【MLBプロスペクト】投手で史上初!レイズ、シェーン・マクラナハンがポストシーズンでMLBデビュー!(追記あり)

良いなと思ったらシェアお願いします

歴史に残る0.1イニング

 現地2020年10月5日、いよいよALDSが始まりました。

 大注目のヤンキース@レイズ戦の詳報は後ほど記事にしたためたいと思いますが、その前にワクワクする出来事がありました。

 タンパベイ・レイズのプロスペクト左腕のシェーン・マクラナハン(Shane McClanahan )がポストシーズンでMLBデビューを果たしました!

投手では史上初の出来事

 シェーン・マクラナハンはレギュラーシーズンでは登板なし。ポストシーズンが正真正銘のメジャー・デビューです。

 シェーン・マクラナハンはワイルドカードシリーズの時点ですでに28人のアクティブ・ロスター入りを果たしていました。しかし、登板の機会はなく、ケビン・キャシュ監督はどうするのか?と思っていましたが、なんとディビジョン・シリーズで起用してきました。点差が開いてしまった状況でしたので、いい機会だと判断したようです。

 なお投手がポストシーズンでメジャーデビューを果たしたのは史上初の快挙です。

ポジション・プレーヤーでは過去に実績あり

 過去にはポジション・プレーヤーではポストシーズンがMLBデビューとなったケースがあります。

マーク・カイガー/ アスレチックス(2006)

 アスレチックスのマーク・カイガー(Mark Kiger)が2006年にレギュラーシーズンの出場なしにポストシーズンでデビューを果たしています。

 タイガースとのALCS Game 3で8回から守備についたのが史上初のポストシーズンでのMLBデビュー。

 しかし、マーク・カイガーは、つづくGame4でも9回の守備につくも、いずれも打席には立ちませんでした。

 そして、マーク・カイガーのメジャーでの実績はALCSで守備についたこの2試合のみです。26才と遅咲きのデビューでもありましたし、非常に特殊なケースでした。

アダルベルト・モンデシー/ ロイヤルズ(2015)

 2020年ア・リーグの盗塁タイトルを獲ったアダルベルト・モンデシーも実はポストシーズンがメジャー・デビューでした。ロイヤルズがワールドシリーズ・チャンプに輝いた2015年のポストシーズンです。しかも舞台はワールドシリーズ。モンデシーはGame3の9回に登場。対戦相手がメッツでしたので、投手のダニー・ダフィーに打席が回ってきたところで代打で登場。ノア・シンダーガードから空振り三振を奪われました。

 おそらくワールドシリーズでのMLBデビューは今後しばらくは出てこないのではないかと思います。

アレックス・キリロフ/ ツインズ(2020)

 また、今季、ツインズでも同じことがありました。外野手のアレックス・キリロフ(Alex Kirilloff)がレギュラーシーズンの出場なしにポストシーズンでメジャーデビューを果たしました。9月30日に行われたアストロズとのALワイルドカード・シリーズにスターティングで出場。4打数1安打を放ちました。

 以上、ポジション・プレーヤーで例はあっても、投手としては今回のシェーン・マクラナハンが最初の投手ということになります。

追記:ライアン・ウェザーズ/パドレス(2020)

 シェーン・マクラナハンがポストシーズンでのメジャー・デビューを果たした翌日のNLDS Game1でパドレスの20才のプロスペクト、ライアン・ウェザーズもレギュラーシーズンの登板なしに、ポストシーズンでのメジャー・デビューを果たしました。投手では2番目。

 ライアン・ウェザーズは2018年のパドレスの1巡目指名。2017年U18のアメリカ代表で、日本を4-0でシャットアウト勝利で下したゲームの左腕です。

速い!

 シェーン・マクラナハンが登板したのは9回2アウトから。接戦が続いていた展開で、ジョン・カーティスがジャンカルロ・スタントンにグランドスラムを打たれ、3-9とゲームが決まり、緊張の糸がプツリと切れた後での登板でした。

 しかし、ジョン・カーティスが残したランナー、グレイバー・トーレスが2塁に盗塁し、スコアリング・ポジションにランナーがいる状況。ここでさらに1点を奪われてしまうと翌日のゲームにも影響が出かねないという状況でもありました。

満塁のピンチでルメイヒュー!

 シェーン・マクラナハンはメジャーでの初の打者となったブレット・ガードナーを相手にガンガンと強いボールを投じていきました。

 初球がいきなり98.1mph。その後もファストボールで押して、ボテボテの2B前のゴロに仕留めたのですが、2Bのブランドン・ロウに任せれば良い打球を深追いしてしまい、ロウと軽く衝突。ちょっと気合が空回りしました。グレイバー・トーレスは3塁に進塁し、2アウト1、3塁。

 つづくカイル・ヒガシオカには3ボール先行となりながらも、ファウルでフルカウントまで整えたものの、最後は四球で満塁に。

 ここでバッターはDJ・ルメイヒュー。またしてもグランドスラムが頭をよぎった場面でしたが、ルメイヒューには臆せず、2シームで投手ゴロに。

 メジャー初登板は、0.1イニング、被安打1、四球1でとりあえずはERA 0.00デビューとなりました。

ファストボール一本槍

 ALDSがデビュー戦でしかも6点差が開いているのですから、もう腕を振るしかありませんよね。この日投じた15球はすべてファストボール。

 DJ・ルメイヒューを打ち取った最後のボールだけが2シームで、91.1mph。あとの14球はすべて4シームでアベレージで98mph、MAXが99.5mphを計測しました。

 投げ方も美しく、大崩しそうにありません。

 もう少し余裕ができればスライダーやチェンジアップも見られるかもしれませんね。

 とにかく、いい投手でケビン・キャッシュ監督が使いたくなるのもよくわかりました。

シェーン・マクラナハンとは

 かんたんにプロフィールを記しておきたいと思います。シェーン・マクラナハンは1997年4月28日生まれの23才(現地2020年10月5日時点)。

 高卒時の2015年にメッツから26巡目指名を受けるも、タンパベイにあるサウス・フロリダ大へ進学。2018年にレイズから1巡目指名(全体31位)を受け、プロ入り。

 2019年はシングルA-からA+、最終的にはダブルAにまで昇格していました。2019年のすべてのレベルでの成績は、24試合中、22スタートで120.2イニングを投げ、11勝6敗、ERAは3.84。奪三振は154でSO9は11.5。

 ダブルAでは4スタートで1勝1敗、ERA 8.35。

 彼がレイズにとって良いきっかけになればよいなと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!