スポンサーリンク

【MLB2021FA】アストロズがディールを終結!マイケル・ブラントリーと2年で合意へ

トロントから一転、ヒューストンに決定

 現地2021年1月20日、筆者が真夜中にジョージ・スプリンガーの記事を完結させたちょうどその頃、マイケル・ブラントリー(Michael Brantley)のトロント・ブルージェイズ入りの一報が駆け巡りました。この時点ではブルージェイズと3年でディールという情報。

 こんなに風向きが変わることってあるのか?というくらい、現地2021年1月19日はブルージェイズ一色の日でした。

アストロズと2年Mでコンファーム

 ところが、その数時間後、出勤の支度を始めたちょうどその時、マイケル・ブラントリーがアストロズのジャージを来たサムネが出回っており、「なにごと?」と思い確認すると、ディールをファイナライズさせたのはアストロズということが判明しました。

 契約は2年$32M(2021-2022)。

誤発報

 「ブルージェイズと3年」という情報はどうやら誤って発した情報だったようです。発した記者さんはそのディール情報を撤回しています。

 マイケル・ブラントリーはジョージ・スプリンガーと非常に仲が良いと言われており、二人揃って北へ向かうのかと思いましたが、トロントに向かったのはジョージ・スプリンガー一人でした。

アストロズと2度めの2年$32M

 アストロズと再契約となったマイケル・ブラントリー。実はこの前の契約も同じ数字で、$2年/$32M(2019-2020)でした。

 この時はサイニングボーナスが$2Mで年$15Mずつ支払い2回の支払い。また、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVP投票、WS MVP、ALCS MVPのいずれかの受賞で、アウォード・ボーナスも設定されていました。しかし、2019年、2020年でそれらを受賞することはありませんでした。

マイケル・ブラントリーとは

 マイケル・ブラントリーは1987年5月15日生まれの33才。開幕してすぐに34才になります。年齢のことを考えれば、本人は3年契約の方が嬉しかったでしょうね。

 ドラフトは2005年、ブルワーズの7巡目指名。インディアンスの印象が強いマイケル・ブラントリーですが、もともとはブルワーズでプロ入りしたのです。

 高校卒の野手で7巡目はまあまあ早いラウンドでの指名と言えそうです。

サバシアとのトレードでCLEへ

 2008年10月、ブルワーズがC.C.サバシアを獲得したトレードで、その交換要員の一人としてインディアンスに移籍。

 インディアンスに移籍後の2009年にメジャー・デビュー。22才のときでした。その後、インディアンスには2018年まで、計10シーズン在籍しました。

サインスティーリングシーズンの後にアストロズへ 

 そして上述のように2019からアストロズへ。今オフ、契約終了でFAとなったところを再契約になったという流れでした。

 サイン・スティーリング・スキャンダルが明るみになったのは2019年。問題となったのは2017シーズンのことなので、マイケル・ブラントリーは無関係です。

 2020シーズン、ドジャースと対戦した際、アストロズ・ナインはジョー・ケリーから挑発を受けました。この時、ひときわ怒っていたのがマイケル・ブラントリーでした。チームメイトへの配慮もあったと思いますが、本人はまったく関係ないので、余計に怒りが増したのではないかと思います。

主なアウォードとスタッツ

 マイケル・ブラントリーの主なアウォードとスタッツはご覧の通りです。

  • オールスター出場:4度 (2014、2017-2019)
  • AL シルバースラッガー賞受賞:1度 (2014)
  • AL最多二塁打:1度 (2015:45 !!)
  • 20HR以上のシーズン: 2度 (2014、2019)
  • 200安打以上達成: 1度 (2014:200)
  • 通算打率:.293(2020シーズン終了時点)
  • 通算HR: 114(2020シーズン終了時点)

アストロズのOF

 マイケル・ブラントリーはとりあえず、帰ってきました。しかし、ジョージ・スプリンガー(ブルージェイズ)とジョシュ・レディック(FA)が抜けたアストロズのOFは、カイル・タッカー、マイケル・ブラントリー、マイルズ・ストロー、チャズ・マコーミックそしてヨルダン・アルバレスで争うことに。

 ヨルダン・アルバレスは守備につく機会も増えそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました