スポンサーリンク

【MLB2023】ドジャースとガーディアンズ間でアーメッド・ロザリオとノア・シンダーガードのトレードが成立

左に強いSSとローテーション投手という受給 

 現地2023年7月26日、ドジャースがまた動きましたね。

 ガーディアンズとの間でトレード成立です。今度はSSを補強で、アーメッド・ロザリオを獲得しました。ガーディアンズは昨シーズン大活躍したSSを放出して大丈夫か!という懸念が先立ちますが、まずは概要から見て行きます。

トレード概要

 今回のトレードは実績のある選手同士で1:1の関係ですが、ドジャースはノア・シンダーガードにさらに$1.873Mを添えて送り出すとことになっています。

ドジャースGet

  • アーメッド・ロザリオ(Amed Rosario/27)SS/右投げ右打ち

ガーディアンズGet

  • ノア・シンダーガード(Noah Syndergaard/30※)RHP
    • ※2023年8月29日の誕生日で31才となります。
  • キャッシュ:$1.873M

契約との関係

 互いの契約内容はご覧の通りです。

アーメッド・ロザリオノア・シンダーガード
1年/$7.8M (2023)
( 2023年1月サイン)


1年/$13M (2023)
(12/14/22サイン)
– パフォーマンス・ボーナス
 130, 150, 170 IPごとに
$0.5M加算
残り金額 $2.8M
(LADが引き継ぎ)
残り金額 $4.682M
LADはCLEに$1.873M
を送る
互いの契約内容と残り期間の支払いについて

 アーメッド・ロザリオは今季が調停のラストイヤーで、調停を回避して2023年1月にサインしたもの。1年契約です。

 一方のノア・シンダーガードはFAも経験し、クオリファイング・オファーも受けた経験があります。今季をステップアップにして長期を!という目論見でしたが、思うように行っていない数字です。これは後述します。

 ご覧のようにサラリーにはかなりの開きがありますが、これはフルシーズンの金額。

 残り期間のサラリーはノア・シンダーガードが$4.682Mなのに対し、アーメッド・ロザリオが$2.8M。その差額が約$1.873Mでドジャースがそれを支払うこととなりました。

 ガーディアンズは残りの$2.8Mのみで良いことになり、これはアーメッド・ロザリオをフルシーズンで囲ったのと結果的に同じ金額になります。

 なお、シーズンが終わればともにFAとなるため、期間限定の在籍ということになりそうです。

背景

(LAD)左腕対策

 前日のキケ・ヘルナンデスのディールでも触れたように、ドジャースがこのトレードデッドラインでテコ入れしたいのは左腕投手対策。現地2023年7月26日時点のドジャースの左腕投手に対するチーム打率はMLB28位の.229。非常に大きな穴があります。

 アーメッド・ロザリオは2023シーズンの数字では、左投手に対して.303/.345/477の素晴らしい数字を残しています。それはキャリアを通じても言えることで、.302/.343/.474と確固とした実績があります。

 SSのミゲル・ロハス(打率.221)、2Bのミゲル・バルガス(打率.195)という内野の右打者が苦戦している中、いつまでもムーキーの器用さに甘える訳にも行きません。

 ここで右打席のSSが入ることで、ムーキーにもOFで伸び伸びとプレーし、さらに打撃に集中してもらうという意味でもSSの補強ということになりました。

攻撃の関係でOFも

 名手がひしめくMLBのSSですが、その中でアーメッド・ロザリオのSSの守備は平均以下という評価も。今季はすでにエラーが11。2022年はSSとして12個のエラーでしたから、今季は守備では苦戦しています。

 なお、2021年はCFとして14試合に先発、2022年はLFで6試合に先発した経験のあるロザリオは、攻撃重視で考えた時に、OFとして起用されるケースもありそうです。

 効果を発揮するか、見ものですね。

 なお、ドジャースがSSを色々とやりくりしているのは、ギャビン・ラックスがACLの大怪我でシーズン・エンディングになったからです。

(CLE)先発補強

 ガーディアンズがノア・シンダーガードを獲得した背景は、短期的にローテーションをアップグレードさせるため。

 ガーディアンズはシェーン・ビーバー、トリストン・マッケンジー、カル・クァントリルをそれぞれ長期離脱で失っており、現時点ではアーロン・シバーリとギャビン・ウィリアムス、ローガン・アレン、タナー・バイビーのルーキー・トリオで回している状況。

 このままでは立ち行かないという切実なところでのトレード成立です。

アーメッド・ロザリオとは 

 簡単に選手のプロフィールを。

 ドジャースに移籍するアーメッド・ロザリオは、ドミニカ共和国の出身で、1995年11月20日生まれで現時点では27才。

 2012年7月にアマチュアFAとしてメッツとサイン。メジャー・デビューは早く、2017年で21才の時。2018年からほぼエビリデーSSとして稼働し、打撃は一発は少ないものの、キャリア通算で打率.273、OBP .308、SLG.400をマークしている通り、確かなものがあります。メッツには2020年まで在籍。

 2021年1月にフランシスコ・リンドーアがカルロス・カラスコとともにメッツに動いたトレードで、アンドレ・ヒメネスとともにガーディアンズに移籍してきました。

 このトレードはガーディアンズにとってアンドレ・ヒメネスが羽ばたいたことで非常にいいトレードとなりましたが、アーメッド・ロザリオもSSとして良い活躍をしました。

 2021年と2022年の2年間で、294試合に出場し、打率.282、OBP .316、SLG .406をマーク。特に2022年は、アンドレ・ヒメネスとともにホセ・ラミレスの脇を固め、シーズン途中には.300をマーク。最終的には.283に落ち着きましたが、彼の活躍がガーディアンズをポストシーズンに押し上げた面もありました。

 2023年もほぼ毎試合出場していますが、打撃成績はやや落ちて、.265/.306/.369。

ガーディアンズのSSは?

 ちなみにSSがいなくなったガーディアンズですが、場合によってはアンドレ・ヒメネスがSSに動くことにもなりそうですが、2Bの方が打撃成績が良いということになれば、プロスペクトのタイラー・フリーマンが筆頭候補に上がりそうです。その他、ガブリエル・アリアス、ブラヤン・ロッキオも候補です。

ノア・シンダーガードとは

 ノア・シンダーガードのプロフィール詳細は下記のリンクに記しておきます。

 かつて、”Thor”の愛称とともに、無双ぶりを発揮した剛腕は2020年シーズン前にトミー・ジョン手術を受けて以来、かつてのようには行かなくなりました。

 リハビリで2021年のほとんどを欠場したシンダーガードは、2022年はエンゼルスとフィリーズで25試合に登板してERA 3.94をマーク。復活の兆しはありました。

 特にフィリーズでは、ブレーブスとのALDSで好投。かつてのパワーはなりを潜めているものの、コマンドの素晴らしさはキープ。

 今季は12試合、55.1イニングに登板し、1勝4敗、ERA 7.16と苦戦。苦しみながららもBB9は1.5とプロとしての矜持をそのコマンドの良さで保っている感じになりました。手術前には90mph後半の平均ベロシティーを記録していた剛腕は、今季のそれは92.6mph。もう少し、4シームが走れば復調しそうです。

 6月後半からブリスター・イシュー(マメ)でマイナーで調整を行っていたノア・シンダーガードはまもなく復帰予定です。まさかガーディアンズで復帰するとは本人も思っていなかったでしょうね。

ともに活性化することを期待

 ドジャースはNL西地区首位で2位ジャイアンツに3.0ゲーム差をつけています。一方、ガーディアンズはALセントラルで2位。51勝51敗で勝率5.00(現地2023年7月26日時点)。

 このトレードがともに活性化すれば良いなと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました