【MLB2017年5月】飛ばしすぎて外野スタンドの液晶を破壊したアーロン・ジャッジとは

こんにちは。

その桁違いのパワーがようやく衆目一致となりつつあるヤンキース期待の長距離砲、アーロン・ジャッジ(Aaron Judge)ですが、現地2017年5月2日のバッティング・プラクティスで、センター後方へ打ち込んだ打球が売店近くにあるモニターを直撃!

漫画のように円形に液晶を破壊しました。

HR数は両リーグ合わせてトップ

いったい、どこまで飛ばすんだというすごいパワーです。

肝心のゲームでも2本のホームランを放っており、現地2017年5月2日現在、12本で両リーグ合わせてトップです。

Judgement Day

その圧倒的な破壊力(ターミネート)から、彼が活躍した日は”Judgement Day” などと呼ばれております。 

アーロン・ジャッジとは

とにかく全てが桁違いですね。身長201cm、体重127kg。あのジャンカルロ・スタントンでさえ198cm、111kgです。

アーロン・ジャッジは2017年4月26日で25才になったばかり。

2013アマチュア・ドラフト1巡目(全体順位31位)でヤンキースから指名を受け、プロ入り。アストロズがマーク・アッペルを指名した年ですね。全体2位はクリス・ブライアントでした。

今季はここまで24試合で26三振。1試合に1回は三振をしていることになりますが、昨シーズンが27試合で42個でしたから、かなり進化しています。

ホームランバッターに三振はつきものですで、アウトは三振でもいいと思います。

今季はここまで打率が.313、出塁率が.424。長打率以外のこれらの数字をいかに向上させるかが、怖さのカギになるように思います。

40HR超えはなるのでしょうか!? 楽しみです。

3日のゲームですが、ヤンキースがブルージェイズを11-5で下しました。

先発した田中投手は早くも4勝目です。この日はHRを2本打たれましたが、7回途中、91球を投げ、被安打8、失点4でマウンドを降りました。

【動画】Recap: TOR 5, NYY 11

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク