スポンサーリンク

ヤンキースの前身、ニューヨーク・ハイランダーズとは

ニューヨーク・ハイランダーズ

日本時間2012年4月21日(土)朝4時プレーボールのレッドソックス、ヤンキース両チームはフェンウェイパークがオープンした1912年当時の復刻ユニフォームを着てプレーします。

ヤンキースは当時、「ニューヨーク・ハイランダーズ」というチーム名。

ヤンキースの創立時の歴史

ヤンキースの創立時の歴史をざっとご紹介しますと、このような流れになります。

ヤンキースは現在、ニューヨークのブロンクスという街をホームタウンとしています。チーム設立は1901年で、場所は、意外や意外、メリーランド州ボルチモアでした。チーム名も「ボルチモア・オリオールズ」としてスタートしたのでした。(現在のボルチモア・オリオールズとは無関係

  • 1901年 : 「ボルチモア・オリオールズ」としてスタート
  • 1903年 :  ニューヨークへ移転。ヒルトップ・パークを球場にする。チーム名を「ニューヨーク・ハイランダーズ」に変更
  • 1913年:  球場をヒルトップ・パークから、ポロ・グラウンズへ移転。同時にチーム名を「ニューヨーク・ヤンキース」に変更
  • 1923年:   ヤンキースタジアムに移転(旧スタジアム)
  • 〜2008年: 旧ヤンキースタジアムを使用
  • 2009年〜: 新ヤンキー・スタジアム オープン。

その後、1903年に、ニューヨークへ移転。その時に使用した名前が「ニューヨーク・ハイランダーズ」でした。

チーム名が正式に「ニューヨーク・ヤンキース」となったのが、1913年。以後現在に至ります。

ヤンキースタジアムが出来たのは1923年。2008年まで使用しました。2009年旧ヤンキースタジアムの隣の土地に新ヤンキースタジアムがオープン。

なぜ「ハイランダーズ」と呼んだ?

ニューヨークに移転した当初の球場がHilltop Park(ヒルトップ・パーク)という名称でした。「アメリカン・リーグ・パーク」とも呼ばれていました。

場所はこのようなところです。

ScreenHunter_02 Apr. 20 15.49

マンハッタンの地図
A点:今のヤンキースタジアムの場所
B点:ヒルトップ・パークのあった場所

下方にある緑の長方形の場所が、「セントラル・パーク」です。

マンハッタン島の場所のかなり上にあることがおわかりになると思います。

この場所がマンハッタン島で一番高い場所にあったことから「ハイランダーズ」と呼ばれました。その後、ハイランダーズは、1913年に球場をヒルトップ・パークからポロ・グラウンズに移転。

ポロ・グラウンズは、元はニューヨーク・ジャイアンツの球場でした。ニューヨーク・ジャイアンツは、現在のサンフランシスコ・ジャイアンツの前身です。この間、力をもっていたのは、ニューヨーク・ジャイアンツでした。

この時期は、第1回ワールドシリーズに向けた動きが出るなど今のMLBの原型が出来つつある時期でした。その時の話はまた後日に(^.^)

ヤンキースと呼ばれるようになったのは?

「1900年代初頭から次第にボストンの “アメリカンズ”(レッドソックスの前身) に対して“ヤンキース” という愛称が徐々に広まりつつあった。」とあります(WIKI)。

100年以上前の愛称の定着の過程ですから、この辺の広がり具合は、現地の人もキチッとした説明ができないようです。

「アメリカン」とは、「アメリカ人」という意味で、「ヤンキー」も「アメリカ人」という意味ですから、同じような両チームを言葉ではっきり区別したのかもしれません。

ちなみに、「Yankee」の語源は、コネチカット州に住むイギリス系移民が、南西隣のニューアムステルダム(後のニューヨーク)に住むオランダ系移民を呼んだあだ名、Jan Kees(ヤン・キース)に由来するという説があります。これも諸説あるようです。

また、南北戦争時には、 南軍の兵士が、北軍の兵士を蔑称するのに使ったのが、「Yankee」でした。

一つ言えるのは、現レッドソックスである「アメリカンズ」とのライバル関係に当時からあったということです。

結局、1913年にチームがホーム球場をポロ・グラウンズに移転し、“ハイランダーズ (Highlanders)” としての正当性がなくなった事から、“ニューヨーク・ヤンキース”と正式に名称変更を行いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. まとめteみた.【ニューヨーク・ハイランダーズ】

    日本時間4月21日(土)朝4時プレーボールのレッドソックス、ヤンキース両チームはフェンウェイパークがムを着てプレーします。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
タイトルとURLをコピーしました