【MLB2020】さすが250Mドルの力!ヤンキース、パクストンが開幕アウトも、「コールがいるさ」

ヤンキースの2020年の強力ローテ

 現地2020年2月6日、MLBはベッツがメインのブロックバスタートレードに関する話題でもちきりです。レッドソックスがゲットするツインズのプロスペクト、ブラスダー・グラテロル(Brusdar Graterol)のメディカル・イシューがレッドソックスにとって深刻ではないかということで、メンバーが変わるあるいは増えるという様相を呈してきました。

 また、カブスの3Bクリス・ブライアントのトレードの信憑性も高まっています。

 そのような状況ですが、現地2020年2月5日のニュースになりますが、ニューヨーク・ヤンキースのスターティング・ピッチャー、ジェームズ・パクストン(J. Paxton)の手術のニュースが入ってきました。

パクストンが腰を手術

 シーズンを占う意味でヤンキースの選手の大きな怪我のニュースは非常にインパクトが出てきますが、どうやらジェームズ・パクストンが開幕アウトなのは間違いないところです。

 そのパクストンですが、すでに腰の手術を行っています。ヤンキースが発表したのは現地5日ですが、そのときには手術完了済み。

椎間板ヘルニアの手術

 ジェームズ・パクストンが行ったのは、平たく言えば椎間板ヘルニアの手術を内視鏡を使って行ったというもの。

椎間板ヘルニアのメカニズム

 腰椎は椎と呼ばれる骨と骨が縦に並んで出来ていますが、その椎の間にある硬めのグミのようで、クッションのような役割を果たしているのが間板。背伸びやひねりをスムーズに行えるのはこの間板のおかげ。本来なら椎と椎の間で治まっていなければいけないものが、激しい動きなどではみ出てしまい神経を圧迫することで痛みやしびれを伴ってしまいます。簡単にまとめるとそのような症状のことを言います。

 クッションのはみ出た部分を嚢胞(のうほう)として除去しなければいつまでも悪さをする訳ですが、それをマイクロスコープ、つまり内視鏡を使って腰椎と筋肉の間に管を差し込んで除去するというのが今回パクストンが行った手術です。内視鏡下椎間板摘出術(ないしきょうかついかんばんてきしゅつじゅつ)と呼ばれるかなり症例も多い手術方法になります。英語ではMicro Endoscopic Discectomy(略してMED)と呼ばれることも。

代理人のボラスは回復は早いと宣言

 病院側の見解を聞いた上でのヤンキース側のスケジュールの見立てではパクストンは3から4ヶ月の離脱。額面どおりならだいたい5月半ばから6月半ばが復帰見込みというところでしょうか。動けるようになってからの調整もありますから、それくらいは見込んだ方が無難かもしれません。

 ところが、パクストンのエージェントのスコット・ボラス氏はシーズンの最初の1/3程度で復帰できると宣言。最初の1/3とは6ヶ月のシーズンの前半の1/3ということで、そうなると離脱は4月いっぱいで終了となります。

 腰を傷めているので他の筋肉のバランスも考慮すると果たしてそんな早く復帰可能か?とは思いますが、こればかりは選手の治癒力もありますからなんとも言えませんね。一つ言えるのはじっくり治してから復帰してくれということですね。

2020年はゲリット・コールがいる

 スターターが一人抜けたということで、かなりインパクトの大きなトラブルではありますが、ヤンキースはそれでもかなり余裕です。なぜなら、2020年からはゲリット・コールが加入しているからです。

2019年ローテのサバシア、ヘルマン、パクストンが不在

  • 2019: パクストン→田中投手→ヘルマン→サバシア→ハップ

 2019シーズンのヤンキースはけが人だらけでブルペンの活躍がなければかなり苦しい状況だったと思います。そんな中でもローテーションを回していたわけですが、その中からまずCCサバシアが引退で抜けました。そして2019年18勝4敗のドミンゴ・ヘルマンはDVポリシー違反で81試合のサスペンション処分。このうち2019年に18試合離脱していますから、2020年は開幕から63試合不在。

 そしてパクストンがヘルニアの手術ですから3名欠くことになります。しかしヤンキースは強気です。その理由がゲリット・コールの加入ですね。

2020ローテーション

 3人が一時的にも抜けるヤンキースですが、2020年はこのようなローテーションとなります。

  • 2020: コール→田中投手→セベリーノ→モンゴメリー→ハップ

 ジョーダン・モンゴメリーは2018年6月にトミー・ジョン手術。2019年終了直前に復帰済みです。2020年はトミー・ジョン明け初めてのフルシーズンで、イニング制限はかけられるかもしれませんね。

 であったとしても上記の全員がヘルシーなら、びくともしないローテーションですね。パクストンが復帰するであろう夏以降はさらに層が厚くなるもしれません。いやはや強い。

 ア・リーグ東地区は2020年も厳しい戦いが繰り広げられそうです。

ヤンキース、贅沢税$50M超え

 なお、ヤンキースは現地2020年2月6日時点で贅沢税上のサラリーは$258,061M。基準額が$208Mですから、なんと$50M超えです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク