしていた2020年のツインズのラインナップ。2019年のHR実績も記載されていますが、嘘のような打線になります。

 ア・リーグ中地区はツインズ、ホワイトソックス、インディアンスの三つ巴の争いになりそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

こちらからもご訪問いただくことがあるので

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク