スポンサーリンク

【MLB2023】フィリーズが継投のフォーマットを完成!ハーパーにもHRが飛び出し、まず1勝!(NLDS Gm1)

NLDS Gm1 PHI 3 @ 0 ATL

 現地2023年10月7日、前年のNLDSのリマッチとなったフィリーズ@ブレーブスのNLDS Gm1がスタート。MLB NO.1勝率のブレーブスの登場でもあります。

ロスター

 フィリーズはWCシリーズとほとんど変わらず。投手力が安定していることから、OFに6名を登録し、終盤のディフェンスも固めているようなロスターです。もちろん、オライオン・カーカリングは入っています!

 ブレーブスはルーキー右腕のAJ・スミス=ソーヤーがロスターIN。さらに本来は2Bかと思うのですが、OFで27才のルーキー、フォレスト・ウォールを追加。今季は15試合で5盗塁。終盤戦でも当たっていました。移籍組のニッキー・ロペス、ピアース・ジョンソンも入っています。

スタート

 ご覧のスタメンとなりました。

PHIATL
DH: シュワーバーRF:アクーニャ
SS: ターナー3B: ライリー
1B: ハーパー1B:オルソン
3B: ボーム2B: アルビーズ
2B:ストットDH: オズーナ
C: リアルミュートCF: ハリス2世
RF: カステヤーノスSS: アルシア
LF: マーシュC: マーフィー
CF: ヨハン・ロハスLF: ピラー
P:スアレスP: ストライダー
MLB Gameday: Phillies 3, Braves 0 Final Score (10/07/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ポストシーズンを見込んでハーパーを1Bに固定し、シュワーバーをDHにしてLFに守備のいいマーシュを入れているフィリーズ。当たっているカステヤーノスが7番です。9番のプロスペクトのヨハン・ロハスがやや弱いかなという布陣です。ブレーブスはCにショーン・マーフィーを使ってきました。いつも通りの強い布陣です。

早めの継投のPHI / ストライダーで7回のATL

 フィリーズですが、この日は早めの継投で来ました。先発のレンジャー・スアレスは、4回途中で降板。3.2IPで被安打1、スコアレス、BB1、SO 4。その後も小刻みにリレーしました。

 一方のブレーブスはサイ・ヤング賞有力候補のスペンサー・ストライダーが7.0イニングまで投げきりました。

 この辺は好対照で面白いところです。

 先制したのはフィリーズ。1アウトからブライス・ハーパーが四球で出塁。アレク・ボームが三振に倒れて2アウトとなったものの、スペンサー・ストライダーの1Bへの牽制が悪送球となり、ハーパーが2塁に進塁。

 バッターは当たっているブライソン・ストット。ストットは強いボールですぐに追い込まれるも、4シームが同じところに4球連続で投じられれば当たっているだけに反応は容易で、4球目の97.8mphの4シームをLFへ弾き返し、ブライス・ハーパーが生還してフィリーズがまずは先制しました。ミス絡みでした。

ハーパーがソロHR

 5回裏にセランソニー・ドミンゲスが2本のシングルで1アウト1、3塁のピンチを迎えましたが、ドミンゲスはアクーニャ、ライリーという怖い1、2番を連続三振に斬って取り、ピンチを脱出。

 その直後の6回表、フィリーズは1アウトからブライス・ハーパーが初球のスライダーを捉え、RFスタンドにライナーで飛び込むソロHRを放ち、追加点。2-0とします。

 ストライダーは7.0IPで被安打5、失点2、自責点1、BB 2、SO 8と好投。降板後に何やら激しくコーチに詰め寄っている場面がありましたが、あれは何だったのでしょうね?

 フィリーズは8回表にも満塁のチャンスからリアルミュートがショーン・マーフィーの打撃妨害で出塁し、追加点。3-0としました。

秘密兵器:オライオン・カーカリングが好投

 フィリーズは、スアレスを4回途中で下げた後、ジェフ・ホフマンで0.1イニング。その後、セランソニー・ドミンゲスを5回、ホセ・アルバラードを6回から投入。本来であれば、ジェフ・ホフマン以降はゲーム後半に投入したいところですが、もう良いブルペンを次々に投入してきました。

 それが出来たのは、ルーキーのオライオン・カーカリングの存在です。

 ワイルドカードでも好投し、ポストシーズンでの合格点をもらったカーカリングは、お父さんが見守るなか7回裏に登場。

 タイミングをずらすスウィーパーで、オーランド・アルシア、ショーン・マーフィー、エディー・ロザリオ(途中出場)を簡単に打ち取り、ブレーブスに流れを渡しませんでした。

 オライオン・カーカリングは、8回裏にも登板。ブレーブスの強烈な上位打線の対戦は見ものでしたが、先頭のアクーニャに四球を出したところで降板となりました。

 あのポーカー・フェイスは本物ですね。

 カーカリングをフォローする形でベテランのマット・ストラムがマウンドに上がり、代わりばな、ライリーにシングルを浴び、危ういところもあったのですが、オジー・アルビーズをダブルプレーに斬って取り、ピンチを脱出。

 最終回はクレイグ・キンブレルに任せ、1イニングをパーフェクトに抑えました。

 Gm1はフィリーズが早め、早めの対応でブレーブス打線を封じました。スコアは3−0。

【YOUTUBE】Phillies vs. Braves Game 1 Highlights (10/7/23) | MLB Highlights

PHIの課題は左腕

 フィリーズの懸念は左腕投手です。NLWCシリーズでもヘスス・ルザルド、ララクストン・ギャレットには苦戦しました。カイル・シュワーバー、ブライス・ハーパー、ブライソン・ストット、ブランドン・マーシュといういい左打者が多いだけに左腕への対応がどうなるのか、マックス・フリードが登板するGm2がなかなか興味深いです。

 とは言え、トレイ・ターナー、JT・リアルミュート、ニック・カステヤーノスといい右打者も豊富なのですが。

マックス・フリードも過去の実績との戦い

 なお、マックス・フリードは過去のポストシーズンで良い成績が上げられておりません。2019年のカージナルスとのNLDS Gm5では1.2イニングで4失点、2020年のマイアミとのNLDS Gm4では、4.0イニングで4失点、2021年のドジャースとのNLCS Gm5では、4.2イニングで5失点、同年アストロズとのWS Gm2では5.0イニングで6失点、2022年のフィリーズとのNLDS Gm1では3.1イニングで6失点など、過去、NLDSでのERAは5.95、NLCSは4.24、WSでは4.91。

 ポストシーズンに力を発揮できなかったことが多かったマックス・フリードが今回どういう投球を見せるのか?というところも注目ポイントでもあります。ちなみに、シーズン後半の調子は良かったです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました