スポンサーリンク

【MLB2020】「易々とゾーン勝負!」ゲリット・コール、4.2イニングで10K!タイラー・グラスノーとの投げ合いを制す

ゲリット・コールの最大の強み

 現地2020年8月8日、AL東地区のライバル・チーム同士の対戦で、ヤンキース@レイズ戦がトロピカーナ・フィールドで行われました。

 このカードはリスケジュールの関係で、7イニング制のダブルヘッダー。そのGame1でゲリット・コール(Gerrit Cole)とタイラー・グラスノーの顔合わせが実現!ゲリット・コールが最大の強みを大いに発揮したゲームでした。

ゲリット・コール、三振の山

 非常に興味深い対戦となったこのゲームですが、とにかくゲリット・コールの凄みが本当によくわかったゲームでした。

 ゲリット・コールは初回、先頭のヤンディー・ディアスにRF前シングルを打たれるも、その後は慌てることなく、ジーマン・チョイ、ホセ・マルチネス、筒香選手を三者連続三振。

 2イニング目も先頭のハンター・レンフローを三振に斬ってとり、これで4者連続三振。2アウト後にウィリー・アダムスに二塁打を打たれ、スコアリングポジションにランナーを背負うも、ケビン・キアマイアーを三振に斬って取り、無得点に。

 3回表、味方打線がタイラー・グラスノーを捕え、4点のリードをもらった後の裏のマウンドも2アウトからスコアリング・ポジションにランナーを背負うもホセ・マルチネスから三振を奪い、ここまで7奪三振。

 4回裏、5回裏にはそれぞれ1奪三振、2奪三振を奪い、計10奪三振という圧巻のピッチングでした。

ゾーンでどんどん勝負できる強み

 この日のゲリット・コールの投球を見て、「強いな」と思ったところはゾーンで勝負できるボールがあること。この日、ウィニングショットに4シームを持ってきて奪った三振は10個中なんと6個。

 その他のウィニングショットは、スライダーで3奪三振、ナックルカーブで1奪三振でした。

 アウトコースのストライク・ゾーンに易々と98mphほどの4シームを投げ込む姿を見て、これが超一流かと思った次第です。

無情のあと1アウトでの交代

 ただ、アーロン・ブーン監督も厳しいなと思ったのは、ゲリット・コールを5回2アウトで降板させ、勝利投手の権利を奪ったことです。

 ヤンキースは5回表にジャンカルロ・スタントンの一発が出て、5−0とリード。

 その裏、確かにゲリット・コールはピンチを迎えました。2つのアウトを挟みながら2本の二塁打で1点を献上。さらに、ホセ・マルチネスには2ランHRを打たれ、5−3と追い上げられはしました。

 しかし、続く打者は初回から合っていなかった筒香選手。まだ2点差があったため、もう一人投げさせてもよかったと思ったのですが、筒香選手に嫌な予感を感じ取ったのか、ブーン監督はここでチャド・グリーンにスイッチ。無常のあと1アウトでの交代に。

 ゲリット・コールは10三振を奪うも、4.2イニング、被安打6、失点3、与四球1で結局4勝目はならず。

 厳しい采配でしたね。

タイラー・グラスノーはピンチを堪えきれず

 一方のレイズ先発のタイラー・グラスノーは、この日はややコントロールが甘かったです。初回こそ三者凡退に打ち取ったものの、2回はヒットと四球がからんでランナーを貯めるピッチング。

 3回表、マイク・フォードに2ランHRを打たれて失点したところから崩れてしまい、この日は2.2イニングで被安打5、失点4、与四球3、奪三振5、被本塁打1でマウンドを降りました。

ジャッジに8号

 ゲームは中盤にヤンキースがアーロン・ジャッジの今シーズン8号などで追加点を入れ、結局8-4でヤンキ−スが勝利しました(スコア)。

 ダブルヘッダーゆえの7イング制だったので、終盤にもつれがなかったのはやや残念なところではありました。

Game2はレイズが勝利

 なお、Game2はヤンキース投手陣の計9四球などもあり、レイズがたった5安打で5得点を上げ、5-3のスコアで勝利しました(スコア)。

2020 ゲリット・コールの過去3戦は勝利優先 

 今季からヤンキースに移籍したゲリット・コールですが、ここまではご覧の成績です。

  • 7/23 NYY 4 @WSH 1: 5.0 IP、被安打1、失点1、被HR 1、奪三振5
  • 7/29 NYY 9 @ BAL 3: 6.2 IP、被安打4、失点3、被HR 1、奪三振7
  • 8/3 PHI 0 @NYY 3: 6.0 IP、被安打5、失点1、被HR 1、奪三振4

 3戦に登板して3勝。ただ、奪三振は少なめ。シーズン開始直後で実践でのチューンナップもあるとは言え、勝利優先の投球と言えるでしょう。

 これからギアは上がって行くだろうとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました