スポンサーリンク

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!

ジャッジ、エクステンション(延長)はまだ

 現地2022年6月24日、ヤンキースとアーロン・ジャッジは2022年のサラリーをようやく決しました。$19M+ボーナスでサインです。ボーナスのMAXは$0.5Mで、仮にシーズンMVPを獲れば$0.25M、ワールドシリーズでMVP$0.25Mです。

中間の額に落ち着く

 今回は調停を避けてのサインで、もともとジャッジが求めていた額は$21M。一方、ヤンキースの提示は$17Mでした。この数字はロックアウト後の現地2022年3月22日に双方で出し合った数字です。

 今回はこの中間額で決まり、その代わり$0.5Mのボーナスが付いたということで落ち着きました。シーズンが始まってここまでジャッジは$17Mの日割りでサラリーを受け取っていましたが、今後はサインした額に修正されて支払われます。それまでの差額ももちろん、支払われます。

やや安めに感じる理由

 アーロン・ジャッジは今季が調停のファイナル・イヤー。調停資格の選手の最高サラリーはムーキー・ベッツの$27M(2020)でした。

 ジャッジの今季の活躍が、現地2022年6月24日時点で27HRと、とんでもない成績なので意外にも安いと思われるかもしれません。

 2016年にデビューしたジャッジは、その翌年の2017年にROY、MVP-2位、シルバースラッガー賞を獲得。52HR、128Run、114 RBI、154安打ととんでもない数字でした。

 しかし、2018年から2020年までは怪我が多く、この3年間で出場した試合数は242ゲーム。仮に3年間、フルに出たとしたなら384試合ですから、142試合は欠場したことに。

 ようやくフルに出られるようになったのは2021シーズンで、148試合に出場しました。

 今回のサラリーが$20Mを超えなかったのはそのような事情もあります。

延長は未だ決着つかず

 今回は2022年単年でのサラリー。両者は未だ延長契約を結んでおりません。

当初のオファーをジャッジは却下

 ヤンキースはすでにジャッジには延長契約をオファー済みですが、オープニング・デーに却下されております。

 ヤンキースが提示したと言われているのが8年/ $230.5M〜$234.5Mと言われています。

 2022年4月26日の誕生日で30才となったジャッジに対し、起点は定かではありませんが、通常であれば、今季を含めたオファーだったと思います。ということは38才までの保証とだったということで、AAVで行けば、$28.813M〜$29.313M。

ジャッジへの固執もここまでは見えず

 ヤンキースの提示がAAVで$30Mを超えなかったのは、1つはインパクトのある活躍を見せつつも、欠場試合も多かったことが挙げられます。

 また、オファーはシーズン前だったので、今季がスタートしてこれほどまでの成績を上げるとは想像していなかったとも思われます。よって、AAV$30M超えの提示ではなかったと。

 今季の成績を見てフロント・オフィスが考えを変えたどうか。少なくとも、シーズン前の提示額を見る限り、「どうしてもジャッジとの契約延長を結ぶんだ」という強い意思はあまり感じられませんでした。

 今季が終了すればジャッジはFA。ジャッジ自身もサインしなかった理由として、市場での評価を知りたがっています。

オフへの影響(妄想視点)

 まだ形になっていないので、噂レベルでも実名は控えますが、超有名大物選手が今季終了後にFAに。

 その選手の現契約は、2年/$8.5M (2021-22)。今オフにFAです。あまりに活躍の範囲が広いので、とんでもないAAVも噂されています。まさに2人分。

 ヤンキースがジャッジとの延長に今ひとつキレがないのはこのせいではないか?と、(これはあくまでも)筆者の妄想ですが、そう思ってしまいます。

 そう言えば、もう1クラブ、ラファエル・デバースの延長契約と、ザンダー・ボガーツとの契約更新にキレのないレッドソックスも怪しいです。天才GMの呼び声が高いハイム・ブルームにあまりにもキレがなさすぎるのです。オーナーから何か重い宿題を課されているのではないか?とも勘繰ってしまいます。よって、これもあくまで筆者の妄想です。単に素人が状況からそう思っているだけです。

 レッドソックスはただ単にチーム編成とサラリー総額からデバースとボガーツへ投資出来る額を決めかねているだけかもしれません。ネイトもJDもこのオフにFAですし、クローザーも獲得していません。また、デバースの場合、シーズン中に延長契約の話は中断し、野球に専念するということになっていますので、進展はシーズン後です。

 ちなみに、その際立った選手を獲得すれば、ヤンキースはとんでもないCB TAX上のサラリーになります。ジャッジとのダブルでの獲得は成立しないかと。

 あと、レッドソックスが仮にその際立った選手を獲得し、デバースとボガーツの双方を逃した場合、さすがに試合として成立しないのではないか?とも思います。

 この両クラブがその選手を狙っているかどうかさえ、定かではありません。1つ言えるのはともにベーブ・ルース由来の2クラブだということだけです。

 なお、筆者はその際立った選手の所属クラブが契約延長するかどうか疑わしいと踏んでいます。金額的にはとんでもない単価の高い選手がすでに2人いるので、さすがにむずかしいのではないか?と。

 以上、妄想視点でしたので、早合点しないでください。よろしくお願いします。居酒屋での戯言くらいに思ってください。今、書いているのは夜中なので、独り言くらいに思ってください。

 以上、ジャッジのサラリー・アービトレーションとオフのとんでも妄想話でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました