スポンサーリンク

【MLB2019スプリング】ヤンキース打線がこの時期にもう爆発!6HRでタイガースに圧勝!新星イシャー・ギリアムにも一発

今年もHR量産の予感

現地2019年3月3日のグレープフルーツリーグのゲームなのですが、またヤンキースがすごいものを見せてくれました。

タイガース相手に7ホームランを放ち、圧勝。

今季もHRが量産される予感しかしません。

ガードナーとジャッジが2本ずつ

この日のメンバーです。SS、2B、CFというセンターラインに若手を起用。ジャンジもスタントンもアンドゥハーも出ています。

ホームランの詳細です。

  1. 1回裏:ブレット・ガードナーがソロHR(1本目)
  2. 1回裏:アーロン・ジャッジがソロHR(1本目)Back-to-Back
  3. 2回裏:ブレット・ガードナーがソロHR(2本目)
  4. 3回裏:ゲイリー・サンチェスがソロHR
  5. 5回裏:アーロン・ジャッジが2ランHR(2本目)
  6. 7回裏:イシャー・ギリアムがソロHR

ガードナーはコンディションが良さそうです。1本目の当たりなどは体が切れているのがよくわかるライナーでした。

アーロン・ジャッジの2本めはタイガースのライトのアシストもありました。

大きな画面の動画はこちらを↓

6本目のイシャー・ギリアムとは

All Professional Baseball Statistics for Isiah Gilliam.

7回裏に6本目のHRを放ったイシャー・ギリアム(Isiah Gilliam)という初めて目にする名前の選手がおりましたので、簡単に調べましたので記しておきたいと思います。

ギリアムは22才のマイナーリーガーで、右投げスイッチヒッティングの外野手です。

ドラフトは2015年ヤンキースの20巡目指名です。

この日のゲームは3月3日ですが、この分厚い層で知られているヤンキースの外野手争いに、2018年にシングルAプラスだった選手がいまだ残っています。

ウルトラな抜擢があるか!?

この日の打席は、7回の代打での1打席のみで、そのままスタントンに代わってライトの守備についたのですが、グレープフルーツ・リーグ初打席で初HRとはなかなか持っているなと思います。

ヤンキースのマイナーレベルではかなり期待されている選手のようですね。

さすがに厳しい戦いにはなると思いますが、面白い素材です。注目しておきたいと思います。

田中投手は3回無失点

今スプリングトレーニング初登板となった田中投手は3回を被安打1、無失点、奪三振2のピッチング。ファストボールはよかったですね。

調子は良さそうです。

【YOUTUBE】田中将大 2019/03/03 – Masahiro Tanaka Yankees ヤンキース Vs. デトロイト・タイガース | C Highlights

3被弾はダニエル・ノリス

タイガース先発で、2回途中で3本のHRを浴びたのはダニエル・ノリス。日米野球にも来てくれたバンで生活する自然派の選手です。

今スプリングトレーニングは初先発でしたが、1.2イニングで被安打4、被本塁打3、失点3とちょっと調子に乗れませんでした。奪三振は2でしたので、光明は見えていると思います。次回に期待したいと思います。

DETのSSにはピート・コズマ

タイガースの先発SSにはカージナルスの元SSのピート・コズマが出ています。これからマーサーが上がってくるので、ぜひともチャンスを掴んでおいてもらいたいです。

SCORE 

ヤンキース、シーズンHR数更新なるか

2018年のレギュラーシーズンのヤンキースのホームラン数は267本。これは2位のドジャースの235本を大きく上回る数字です。

ア・リーグで行けば、2位はクリス・デービスがいるアスレチックスなのですが、40本差の227本。レッドソックスはア・リーグ6位の208本で、実に60本ほどの差があります。

ちなみにヤンキースの2017シーズンのHR数は241本でしたから、2018年の数字はちょっと異常な状態です。

しかし、今季は現有戦力にトゥロウィツキー、ルメイユが加入していますから、まだ増えると見込まれます。

ヤンキー・スタジアムのライトをもっと広くしてくれませんかね。

今季もすごそうなヤンキースでした。レッドソックスの投手陣がどう挑むのか、非常に楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク