スポンサーリンク

【移籍2019】レッズ、またしても動く!TORからフレディ・ガルビスを獲得へ

フィリー、パードレで実績十分

本日は移籍の話題です。

2019トレードデッドラインの影響により8月以降はトレード・アサインメント・ウェーバーが無くなりましたが、ただアウトライト・ウェーバーなら他クラブへの移籍が可能です。

そんな中、レッズが動きました。ブルージェイズがウェーバー公示したフレディ・ガルビス(Freddy Galvis/右投げ両打ち)を獲得です。

レッズがウェーバーでクレーム

今回フレディ・ガルビスがウェーバーに公示されたのはマイナー・オプションの関係かと思います。

DFAにはなっておらず、レッズがいきなりウェーバーでクレームオフ(獲得)している関係でそうではないかとふんでおります。

選手のマイナー・オプションが3回分のうち何回残っているかはおそらくコミッショナーオフィスでないと把握してできておらず、オープンになっておりません。

よってメジャー8年目で2019年1月時点でのMLS(MLBサービスタイム)が6.021のフレディー・ガルビスが何回マイナー・オプションが残っているのかは具体的には不明なのですが、通常であれば残っていないと考えた方がよいと思います。

よって一旦マイナーに降格させるにはウェーバーを通過させなねばならず、このウェーバーはイレボカブルで一旦公示すれば引っ込めることができません。

今回、レッズはそれを利用してガルビスを獲得しました。

背景にボー・ビシェットらジュニアの台頭

フレディ・ガルビスは非常に仕事の出来る選手で、2017年・2018年は162試合のフル出場。2015年も151試合、2016年も158試合に出場していますから、もう4年連続フル出場に近い実績とも言えます。しかもハードなSSでの実績です(フルイニングではありません)。

通算の年あたりの安打数は145本、打率は.248、HRは15本という数字が残っています。

2019年は115試合、打率.267、OBP .299、SLG .444、HR 18、RBI 54。

Freddy Galvis Stats | Baseball-Reference.com
2021: 14 HR, .242 BA, 40 RBI,Career: 109 HR, .246 BA, 426 RBI, SS/2B/3B, Phillies/Padres/... 2012-2021, b:B/t:R, born in Venezuela. 1989, Toco

2017年にフィリーズがトレードでパドレスに送った際に、ファンとしては「やめてくれ!!」と叫びたくなったほどの選手。

2019年も上記のように実績も十分なのですが、ここはブルージェイズの特殊事情がありました。

Pre 2019のプロスペクトランキングでNO.1を獲得したヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニア(3B)、HOFerを父にもつキャバン・ビジオのデビュー(2B)、そして極めつけは7月下旬のボー・ビシェットのコールアップとズラリと並んだジュニアたち。クラブとしては当然それを推しますよね。

SSにボー・ビシェットを配置するに当たり、フレディ・ガルビスはレギュラーではなくなってしまいます。仮にビシェットが故障したとしても外野にまわしているルルデス・グリエル・ジュニアを回せばいいので、いずれにせよガルビスの出場機会が減ります。よって今回はクレーム覚悟でウェーバーに上げたということかと思います。

サラリー

レッズは今回、ガルビスの2019年のサラリー$4Mの残り期間分を引き継ぎます。そして2020年のクラブオプションは$5.5M、$1M バイアウトです。

レッズはホセ・イグレシアスがケガ

また、レッズはSSのホセ・イグレシアス(Iglesias, Jose (SS))を上腕二頭筋痛で欠いています。今のところはDay to Dayでそれほど重くはありません。

二遊間はホセ・ペラーザ(J. Peraza)、ルーキーのジョン・バンミーター(J. VanMeter)、あるいはカイル・ファーマー(K. Farmer)で回せますが、そこにガルビスが加わるのは心強いです。

ガルビスはおそらく2Bにまわるのではないかと思います。

ちなみにカイル・ファーマーは2018シーズンは捕手登録です。レッズ、ドジャースのブロックバスタートレードでプイーグ、マット・ケンプ、アレックス・ウッドとともにドジャースから移籍してきました。(記事

レッズは首位と7.5ゲーム差。まだまだわかりません。

その意味でよい補強だったと思います。レッズ、なかなかやりますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました