スポンサーリンク

【ALCS2017Gm3】A・ジャッジの活躍でヤンキースが1勝目

ヤンキース

アストロズの連勝で始まった2017ALCSですが、現地2017年10月16日から舞台をヤンキー・スタジアムに変えて行なわれました。

 

ここで落とすと、かなり苦しくなるヤンキース。

 

さすがに、ポストシーズンの戦い方を知っているだけあって、この一戦をキープレーヤーの活躍でものにしました。

 

このゲームは攻守にアーロン・ジャッジが目立ったゲームだったのですが、先制点はトッド・フレイジャーの一発でした。

 

 

ALDSで力を発揮したアストロズ先発のチャーリー・モートンでしたが、トッド・フレイジャーに難しいコースのボールをスタンドまで運ばれてしまいました。

 

あの打ち方をされるとグランドボール・ピッチャーは厳しいですね。

 

ヤンキースは3回に3点を先取です。

 

4回裏にはチェイス・ヘッドリーのシングルで1点を追加し、4−0に。

アストロズは2番手のウィル・ハリスに交代しますが、これでも勢いを止められず、ワイルド・ピッチでまず1点を献上。これで5−0に。

 

今度はアーロン・ジャッジにレフトへ低い弾道の3ランHRを打たれ、0−8と一方的な展開に。

 

 

ヤンキース先発はCC・サバシアでした。

 

37才の左腕はインディアンス時代のような剛球は投げられなくなったとは言え、キレもスピードもまだまだ十分です。

 

CC・サバシアは6回を被安打3、無失点に抑える好投で勝利を呼び寄せました。

 

 

この日は点差が開いたので、ヤンキースはロバートソンとチャップマンを休ませる余裕の展開。

 

デリン・ベタンセスは2四球ですぐにマウンドから降ろされましたが、最後を任されたトミー・ケインリー(Tommy Kahnle )はよかったです。1本のヒットを許したものの、無得点に抑えました。

 

 

ヤンキースの一方的な展開でしたが、アストロズは5回から登板したコリン・マクヒューが好投。4イニングをヒットレスで締めました。これはアストロズにとっていい出来事だったですね。

 

 

この日、3番に入ったアルトゥーベは、かなり警戒されていましたね。4打数0安打でした。

しかし、守備ではシビレれるプレーを2つ披露。さすがにシーズンMVP候補ですね。

 

 

【動画】Recap: NYY 8, HOU 1

 

Game4はソニー・グレイとランス・マッカラーズ・JRの投げあいです。

 

 

コメント

NEW

【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
タイトルとURLをコピーしました