スポンサーリンク

グッデンのNO-NOをアシスト!ジェラルド・ウィリアムズが55才で亡くなる。

MLBキャリア14年、55才の若さ

 現地2022年2月8日、元ヤンキース、メッツ、デビルレイズ、ブレーブス、ブルワーズ、マーリンズで活躍したOFのジェラルド・ウィリアムズ(Gerald Williams)が55歳で亡くなりました。まだ若いのに非常に残念です。ジェラルド・ウィリアムズの訃報はヤンキース時代の元チームメイトで親友のデレク・ジーターが発表しました。

ガンでお亡くなりに

 ジーターによると、ジェラルド・ウィリアムズは、がんとの闘病の末、お亡くなりになりました。ジーターは、この悲報を発表した声明の中でこう述べている。

To my teammate and one of my best friends in the world, rest in peace, my brother. My thoughts and prayers are with his wife, Liliana, and their whole family.”

「私のチームメイトであり、世界一の友人の一人、ジェラルド・ウィリアムズ、安らかに眠りたまえ。彼の妻のリリアナとその家族全員に、私の思いと祈りを捧げます”

ジェラルド・ウィリアムズとは

 ジェラルド・ウィリアムズは、1966年8月10日生まれ。

 ドラフトは1987年のヤンキースの14巡目指名。メジャーデビューは1992年、25歳でのデビューでした。ヤンキースには1996年8月23日まで在籍し、その後はブルワーズ、ブレーブス、タンパベイ・デビルレイズ、ヤンキース(2度め)、フロリダ・マーリンズ、ニューヨーク・メッツと計6つのクラブを渡り歩きました。

 なお、このプレーで、あの人か!とピンと来た人も多いはず。ペドロとのベンチ・クリアー案件。

通算成績

 通算出場試合は1,168試合。打率.255、OBP .301、SLG .410、85 HR、183ダブル、18トリプル、106盗塁、474得点、365 RBIをマーク。通算安打数は780。

親友ジーターとの出会い

 デレク・ジーターのデビューは1995年。そしてROYを獲得したのは1996年のこと。ジェラルド・ウィリアムズとは約1シーズン半、オーバーラップしており、仲良くなったのは1995年のポストシーズンに一緒に出場したことから。

 ポスト・シーズンで言えば、ブレーブス在籍時の1998年、1999年にも出場経験があります。特に、1999年のアストロズ(当時NLセントラル)とのNLDSでは、18-7、2 Runs、3 RBI、1盗塁、打率.389をマークし、大活躍しました。

 1999年(ブレーブス)にはワールドシリーズに出場したものの、ヤンキースにスイープされたので惜しくもリングはもらえませんでした。なお、リングで言えば、ブルワーズに移籍したとは言え、1996年とフロリダ・マーリンズ時代の2003年に2つもらっています。ただし、2度ともゲームには出場していません。

ベスト・シーズン

 ウィリアムズのベストシーズンは、ブレーブス時代の1998年に打率.305、OBP .352、SLG .504、10HRをマークしたシーズンとデビルレイズ時代にOFとしてレギュラーを獲得した2000年の2シーズンが挙げられます。2000年は682打席、キャリアハイとなる21HRをマーク。

グッデンのNO-NOをアシスト

 ジェラルド・ウィリアムズで特に印象深いブレーは1996年5月14日の一コマ。

Seattle Mariners at New York Yankees Box Score, May 14, 1996 | Baseball-Reference.com
New York Yankees beat Seattle Mariners (2-0). May 14, 1996, Attendance: 20786, Time of Game: 2:43. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pla...

 この日はマリナーズ@ヤンキース戦が行われ、ヤンキースの先発はドワイト・グッデン(Dwight Gooden)。メッツにいたあのグッデンです。通算194勝、1985年に24勝4敗でサイ・ヤング賞を獲得したあのグッデンです。

 結論から言えば、この日ドワイト・グッデンはノーヒットノーランを達成。あのグッデンなら複数回達成したように思いますが、実はキャリアを通じてノーヒットノーランはこの1試合のみでした。

 初回、コントロールに苦しんだグッデンは先頭打者を四球で歩かせる苦しい立ち上がり。2番には当時マリナーズにいたA・ロッドが打席に。そのA・ロッドが放った当たりは、CFオーバーとなりそうなラインドライブの鋭い当たり。誰もがマリナーズの先制点かと思ったところ、CFに就いていたジェラルド・ウィリアムズが非常に難しい正面の当たりを背走でキャッチ。本塁へうかがおうかという1塁ランナーは戻れず、ダブルプレーを獲りました。

 「立ち上がりに出た良いプレー」という位置づけだったこのプレーはイニングを追うごとに重要度がアップ。最終的にグッデンがNO-NOを達成したことで、もし、初回にジェラルド・ウィリアムズの好プレーがなければ、NO−NOはあり得なかったことから、ゲーム後にその価値が非常に高まったプレーとなりました。

 ジェラルド・ウィリアムズはドラフト下位指名ながらキャリア14年をサバイブしてきました。なかなか大変なことだと思います。今回、ガンでお亡くなりになられたことは残念でなりません。安らかに。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました