スポンサーリンク

【NLDS 2022】B・マーシュが先制3ランHR!フィリーズ、ブレーブスを下し2010年以来のNLCSへ進出!

2022 NLDS Gm4 ( ATL 3 – 8 PHI)

 現地2022年10月15日、シチズンズ・バンク・パークで行われたNLDS Game4は前日同様にフィリーズ打線が爆発。フィリーズは攻守ともに常に先手を打って有利にゲームを推し進め、8-3のスコアで勝利し、NLDSを突破。2010年以来となるNLCS進出を決めました。

ブランドン・マーシュが先制3ランHR

 チャーリー・モートンとノア・シンダーガードの先発で始まったこのゲームは、トラブルがありました。

 2回表、先頭のアレク・ボームがカムバッカーを放ち、チャーリー・モートンの右肘の外側に当ててしまいます。マウンドにはトレーナーが走り、状態をチェック。おそらく痛みはあったと思いますが、モートンはそのまま投げることに。

 その後、ブライソン・ストットが三振に取られた後、ジーン・セグラがCF前にゴロで抜くシングルを放ち、これでボームが3塁に進塁し、フィリーズはチャンス拡大。

 ここでバッターはブランドン・マーシュ。エンゼルス時代と違い、ブライス・ハーパーのように低く構えるようになったマーシュは雰囲気が出てきました。

 2-2カウントとなった後の6球目、83.4mphのカーブがインコースに吸い寄せられるように来たところをマーシュが強打。これが打った瞬間にそれとわかる右中間への3ランHRに。フィリーズが3点をリードし、ゲームを優位に進めます。

 チャーリー・モートンは3回裏にマウンドに上がるも、投球練習をしたところで状態が良くないということで降板となりました。

【YOUTUBE】Marsh Madness! Pandemonium in Philadelphia as Brandon Marsh CRUSHES 3-run home run!

ノア・シンダーガードが好投

 フィリーズ先発のノア・シンダーガードは非常にリズミカルな投球を披露。簡単にアウトを重ねていき、1、2回はパーフェクト。ノーヒットノーランを起こしそうなほどリズムが良かったのですが、3回表、1アウトからオーランド・アルシアにインコースのシンカーをうまくさばかれ、これがLFポール際に入るHRに。ブレーブスが1点を返しました。

JT・リアルミュートがランニングHR

 3回裏、ブレーブスはコリン・マクヒューにスイッチ。フィリーズはJT・リアルミュートからの攻撃。

 その3球目、ハンギング・スライダーとなった甘いボールをリアルミュートがCFへ大きな当たりを弾き返し、これがフェンス直撃弾に。ボールが右中間に反射する間にリアルミュートは俊足を飛ばし、3塁へ。まだ送球が間に合わないと判断したリアルミュートは一気にホームへ飛び込みました。

 なんと4点目はランニングHRによる追加点です。

 ポストシーズン史上、初めての捕手によるランニングHRということに。

フィリーズ、ショートリレーで的を絞らせず

 4回裏、非常に調子が良かったノア・シンダーガードをロブ・トムソン監督は降ろしました。代わって上がったのが、アンドリュー・ベラッティ(Andrew Bellatti)。キレのいいボールを投げる31才の右腕です。2021年はマイアミに在籍。今季からフィリーズで投げており、レギュラー・シーズンは59試合でERA 3.31。

 このように先手を打ったトムソン監督でしたが、ベラッティが1アウトからマット・オルソンにHRを浴び、2-4と2点差に追い上げられます。

 ここで崩れればトムソン監督のプランも危なかったのですが、その後をベラッティが落ち着いていて処理。当たっているトラビス・ダーノー、そして当たりの止まっているオースティン・ライリーからそれぞれ三振を奪い、1失点のみで切り抜けました。

PHIが中押し→ダメ押し

 6回裏、フィリーズが追加点を上げました。

 ジーン・セグラのシングルをきっかけに、カイル・シュワーバーの死球で2アウトながら1、2塁のチャンスを作ります。

 ここでブレーブスはライセル・イグレシアスにスイッチ。

 なんとか食い止めたかったブレーブスでしたが、フィリーズはリース・ホスキンス、JT・リアルミュート、そしてブライス・ハーパーに3連続シングルが飛び出し、さらに3点を追加。スコアを7-2とし、大きな中押し点に。

 ブレーブスは7回表にトラビス・ダーノーにHRが出ましたが、ソロによる1点のみ(ATL 3-7 PHI)。

 逆に、フィリーズは8回裏にブライス・ハーパーのダメ押しとなるソロHRが飛び出し、スコアは3-8に。チームリーダーの一発でとどめを刺したような形となりました。

 フィリーズは5回にブラッド・ハンド、6回から7回2アウトまではホセ・アルバラードが、7回2アウトから8回まではザック・エフリンが登板。9回はセランソニー・ドミンゲスが登板。小刻みなリレーでした。

 ちなみにベラッティからドミンゲスまで6イニングを5人でつなぎ、2失点に抑えました。これはまさにメジャー・レベルだからできるリレー。もしも高校野球なら、誰かが必ず捕まるパターンです。多人数による系統はそれだけリスクも高いのですが、コロコロと変わることで打線に的を絞らせない利点もあります。

 フォリーズのブルペンは全員が好投し、監督の意図を見事に実現したと思います。

ブレーブス、連覇ならず

 選手の年齢、サラリー、成熟度、さらに補強の頻度とタイミング、クラブ内の契約更新方法、現場での試合運び・・・どの軸で見てもブレーブスは超優秀。

 大補強でピカピカのSPECを誇ったメッツでさえもシーズン終盤に粉砕し、地区優勝を果たしました。本当に強い!という一言しかない素晴らしさです。

 しかし、その強いブレーブスでさえも連覇ならず。

 メジャーリーグはここ22年ほど連覇がありません。直近の連覇は、1998年、1999年、2000年と3ピート(3連覇)を果たしたヤンキースまで遡ります。ちなみに、ヤンキースの前の連覇は1992年と1993年を制したトロント・ブルージェイズです。

 これは戦力の均衡がうまく行っていると考えて良いのか?良いことなのか?悪いことなのか?も考え方によって変わってきますが、そのような状況が続いているということは記しておきたいと思います。

 フィリーズのNLCSはこの数時間後にパドレスに決まりました。ロブ・トムソン監督は今から戦略を練っていることでしょう。今回のフィリーズのポストシーズンのモメンタムは明らかにロブ・トムソンの監督力にあるということは添えておきたいと思います。

 普段は静かで、ロボットのようで(!?)、淡々とした監督さんですが、自軍の選手の心理をよく把握しているようですし、何より野球を知り尽くしています。はっきり言ってこの一言に尽きると思います。

 このポストシーズンでフィリーズが躍進しているのは単にキープレーヤーの調子が良いだけでなく、状況に応じた打撃を見せているからで、しぶとい逆方向への安打が目立ちます。そこに監督の意図も見えますし、ブルペンもうまく回しているのが見てとれます。選手と監督が非常にうまく連携していますね。これは強い!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
タイトルとURLをコピーしました