スポンサーリンク

【MLBトレード2020】ブルワーズ、マリナーズからオマール・ナルバエスを獲得!捕手補強へ

MLB移籍/FA情報

ブルワーズ、捕手を補強

 2019シーズンの正捕手、ヤズマニ・グランダールを失ったブルワーズですが(記事リンク)、現地2019年12月5日、捕手補強に動きました。マリナーズの正捕手のオマール・ナルバエス(Omar Narváez)をトレードで獲得しました。

 トレードは1対1でブルワーズからマリナーズにはマイナーの投手が動きます。

トレード詳細

 以下、トレード詳細です。

ブルワーズGet

  • オマール・ナルバエス(Omar Narváez)C/ 27才/ VEN出身

マリナーズGet

  • アダム・ヒル(Adam Hill
    • RHP/ 22才/ 2018年メッツ4巡目指名/ MIL NO.24 Prospects
  • 2020ドラフトのブルワーズのCOMP balance B ラウンドピック 2巡目と3巡目の間
2020ドラフト Competitive Balance Round

Round A(1巡目の後)

31) オリオールズ
32) パイレーツ
33) ロイヤルズ
34) ダイヤモンドバックス
35) パドレス
36) ロッキーズ
37) インディアンス
38) カージナルス

Round B (2巡目の後且つ3巡目の前に)

68) マーリンズ
69) タイガース
70) レイズ
71) ブルワーズ <===71番目がマリナーズへ 
72) レッズ
73) ツインズ

ブルワーズ、サラリーを1/9に

 今回のトレードはヤズマニ・グランダールが抜けたスポットの補強そのもの。オマール・ナルバエスは2020年1月時点でのMLSが3.089で、今オフは調停1年目でした。2019年のサラリーは$0.5812Mでメジャー最低年俸をやや上回った程度でしたが、調停の予測金額は$2.9MでMillionを超える予定です。

 それでもブルワーズからすれば、ヤズマニ・グランダールに払った2019年のサラリー、1年$18.25Mと比較すると約1/9に抑えることができている上に、スタッツでも遜色ない選手を獲得したことになります。

2019年のオマール・ナルバエス

 2019年のオマール・ナルバエスは132試合に出場し、打率.278、OBP .353、SLG.460、HR 22、RBI 55、OPS+120、WAR 2.1という非常に高い数字を残しました。

 これはグランダールの153試合、打率 .246、OBP .380、SLG .468、HR 28、RBI 77、OPS+ 119、WAR 2.5と遜色ない数字。捕手なのでやはり出場試合数は重要な要素ですが、それを差し引いても、特に打率の高さは目をみはるものがあります。

 守備の方ですが、CS%(盗塁阻止率)がリーグ平均の27%に対し、18%とやや低いですが、まだ若いのでここは改善出来ると思います。

ピーニャの出場も増える

 サラリー渋めのブルワーズはグランダールが抜けた穴をマニー・ピーニャ(Manny Piña )と若手で賄うのか?などと考えていたのですが、ナ・リーグ中地区の激しい競争のせいもあって、補強には余念がない状況です。

 ちなみにマニー・ピーニャは2018年のポストシーズンでバリバリにマスクをかぶっていた捕手です。2019年は出場機会がグンと減ってしまいましたが、2020年は増えそうです。

マリナーズの捕手は? 

 心配なのが、正捕手放出のマリナーズです。彼の代わりにマスクをかぶれる選手はいるのか見てみますと、ご覧の選手がマスクをかぶりそうです。

  • トム・マーフィー(Tom Murphy):28才、75試合中、67試合でマスク。
  • オースティン・ノラ(Austin Nola): 29才、79試合中、59試合でマスク。

 おそらくこの2人の争いになると思われます。オースティン・ノラはフィリーズのアーロン・ノラのお兄さんですね。デビューは2019年です。捕手なので高い年齢でのデビューとなりました。

アダム・ヒルとは?

 ブルワーズからマリナーズに移籍するアダム・ヒルはかなりいいファストボールを持っています。マリナーズだと、かなり早い段階で登板の機会が得られそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました