スポンサーリンク

【サラリーの差は3倍!】ドジャース&レイズの2020ワールドシリーズの7つの楽しみ!サプライスでワンダー・フランコがくるか?

いよいよワールドシリーズが開幕

 現地2020年10月20日、日本時間21日朝9:08プレーボールでいよいよ2020年のワールドシリーズが開幕します。

 ドジャース、レイズともにLCSで最終戦のGame7まで戦い、双方ともに完全にチューンナップされた最終形での戦いは魅力満載です。ちょっとした楽しみをいくつか披露させてください。

【1】キアマイアー、ベリンジャーの怪我はOK!

 まず気になるのはレイズのケビン・キアマイアー、ドジャースのコディー・ベリンジャーの怪我の具合です。

 ケビン・キアマイアーはALCS Game3でアストロズのエノリ・パレデスから手首に死球を受け、離脱。

 骨折が心配されましたが、その日のうちにX線検査をして骨に異常がないことが確認されました。しかし、ケビン・キアマイアーはGame4からGame6までベンチに。その間、レイズは3連敗を喫したのでした。

 NLCS Game7ではかなり無理した感はありましたが、先発出場。今ワールドシリーズ前日の情報では「大丈夫」との力強い返事も返ってきていますので、万全ではないもののゲームに出てくれそうです。

 ドジャースのコディー・ベリンジャーはNLCS Game7で勝ち越しHRを放ったあと、キケ・ヘルナンデスと肘を強く合わせたセレブレーションで、なんと肩を脱臼。顔を歪めてトレーナー室に一目散に駆け込む姿がカメラに捉えられました。

 行き過ぎたセレブレーションもMLBではありがち。2019年、ツインズのミゲル・サノなどはスプリング・トレーニングを直前に控える中、ドミニカ・ウィンターリーグで優勝したセレブレーションで右かかとに裂傷を負い、5月までゲームに出られないという事態もあったほどです。

 ベリンジャーは過去に3、4度脱臼した経験があることから、今回もすぐに処置したので「問題なし」と力強くコメントしています。言葉どおりであることを祈るばかりです。

 よって、野手の柱のような二人はそろってゲームに出そうです。やれやれですね。彼らのパフェーマンスがそのままなら、いいゲームになりそうですね。

【2】カーショウの出来

 やはりGame1でタイラー・グラスノーと投げ合うこととなったクレイトン・カーショウがどういう投球を見せるのか?も注目したいところです。

 レイズのランディー・アロウザリナはどうも抜くボールに弱い面も見せていますから、カーショウのカーブがどこまで機能するか見ものです。あとはアロウザリナ前後にもカーショウがどういう投球をするのか、ドジャースが1988年以来のワールドシリーズ・チャンプに輝くにはカーショウの投球が鍵を握りそうです。

【3】ダスティン・メイをどう起用する?

 NLCS Game5で先発し、2イニングを投げたダスティン・メイをロバーツ監督は大事なGame7でも起用しました。メイの信頼感が非常に厚いことが伺えますが、先発が決まっていないGame2で同じような起用をしてくるのか?も注目したいところです。

【4】レイズ打線VSドジャース投手陣

 おそらくドジャース打線はレイズ投手陣に対して、なんとか対応するでしょう。やはりランディー・アロウザリナを含んだレイズ打線に対してドジャース投手陣がどのような投球を見せるのか、こちらが非常に注目したいところです。

【5】サラリー3倍差対決

 ドジャースは資金が潤沢なのはよく知られていることであり、レイズはお金がないことでも知られています。

 レイズの贅沢税上で計上されるサラリー総額は、27位、あるいは28位というところです。一方のドジャースの総額は2位、あるいは3位の金額。

2020用37%サラリーの総額

 どのくらい違うかですが、フルサラリーを37%で調整した支払額で比較すると、ドジャースが$94.5Mに対して、レイズは$28.8M。その差は$65.7Mで、ざっと3倍以上の差です。この金額は調整された(=2020年用のフルサラリーの37%という意味)30manロスターの合計額にサイニング・ボーナスなどを加えたものです。

CB TAX(贅沢税)上のサラリーの計算

 贅沢税上のサラリーでは、ドジャースが$225.5Mで基準額の$208Mを大きく上回っているのに対して、レイズは$93.7M。こちらも倍以上違います。贅沢税の計算は仕払額ではなく、各選手の契約額を年平均で割った金額になるので支払額とは差が出ます。また、計算はフルサラリーで考慮します。

 レイズがどれだけレバレッジを効かせるのか、見ものですね。

【6】ワンダー・フランコはロスターに入るか?

 まもなくロスターが出ますが、今季のトッププロスペクト・ランキング1位のワンダー・フランコがワールドシリーズ用のホーム・ジャージをSNSに投稿。波紋が広がっています。もしも彼が出るなら、またしてもレイズはサプライスですね。

 投稿が自主的なもので、もしも首脳陣がサプライズを考えていて極秘事項だったとしたら、「何を投稿してくれたんだ!」となりますし、首脳陣が投稿をけしかけたとしたら、これはこれですごい情報戦ですね。いずれにしてもロスターの結果が早く知りたいところです。

【7】筒香選手

 ポストシーズンではなかなか使ってもらっていない筒香選手がワールドシリーズを結果を出すのか?これも楽しみですね。ただ、レイズがもしもワンダー・フランコを入れたなら、誰を落とすか?ですね。筒香選手でないことを祈ります。

 また、大きな舞台に強い筒香選手はぜひともワールドシリーズに出てもらいたいですね。

 以上、7つほど楽しみを挙げてみました。ビューラー、モートンの出来も気になりますが、大きなところでは以上でしょうか。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました