スポンサーリンク

【MLB2020】「易々とゾーン勝負!」ゲリット・コール、4.2イニングで10K!タイラー・グラスノーとの投げ合いを制す

ヤンキース

ゲリット・コールの最大の強み

 現地2020年8月8日、AL東地区のライバル・チーム同士の対戦で、ヤンキース@レイズ戦がトロピカーナ・フィールドで行われました。

 このカードはリスケジュールの関係で、7イニング制のダブルヘッダー。そのGame1でゲリット・コール(Gerrit Cole)とタイラー・グラスノーの顔合わせが実現!ゲリット・コールが最大の強みを大いに発揮したゲームでした。

ゲリット・コール、三振の山

 非常に興味深い対戦となったこのゲームですが、とにかくゲリット・コールの凄みが本当によくわかったゲームでした。

 ゲリット・コールは初回、先頭のヤンディー・ディアスにRF前シングルを打たれるも、その後は慌てることなく、ジーマン・チョイ、ホセ・マルチネス、筒香選手を三者連続三振。

 2イニング目も先頭のハンター・レンフローを三振に斬ってとり、これで4者連続三振。2アウト後にウィリー・アダムスに二塁打を打たれ、スコアリングポジションにランナーを背負うも、ケビン・キアマイアーを三振に斬って取り、無得点に。

 3回表、味方打線がタイラー・グラスノーを捕え、4点のリードをもらった後の裏のマウンドも2アウトからスコアリング・ポジションにランナーを背負うもホセ・マルチネスから三振を奪い、ここまで7奪三振。

 4回裏、5回裏にはそれぞれ1奪三振、2奪三振を奪い、計10奪三振という圧巻のピッチングでした。

ゾーンでどんどん勝負できる強み

 この日のゲリット・コールの投球を見て、「強いな」と思ったところはゾーンで勝負できるボールがあること。この日、ウィニングショットに4シームを持ってきて奪った三振は10個中なんと6個。

 その他のウィニングショットは、スライダーで3奪三振、ナックルカーブで1奪三振でした。

 アウトコースのストライク・ゾーンに易々と98mphほどの4シームを投げ込む姿を見て、これが超一流かと思った次第です。

無情のあと1アウトでの交代

 ただ、アーロン・ブーン監督も厳しいなと思ったのは、ゲリット・コールを5回2アウトで降板させ、勝利投手の権利を奪ったことです。

 ヤンキースは5回表にジャンカルロ・スタントンの一発が出て、5−0とリード。

 その裏、確かにゲリット・コールはピンチを迎えました。2つのアウトを挟みながら2本の二塁打で1点を献上。さらに、ホセ・マルチネスには2ランHRを打たれ、5−3と追い上げられはしました。

 しかし、続く打者は初回から合っていなかった筒香選手。まだ2点差があったため、もう一人投げさせてもよかったと思ったのですが、筒香選手に嫌な予感を感じ取ったのか、ブーン監督はここでチャド・グリーンにスイッチ。無常のあと1アウトでの交代に。

 ゲリット・コールは10三振を奪うも、4.2イニング、被安打6、失点3、与四球1で結局4勝目はならず。

 厳しい采配でしたね。

タイラー・グラスノーはピンチを堪えきれず

 一方のレイズ先発のタイラー・グラスノーは、この日はややコントロールが甘かったです。初回こそ三者凡退に打ち取ったものの、2回はヒットと四球がからんでランナーを貯めるピッチング。

 3回表、マイク・フォードに2ランHRを打たれて失点したところから崩れてしまい、この日は2.2イニングで被安打5、失点4、与四球3、奪三振5、被本塁打1でマウンドを降りました。

ジャッジに8号

 ゲームは中盤にヤンキースがアーロン・ジャッジの今シーズン8号などで追加点を入れ、結局8-4でヤンキ−スが勝利しました(スコア)。

 ダブルヘッダーゆえの7イング制だったので、終盤にもつれがなかったのはやや残念なところではありました。

Game2はレイズが勝利

 なお、Game2はヤンキース投手陣の計9四球などもあり、レイズがたった5安打で5得点を上げ、5-3のスコアで勝利しました(スコア)。

2020 ゲリット・コールの過去3戦は勝利優先 

 今季からヤンキースに移籍したゲリット・コールですが、ここまではご覧の成績です。

  • 7/23 NYY 4 @WSH 1: 5.0 IP、被安打1、失点1、被HR 1、奪三振5
  • 7/29 NYY 9 @ BAL 3: 6.2 IP、被安打4、失点3、被HR 1、奪三振7
  • 8/3 PHI 0 @NYY 3: 6.0 IP、被安打5、失点1、被HR 1、奪三振4

 3戦に登板して3勝。ただ、奪三振は少なめ。シーズン開始直後で実践でのチューンナップもあるとは言え、勝利優先の投球と言えるでしょう。

 これからギアは上がって行くだろうとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました