スポンサーリンク

【MLB2020FA】ブライアン・ドージャーはパドレスとマイナー契約へ(追記あり)

パドレス、内野の選手層を強化へ

 現地2020年2月23日のディール決定のニュースです。

 ナショナルズからFAとなっていた2Bのブライアン・ドージャー(Brian Dozier)が、サンディエゴ・パドレスとサインしました。

契約内容

 ドジャーとパドレスの契約内容ですが、残念ながらマイナーディールです。もっともパドレスにとってはブライアン・ドージャー・クラスの選手をマイナーディールで獲得できたのは大きいところではあります。

右膝の状態次第

 ブライアン・ドージャーは2018シーズンのトレードデッドラインでツインズからドジャースへ移籍。この年は年間を通じて151試合、632打席、553打数と打席に立った数は多かったものの、打率 .215がとにかく悪かったです。ただ、OBP .305、SLG .391、HR 21、RBI 72、盗塁 12とゲームに貢献してはいたのですが、前年の2017年に打率.271、HR 34 を放ったのと比べると株が急落してしまったという様相でした。

 下記の記事にも書きましたが、ドジャース移籍後は特に悪く、打率が.182。ポストシーズンでも大ブレーキで16打数2安打と結果が残せませんでした。

2019年は135試合出場

 2019年はナショナルズとサイン。1年$9Mとメジャー契約でした。135試合に出場するも、スターターとしての出場は114試合。前半戦は2Bとしてレギュラー出場の機会が多かったものの、8月以降はアズドルバル・カブレラの加入で出場機会が減りました。ポストシーズンでも2Bはアズドルバル・カブレラが守っていた状況でした。

 2019年は416打数99安打、打率.238、OBP .340、SLG .430、HR 20、RBI 50、盗塁3、四球61。前年より改善したものの本来の成績からはほど遠いものとなりました。

2016年に42HR

 2015年から2017年が今のところキャリアピークの数字が出ています。2016年には42HR。2017年には34HR。2015年にはMVP投票で28位、2016年は13位、2017年は11位。2017年には2Bとしてゴールドグラブ賞を獲得。本当にこの頃のドージャーは数字にあらわれていないところでも活躍。手がつけられない存在だったと思います。

パドレスではプロファーと

 今回、パドレスに移籍したことでジュリクソン・プロファーとの競争になります。ジェイス・ティングラー監督は、「長いシーズン、色々なハプニングが起こる。怪我もそう。そうなったときに、今回のドージャー獲得はオプションとして非常に有効である」とのコメントをしており、バックアップロールとしての起用が考えられます。

【パドレスの内野】

 2020年のパドレスの内野の布陣はご覧の通り。

  • 1B: エリック・ホズマー、タイ・フランス
  • 2B: ジュリクソン・プロファー、グレッグ・ガルシア
  • 3B: マニー・マチャード、ブレイビック・バレラ
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr.、ジェイク・クロネンワース

 ここに2Bとしてブライアン・ドージャーが入ります。

 ブライアン・ドージャーはNRIとしてメジャーキャンプには参加。開幕ロスターは微妙なところですが、仮に開幕マイナーでもすぐにコールアップされると思います。

 まだ33才のシーズン。良い結果を出してもらいたいと思います。

追記:ドージャー、リリースされる

 なお、現地2020年7月11日、パドレスはブライアン・ドージャーをリリースしました。ブライアン・ドージャーは60manロスター・プールからも漏れており、漏れた場合、2020シーズンはオプトアウトすると言っていましたので、今季はちょっと厳しい様相です。

 そして2021シーズンも契約出来るかどうか。ちょっと微妙な状態になってきました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました