スポンサーリンク

【移籍2019】Dバックスがブレイク・スワイハートをDFA!G・ホランドはナッツと契約!

スポンサーリンク

Dバックス、TDL後も動き活発

現地2019年8月12日、Dバックスがまたロスターをアップデートしました。

すでにTDL後のまとめ記事で書かせていただいておりますが、クローザーとして1月に獲得したグレッグ・ホランドを8月7日にDFA、さらに4月にレッドソックスからウェーバーで獲得したブレイク・スワイハートもDFAとしました。

G・ホランドはナッツと契約

グレッグ・ホランド(Greg Holland /33才)は現地2019年8月7日にすでにDFAとなっており、9日にリリース。すでにFAとなっておりました。

現地2019年8月12日、ナショナルズがFAのグレッグ・ホランドとサイン。ゲーム後半のブルペン補強で獲得しております。

なお、ナショナルズは2018シーズンも8月にグレッグ・ホランドを獲得。このときは2018年8月1日にカージナルスをリリースされた状態でした。

2018年のナショナルズでの成績は24試合、2勝0敗3セーブ、ERA 0.84でした。

2019年のDバックスでのグレッグ・ホランドの成績は40試合、1勝2敗、17セーブ、ERA 4.54、35.2イニングで奪三振は41でした。

ホランドのサラリーは$3.25M。60試合登板でプラス$1M、45試合ゲーム締めで$1M。この出来高に関してはナッツとDバックスがどう折半するのかは定かではありませんが、サラリーは残り分をナッツが支払います。

G・ホランド、M・レイノルズのディール 現地2019年1月30日、有名選手のディールが決まっております。 まずはロイヤルズの2...

Dバックス、ブレイク・スワイハートをDFAに

Dバックスは現地2019年8月12日にブレイク・スワイハート(Blake Swihart/27才)もDFAにしました。

ブレイク・スワイハートは4月16日にエッドソックスをDFA、2019年4月19日にトレードでDバックスに移籍しておりました。

レッドソックスがブレイク・スワイハートをDバックスへトレード。その詳細とDFAの意味について書いています。

Dバックスでは31試合、66打数9安打、打率.136、OBP .186、SLG .273、HR 3、RBI 9とかなり苦戦。ポジションはLF、RF、1Bで捕手は守っておりません。

背景にはプロスペクトのジョシュ・ロハス(Josh Rojas)のコールアップが大きかったのではないかと思います。3B登録ですが、外野も守ります。

スワイハートはちょっと厳しいかもしれませんね。もしクレームされなければ、Dバックスのマイナーに残るという手もあります。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク