【ALCS 2017 Gm5】田中投手がアストロズ打線をねじ伏せる!

田中投手がやってくれました!

現地2017年10月18日のALCS Game5は、Game1と同じ先発同士の投げ合い。田中投手とダラス・カイケルです。

Game1では打線の援護がなく、2失点ながら敗戦投手となった田中投手ですが、好調をキープ。

素晴らしい内容のピッチングをみせてくれました。

Game1ではダラス・カイケルに7回まで4安打に抑えられていた打線もこの日は機能しました。

2回の1点、3回の1点、5回の2点はいずれもタイムリーでの得点。こういうつながりが出るのはジラルディ監督も嬉しいでしょうね。

それにしてもアーロン・ジャッジはいい仕事をしています。3回の得点はアーロン・ジャッジのタイムリー2塁打でした。

田中投手、本当にコントロールもキレもよかったですね。絶妙なところに決めていました。

7回を被安打3、無失点、奪三振8です。後をリレーしたトミー・ケインリーもよかったです。剛球ですね。

【動画】Recap: NYY 5, HOU 0

アストロズはこれで後がなくなりました。

Game6は再びヒューストンに戻って、バーランダーとセベリーノの投げ合いになります。

地元の利が出るのか!? バーランダーのでき次第ですね。

(関連リンク)

 

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク