スポンサーリンク

ヤンキースの前身、ニューヨーク・ハイランダーズとは

ニューヨーク・ハイランダーズ

日本時間2012年4月21日(土)朝4時プレーボールのレッドソックス、ヤンキース両チームはフェンウェイパークがオープンした1912年当時の復刻ユニフォームを着てプレーします。

ヤンキースは当時、「ニューヨーク・ハイランダーズ」というチーム名。

ヤンキースの創立時の歴史

ヤンキースの創立時の歴史をざっとご紹介しますと、このような流れになります。

ヤンキースは現在、ニューヨークのブロンクスという街をホームタウンとしています。チーム設立は1901年で、場所は、意外や意外、メリーランド州ボルチモアでした。チーム名も「ボルチモア・オリオールズ」としてスタートしたのでした。(現在のボルチモア・オリオールズとは無関係

  • 1901年 : 「ボルチモア・オリオールズ」としてスタート
  • 1903年 :  ニューヨークへ移転。ヒルトップ・パークを球場にする。チーム名を「ニューヨーク・ハイランダーズ」に変更
  • 1913年:  球場をヒルトップ・パークから、ポロ・グラウンズへ移転。同時にチーム名を「ニューヨーク・ヤンキース」に変更
  • 1923年:   ヤンキースタジアムに移転(旧スタジアム)
  • 〜2008年: 旧ヤンキースタジアムを使用
  • 2009年〜: 新ヤンキー・スタジアム オープン。

その後、1903年に、ニューヨークへ移転。その時に使用した名前が「ニューヨーク・ハイランダーズ」でした。

チーム名が正式に「ニューヨーク・ヤンキース」となったのが、1913年。以後現在に至ります。

ヤンキースタジアムが出来たのは1923年。2008年まで使用しました。2009年旧ヤンキースタジアムの隣の土地に新ヤンキースタジアムがオープン。

なぜ「ハイランダーズ」と呼んだ?

ニューヨークに移転した当初の球場がHilltop Park(ヒルトップ・パーク)という名称でした。「アメリカン・リーグ・パーク」とも呼ばれていました。

場所はこのようなところです。

ScreenHunter_02 Apr. 20 15.49

マンハッタンの地図
A点:今のヤンキースタジアムの場所
B点:ヒルトップ・パークのあった場所

下方にある緑の長方形の場所が、「セントラル・パーク」です。

マンハッタン島の場所のかなり上にあることがおわかりになると思います。

この場所がマンハッタン島で一番高い場所にあったことから「ハイランダーズ」と呼ばれました。その後、ハイランダーズは、1913年に球場をヒルトップ・パークからポロ・グラウンズに移転。

ポロ・グラウンズは、元はニューヨーク・ジャイアンツの球場でした。ニューヨーク・ジャイアンツは、現在のサンフランシスコ・ジャイアンツの前身です。この間、力をもっていたのは、ニューヨーク・ジャイアンツでした。

この時期は、第1回ワールドシリーズに向けた動きが出るなど今のMLBの原型が出来つつある時期でした。その時の話はまた後日に(^.^)

ヤンキースと呼ばれるようになったのは?

「1900年代初頭から次第にボストンの “アメリカンズ”(レッドソックスの前身) に対して“ヤンキース” という愛称が徐々に広まりつつあった。」とあります(WIKI)。

100年以上前の愛称の定着の過程ですから、この辺の広がり具合は、現地の人もキチッとした説明ができないようです。

「アメリカン」とは、「アメリカ人」という意味で、「ヤンキー」も「アメリカ人」という意味ですから、同じような両チームを言葉ではっきり区別したのかもしれません。

ちなみに、「Yankee」の語源は、コネチカット州に住むイギリス系移民が、南西隣のニューアムステルダム(後のニューヨーク)に住むオランダ系移民を呼んだあだ名、Jan Kees(ヤン・キース)に由来するという説があります。これも諸説あるようです。

また、南北戦争時には、 南軍の兵士が、北軍の兵士を蔑称するのに使ったのが、「Yankee」でした。

一つ言えるのは、現レッドソックスである「アメリカンズ」とのライバル関係に当時からあったということです。

結局、1913年にチームがホーム球場をポロ・グラウンズに移転し、“ハイランダーズ (Highlanders)” としての正当性がなくなった事から、“ニューヨーク・ヤンキース”と正式に名称変更を行いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. まとめteみた.【ニューヨーク・ハイランダーズ】

    日本時間4月21日(土)朝4時プレーボールのレッドソックス、ヤンキース両チームはフェンウェイパークがムを着てプレーします。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました