スポンサーリンク

【MLB2021FA】アストロズがディールを終結!マイケル・ブラントリーと2年で合意へ

トロントから一転、ヒューストンに決定

 現地2021年1月20日、筆者が真夜中にジョージ・スプリンガーの記事を完結させたちょうどその頃、マイケル・ブラントリー(Michael Brantley)のトロント・ブルージェイズ入りの一報が駆け巡りました。この時点ではブルージェイズと3年でディールという情報。

 こんなに風向きが変わることってあるのか?というくらい、現地2021年1月19日はブルージェイズ一色の日でした。

アストロズと2年Mでコンファーム

 ところが、その数時間後、出勤の支度を始めたちょうどその時、マイケル・ブラントリーがアストロズのジャージを来たサムネが出回っており、「なにごと?」と思い確認すると、ディールをファイナライズさせたのはアストロズということが判明しました。

 契約は2年$32M(2021-2022)。

誤発報

 「ブルージェイズと3年」という情報はどうやら誤って発した情報だったようです。発した記者さんはそのディール情報を撤回しています。

 マイケル・ブラントリーはジョージ・スプリンガーと非常に仲が良いと言われており、二人揃って北へ向かうのかと思いましたが、トロントに向かったのはジョージ・スプリンガー一人でした。

アストロズと2度めの2年$32M

 アストロズと再契約となったマイケル・ブラントリー。実はこの前の契約も同じ数字で、$2年/$32M(2019-2020)でした。

 この時はサイニングボーナスが$2Mで年$15Mずつ支払い2回の支払い。また、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVP投票、WS MVP、ALCS MVPのいずれかの受賞で、アウォード・ボーナスも設定されていました。しかし、2019年、2020年でそれらを受賞することはありませんでした。

マイケル・ブラントリーとは

 マイケル・ブラントリーは1987年5月15日生まれの33才。開幕してすぐに34才になります。年齢のことを考えれば、本人は3年契約の方が嬉しかったでしょうね。

 ドラフトは2005年、ブルワーズの7巡目指名。インディアンスの印象が強いマイケル・ブラントリーですが、もともとはブルワーズでプロ入りしたのです。

 高校卒の野手で7巡目はまあまあ早いラウンドでの指名と言えそうです。

サバシアとのトレードでCLEへ

 2008年10月、ブルワーズがC.C.サバシアを獲得したトレードで、その交換要員の一人としてインディアンスに移籍。

 インディアンスに移籍後の2009年にメジャー・デビュー。22才のときでした。その後、インディアンスには2018年まで、計10シーズン在籍しました。

サインスティーリングシーズンの後にアストロズへ 

 そして上述のように2019からアストロズへ。今オフ、契約終了でFAとなったところを再契約になったという流れでした。

 サイン・スティーリング・スキャンダルが明るみになったのは2019年。問題となったのは2017シーズンのことなので、マイケル・ブラントリーは無関係です。

 2020シーズン、ドジャースと対戦した際、アストロズ・ナインはジョー・ケリーから挑発を受けました。この時、ひときわ怒っていたのがマイケル・ブラントリーでした。チームメイトへの配慮もあったと思いますが、本人はまったく関係ないので、余計に怒りが増したのではないかと思います。

主なアウォードとスタッツ

 マイケル・ブラントリーの主なアウォードとスタッツはご覧の通りです。

  • オールスター出場:4度 (2014、2017-2019)
  • AL シルバースラッガー賞受賞:1度 (2014)
  • AL最多二塁打:1度 (2015:45 !!)
  • 20HR以上のシーズン: 2度 (2014、2019)
  • 200安打以上達成: 1度 (2014:200)
  • 通算打率:.293(2020シーズン終了時点)
  • 通算HR: 114(2020シーズン終了時点)

アストロズのOF

 マイケル・ブラントリーはとりあえず、帰ってきました。しかし、ジョージ・スプリンガー(ブルージェイズ)とジョシュ・レディック(FA)が抜けたアストロズのOFは、カイル・タッカー、マイケル・ブラントリー、マイルズ・ストロー、チャズ・マコーミックそしてヨルダン・アルバレスで争うことに。

 ヨルダン・アルバレスは守備につく機会も増えそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました