【ALCS2017Gm4】ヤンキース、4点差を跳ね返し、2勝2敗のタイに

現地2017年10月17日に行われたALCS Game4ですが、ヤンキース打線が集中力をみせました。

7回表を終わって、アストロズが4−0とリードしていたにもかかわらず、7回、8回で4点差を逆転!

本当にポストシーズンの戦い方がうまいです。

アストロズは先発のランス・マッカラーズ・JR(Lance McCullers Jr. #43) が好投。期待通りでしたね。6回を被安打2、失点1、奪三振3。7回に先頭のアーロン・ジャッジに打たれた1発の失点のみです。

ヤンキース相手なので、欲を言えば、7回のジャッジのHRは避けたかったですね。もっともこれは結果論に過ぎません。マッカラーズJRはナイス・ゲームメイクでした。

アストロズは抑えのケン・ジャイルズがずっと結果を出してきたのですが、ここにきて崩れるケースが目立ってきました。

7回、8回のヤンキースの逆転のラリーです。

アストロズのブルペンは雰囲気に呑まれてしまっているように見えます。

ヤンキースは先発のソニー・グレイが結果を出しました。5回を投げて、アストロズ打線を2失点に。

ブルペンはロバートソンとチャド・グリーンが失点し、流れとしてはあまりよくなかったのですが、打線が奮起して最後はチャップマンが抑えたという形になりました。

ヤンキース、いい雰囲気ですね。

Game5は、田中投手が登板です。アストロズはダラス・カイケルで流れを止めたいところ。

【動画】Recap: NYY 6, HOU 4(9分バージョン)

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク