スポンサーリンク

【MLB移籍2019】ドジャース、右打者のA.J.ポロックを獲得!JTR獲得の布石も。さらにハーパーへのドアはシャットダウン

ドジャースが右の強打者ポロックを獲得

現地2019年1月24日、DバックスからFAのA.J.ポロック(A.J. Pollock)がドジャースと合意したことが明らかになりました。

すでにフィジカルもOKとなった模様です。

内容は最大5年

契約は3年終了後にオプトアウトがついていて、以降契約を継続するかどうか、本人が決められます。残留するなら4年5,500万ドル。

5年めはプレーヤー・オプションでポロック側がドジャースに残りたいと権利行使すれば1,000万ドルのサラリーになります。

よって最大で5年6,000万ドル。単純に一年均等にすると年当り1,200万ドル。

バイアウトも入っていて、途中解除の場合は500万ドルがポロック側に支払われます。

昨今では珍しい厚待遇

2018年のサラリーが775万ドルでしたので、このオフでは珍しい年俸大幅アップです。

A.J.ポロックとは?

A.J.ポロックは1987年12月5日生まれで31才になったばかりの外野手。2009年Dバックス1巡目指名の選手です。ノートルダム出身。Dバックスひとすじでした。

デビューは2012年4月。24才の時です。

キャリアハイは2015年

キャリアハイは2015年で、157試合に出場し、192安打。二塁打39、HR 20。RBI76。打率.315、OBP .367、SLG .498。

この年オールスターにも出場。さらにゴールドグラブ賞も受賞。本当にこの年の活躍は素晴らしいの一言でした。

2019年のプロジェクション(予測数字)は打率.252、OBP .316、SLG .452。HR17、RBI 57 、盗塁15。

打撃だけでなく守備がとにかく安定しているので、現場として頼りになる選手です。

足を高く上げてタイミングを取る

MLBでは珍しく、足を高く上げてタイミングを取るタイプの選手。打席内で結構派手に動いているように見えるものの、スローなどを見ると頭の位置が固定されていて、まったく静かな動き。

見た目に騙されてはいけませんね。素晴らしいフォームです。

足の上げ方などを見るとジョシュ・ドナルドソンの打撃フォームに似ていなくもないです。

LADでもCF?

マット・ケンプとヤジエル・プイーグが移籍したドジャースの外野陣。

CFはコディ・ベリンジャー、キケ・ヘルナンデス(=エンリケ・ヘルナンデス。キケはニックネーム)、クリス・テイラーらが守っていましたが、今回のポロックの獲得で、ポロックをCFのメインとして起用するのではないかと思われます。

そうなると、これは例の布石?

ポロック獲得はリアルミュート獲得の布石

今回、右のスラッガーのポロックを獲得した背景にはマーリンズのJ.T.リアルミュート獲得話が最終的な段階まで来ていると考えるのが自然だと思います。

マーリンズが左打者天国のドジャースから、ベリンジャーかピダーソンを欲しがっている噂からしても、どちらかが抜けても遜色ない打線にするには右のスラッガーでしかも守備のいい選手を当てるしかなかった。

(ドジャースの外野陣の打席の左右)

  • ベリンジャー  左
  • キケ・ヘルナンデス 右
  • ピダーソン 左
  • クリス・テイラー 右
  • アンドリュー・トールズ  左
  • アレックス・ベルドゥーゴ  左

ドジャースは他にも内野でマックス・マンシーが左、SSのコーリー・シーガーも左。

よってポロックを獲得した背景は左の強打者が抜ける前提の補充。

すでにラッセル・マーティンを獲得しているドジャースですが、こうなるとサードキャッチャーとしての位置づけになりそうです。

ラッセル・マーティン獲得の時点でリアルミュート争奪戦からドジャースは降りたというようなことを書いてしまいましたが、どうやらそれは誤りになりそうです。すみません。

ドジャース、ハーパー獲得は完全にクローズ

ドジャースがポロックをここまで獲得してこなかったのは、年俸の問題があったと思います。

高騰するのはわかっていたので様子見していたというところでしょう。

年平均1,200万ドルのポロックを獲得したことで、ドジャースは 2019年の贅沢税の基準額の$206Mを超えそうです。

となると見えてくる事実が1つあって、それはドジャースはブライス・ハーパー獲得はなくなったということ。

よって、ハーパーはほぼフィリーズではないか?と筆者は思っております。

どうなりますでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました