スポンサーリンク

【MLBトレード2020】ブルワーズ、マリナーズからオマール・ナルバエスを獲得!捕手補強へ

ブルワーズ、捕手を補強

 2019シーズンの正捕手、ヤズマニ・グランダールを失ったブルワーズですが(記事リンク)、現地2019年12月5日、捕手補強に動きました。マリナーズの正捕手のオマール・ナルバエス(Omar Narváez)をトレードで獲得しました。

 トレードは1対1でブルワーズからマリナーズにはマイナーの投手が動きます。

トレード詳細

 以下、トレード詳細です。

ブルワーズGet

  • オマール・ナルバエス(Omar Narváez)C/ 27才/ VEN出身

マリナーズGet

  • アダム・ヒル(Adam Hill
    • RHP/ 22才/ 2018年メッツ4巡目指名/ MIL NO.24 Prospects
  • 2020ドラフトのブルワーズのCOMP balance B ラウンドピック 2巡目と3巡目の間
2020ドラフト Competitive Balance Round

Round A(1巡目の後)

31) オリオールズ
32) パイレーツ
33) ロイヤルズ
34) ダイヤモンドバックス
35) パドレス
36) ロッキーズ
37) インディアンス
38) カージナルス

Round B (2巡目の後且つ3巡目の前に)

68) マーリンズ
69) タイガース
70) レイズ
71) ブルワーズ <===71番目がマリナーズへ 
72) レッズ
73) ツインズ

ブルワーズ、サラリーを1/9に

 今回のトレードはヤズマニ・グランダールが抜けたスポットの補強そのもの。オマール・ナルバエスは2020年1月時点でのMLSが3.089で、今オフは調停1年目でした。2019年のサラリーは$0.5812Mでメジャー最低年俸をやや上回った程度でしたが、調停の予測金額は$2.9MでMillionを超える予定です。

 それでもブルワーズからすれば、ヤズマニ・グランダールに払った2019年のサラリー、1年$18.25Mと比較すると約1/9に抑えることができている上に、スタッツでも遜色ない選手を獲得したことになります。

2019年のオマール・ナルバエス

 2019年のオマール・ナルバエスは132試合に出場し、打率.278、OBP .353、SLG.460、HR 22、RBI 55、OPS+120、WAR 2.1という非常に高い数字を残しました。

 これはグランダールの153試合、打率 .246、OBP .380、SLG .468、HR 28、RBI 77、OPS+ 119、WAR 2.5と遜色ない数字。捕手なのでやはり出場試合数は重要な要素ですが、それを差し引いても、特に打率の高さは目をみはるものがあります。

 守備の方ですが、CS%(盗塁阻止率)がリーグ平均の27%に対し、18%とやや低いですが、まだ若いのでここは改善出来ると思います。

ピーニャの出場も増える

 サラリー渋めのブルワーズはグランダールが抜けた穴をマニー・ピーニャ(Manny Piña )と若手で賄うのか?などと考えていたのですが、ナ・リーグ中地区の激しい競争のせいもあって、補強には余念がない状況です。

 ちなみにマニー・ピーニャは2018年のポストシーズンでバリバリにマスクをかぶっていた捕手です。2019年は出場機会がグンと減ってしまいましたが、2020年は増えそうです。

マリナーズの捕手は? 

 心配なのが、正捕手放出のマリナーズです。彼の代わりにマスクをかぶれる選手はいるのか見てみますと、ご覧の選手がマスクをかぶりそうです。

  • トム・マーフィー(Tom Murphy):28才、75試合中、67試合でマスク。
  • オースティン・ノラ(Austin Nola): 29才、79試合中、59試合でマスク。

 おそらくこの2人の争いになると思われます。オースティン・ノラはフィリーズのアーロン・ノラのお兄さんですね。デビューは2019年です。捕手なので高い年齢でのデビューとなりました。

アダム・ヒルとは?

 ブルワーズからマリナーズに移籍するアダム・ヒルはかなりいいファストボールを持っています。マリナーズだと、かなり早い段階で登板の機会が得られそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました