スポンサーリンク

【MLB2021】目を見張る球の伸び!ヤンキース、ルイス・ヒールがメジャーデビュー

ヤンキース

ヤンキース、登板3名がメジャーデビュー

 現地2021年8月3日、ちょっと驚くような投手を目にしました。それがピンストライプのジャージを着ていたのがやや悔しいところなのですが、ヤンキースのルイス・ヒールです。

 この日、ヤンキー・スタジアムで行われたオリオールズ戦で、ヤンキースは13-1で快勝。打線も機能したと同時に、オリオールズのセドリック・マリンズの送球が2塁ベースに当たって、余計なランナーまで還してしまうという珍プレーもありました。

 そんな中、リズムを作ったのは投手陣。この日、マウンドに上がったのはルイス・ヒール、スティーブン・リディングス、ブロディー・コーナーの3人。なんとこの3人はいずれもこの日がメジャー・デビュー。1試合で3名の投手がメジャーデビューしたのは、クラブ史上初とのことです。

衝撃的だったルイス・ヒール

 スラッとした長身の佇まい、ちょっと抱えるように見えるテイクバック、重心が高めでスピードのある腕のスイング。一瞬、ペドロの兄のラモン・マルチネスが記憶から蘇ってきたような投手。それがルイス・ヒール(Luis Gil)の投球を見た第一印象。

 テイク・バックは現タイガースのホセ・ウリーナに似ているとも言えますが、スイングのかっこよさはルイス・ヒールが上です。

97-98mphを連発 

 そのルイス・ヒールはトリプル・ディジッツが出るとも言われていましたが、このデビュー戦はそこまでは行きませんでしたが、かなり気合が入っていて、初回は97-98mphを連発。これがなかなか伸びのあるファストボールで、衝撃的でした。この日のMAXは初回に出した98.5mph。

 スライダーが84-5mph、チェンジアップが91-93mph。緩急差もありました。

 この日は6イニングを投げて、被安打4、失点0、与四球1、奪三振6。88ピッチで、ストライクが62。コントロールもなかなか良いです。

ルイス・ヒールとは

 ルイス・ヒール(Luis Gil)は1998年6月3日生まれの23才。ドミニカ共和国の出身で、もともとは2015年2月に、ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び、プロ入りした投手。

 2018年3月にツインズが、CFのジェイク・ケイブ(Jake Cave)を獲得したトレードでヤンキースへ移籍。2019年はクラスAとクラスAプラスの2つのレベルで登板。96.0イニングを投げ、ERA 2.72。SO 9は11.5、BB 9は4.4。

 2020-21年はドミニカ・ウィンター・リーグでプレー。

 2021年の開幕はダブルA。7試合30.2イニングを投げ、ERAは2.64。トリプルAにも昇格。8試合、30.1イニングを投げ、ERAは5.64でした。

初登板は中盤にベロシティーが落ちる 

 この日の初登板ですが、初回にかなりのちからを使ったため、中盤にはファストボールがmid-90mphまで落ちました。これは致し方ないところで、またペース配分も学ぶでしょう。

 また、ランナーを背負ったセットからの投球では十分に体重が乗っていないケースが多かったですが、これもそのうち修正してくるでしょう。 

 なかなかのいい投手でした。

スティーブン・リディングスは100mph超え

 ルイス・ヒールはいい投手だったなと思ったのもつかの間。今度は2番手で100mphを超える投手が出てきました。

 それがスティーブン・リディングス(Stephen Ridings)。この日は7回の1イニングに登板し、被安1、失点0、与四球0、奪三振3。メジャー・デビューの初球が100.9mph。この日は100mph超えを2球出しました。もう勢いそのままにファストボールは97-99mphレベルのファストボールを投げこんでいました。変化球は88−89mphのカーブを2球のみ。

スティーブン・リディングスとは

 スティーブン・リディングス(Stephen Ridings)は1995年8月14日生まれの25才。まもなく26才になります。

 2016年ドラフトのカブスの8巡目指名でプロ入り。2019年3月に、ロイヤルズにトレード。ロイヤルズからカブスにはCFのドニー・デウィースが動きました。

 2020年11月にロイヤルズのマイナーからリリースされたところをヤンキースがマイナー契約で獲得。2021年はダブルAからスタート。19.0 イニングでERAは0.95。トリプルAに昇格し、10イニングでERAが2.70。メジャー・デビューとなりました。

ブロディー・コーナー

 3番手で8回、9回の2イニングに登板したのが、ブロディー・コーナー(Brody Koerner)。こちらは2イニングを被安打2、失点1、与四球1、奪三振0。横の変化球が主体の右腕で、ベロシティーは80mph後半。

 ブロディー・コーナーは1993年10月17日生まれの27才。2015年のヤンキースの17巡目指名。2018年からトリプルA、ダブルAで投げていて、ようやくMLBでのチャンスを掴んだところ。三振が奪えないので、ゲーム後半は厳しいかもしれません。

ILの影響

彼らが昇格したのはILの影響で、ドミンゴ・ヘルマンが右肩の炎症で8月1日付けで10 Day IL、さらにゲリット・コールはCOVID-19でテスト・ポジティブが出たからという背景があります。

 ヤンキースも優勝争いをしているなら、このような起用はしていないと思います。今だからこそですが、3人ともこのチャンスを把持できるかどうか。注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】フィリーズ、レンジャー・スアレスの97球シャットアウトでPSへ前進
【MLB2021】カージナルスが15連勝!中盤に逆転!
【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手 (追記あり)
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
タイトルとURLをコピーしました