【ポストシーズン2020】ドジャースvsブレーブスのNLCSがスタート!その見どころは?

良いなと思ったらシェアお願いします

NL西地区1位と東地区1位同士の対戦

 現地2020年10月12日からいよいよNLCSが始まります。NLDSをともにスイープで勝ち上がってきた両クラブ。

 ドジャースはレギュラー・シーズン、ナ・リーグ勝率2位のパドレスをスイープしたとは言え、どうなるかわからない状況をものにしてきました。

 一方、ブレーブスは圧倒的な投手力で勝ち上がってきましたが、NLDSで対戦したマーリンズはXファクターが多く、非常にやりにくい中、投打のバランスで抑え込んで勝ったという強さを感じます。

リードオフ対決

 打線の最大の見どころはやはり両チームの卓越したリードオフマン。ドジャースはムーキー・ベッツを迎えてよかったですね。彼がいるといないとでは大きな差があります。特に右打者のムーキーは左の強打者が多いドジャース打線の中にあって貴重です。

 そしてブレーブスはなんと言ってもロナルド・アクーニャ・ジュニア。彼がチームのモメンタムを握っているのはもう異論はないと思います。

 Game1の先発はウォーカー・ビューラーですが、初球、ボール球から入れるかどうかを見てみたいです。アクーニャは狙っているでしょうから。それをスルーしたとしたら、ファースト・ストライクですね。アクーニャの早めの勝負がどうなるか、注目したいです。

キーマン打率

 ワイルドカードシリーズとNLDSを含めたキーマンの打率を見てみます。

ドジャース

  • チーム打率:.258
  • ムーキー・ベッツ: .368/ 0HR/ 4RBI
  • コディー・ベリンジャー: .316/1HR/ 5RBI
  • コーリー・シーガー: .278/ 1HR/4RBI
  • ウィル・スミス: .294/ 0HR/ 4RBI
  • A・J ポロック: .267/ 0HR/2RBI
  • マックス・マンシー: .188/ 0HR/2RBI
  • ジャスティン・ターナー: .111/0HR/3RBI

不気味なジャスティン・ターナー

 不気味なのは、ポストシーズンのキャリア通算打率が、.294を誇るジャスティン・ターナーがまだ目覚めていないところでしょうか。ベテランは打率にかかわらず、1ポイントでいい仕事をしますから、注目したいですね。

ブレーブス

  • チーム打率:.230
  • トラビス・ダーノー:.421/2HR/7RBI
  • ダンスビー・スワンソン: .263/ 2HR/ 5RBI
  • ロナルド・アクーニャ・ジュニア:.273/1HR/ 2RBI
  • マーセル・オズーナ: .227/1HR/ 5RBI
  • フレディー・フリーマン: .167/ 0HR/ 1RBI
  • オースティン・ライリー: .235/ 0HR/ 0RBI
  • オジー・アルビーズ: .200/ 0HR/ 0RBI
  • アダム・デュバル:.100/ 1HR/ 3RBI
  • ニック・マーケイキス: .190/0HR/ 0RBI

フレディー・フリーマンは警戒の網をかいくぐるか

 ブレーブスもキーマンのフレディー・フリーマンが、打率.167とまだ調子を上げていません。もっとも、相当警戒された中での数字だとは思います。

投手陣

ブレーブス

  • チームERA: 0.92

 ブレーブスのチームERAは圧巻です。

  • スターター
    1. マックス・フリード : 0-0/ ERA 3.27
    2. イアン・アンダーソン: 2-0/ ERA 0.00
    3. カイル・ライト: 1-0/ ERA 0.00
  • ブルペン
    • CL: マーク・マランソン
    • タイラー・マツェック(L)
    • A.J.ミンター(L)
    • シェーン・グリーン
    • ルーク・ジャクソン

 また、ブルペンの強いこと。タイラー・マツェックもかなり強いボールを投げますから、ゲームの後半に出てくるのはドジャースにとってはかなり厄介です。

ドジャース

  • チームERA: 2.00
  • スターター
    1. ウォーカー・ビューラー
    2. クレイトン・カーショウ

 フリオウリアスがおそらくNO.3スポットに入ると思われます。パドレスとのNLDSのGame3でロングリリーフをし、日数も空きました。

  • ブルペン
    • CL: ケンリー・ジャンセン
    • ブレイク・トライネン
    • ディラン・フローロ
    • ブラスター・グラテロル
    • ジェイク・マギー(L)
    • ジョー・ケリー

ダスティン・メイをブルペンにもってくるかどうか?

 あきらかにブレーブスのブルペンに劣るドジャースですが、一つ秘策があるとすれば、ダスティン・メイをセットアップに持ってくることではないか?と思います。

 今回は移動日がないので、ワイルドカードシリーズのようにオープナーとしての起用ももちろんあると思いますが、メイが後ろにいるとかなり安定することは事実。デーブ・ロバーツ監督、どのような采配を見せるでしょうか?

むしろドジャース投手陣VSブレーブス打線

 打のドジャースと投のブレーブスという図式が表のポイントだと思いますが、むしろドジャース投手陣がブレーブス打線をどこまで抑えるか、それが出来ないとドジャース打線は焦りが出てよい仕事が出来ないようにも思います。ブレーブスとすれば、とにかく打て!というところだと思います。バットを振り抜き続ければ、あとは投手がきっちり仕事をしてくれる!そんな展開が理想のように思います。

 ポストシーズンはXファクターが多すぎて予想が難しいです。だから面白いとも言えますよね。思わぬ伏兵がどちらに出るのか?ラッキー・ボーイと言ってもいいかもしれませんが、そこにも注目したいと思います。

 東西の横綱対決は非常に興味深いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。