スポンサーリンク

【MLB2019】スクーター・ジェネットを獲得したジャイアンツ、ジョー・パニックをDFAに(追記あり)

華麗な守備でジャイアンツに貢献

現地2019年8月6日、サンフランシスコ・ジャイアンツは、セカンドベースマンのジョー・パニック(Joe Panik)をDFAとしました。

やはりトレードデッドラインの動きが多いに関係しています。

TDLでスクーター・ジェネットを獲得

去る2019年7月31日、ジャイアンツはレッズからスクーター・ジェネットを獲得。現地2019年8月6日のゲームですが、2Bはすでにジェネットです。

このディールはレッズからジャイアンツにスクーター・ジェネットと金銭が、ジャイアンツからレッズにはPTBNL(Player to be named later)、後日指名の選手が動くという内容でした。

スクーター・ジェネットとは

スクーター・ジェネット(Scooter Gennett)は今季29才の内野手で右投げ左打ち。

2009年ブルワーズ16巡目指名。デビューは2014年のブルワーズ在籍時で、2017年ブルワーズがウェーバーをかけたところをレッズがクレーム。2017年からレッズでプレーしていました。

2018年オールスター出場、2年連続20HR(2017、2018)。2018年は154試合に出場し、181安打、打率.310、OBP .357、SLG .490、OPS .847、二塁打30、HR 23、RBI 92。

なお、2017年は打率.295、HR 27、RBI 97。

通算のプレートアピアランス(打席数)は2,858を数え、経験豊かな選手(現地2019年8月5日時点)。

順調だったスクーター・ジェネットですが、スプリングトレーニング中の現地2019年3月22日、深刻な鼠径部痛(そけいぶつう)に見舞われ開幕アウトに。リハビリを経てようやく復帰したのが現地2019年6月28日でした。

よって、3ヶ月を要したということになります。鼠径部は本当にやっかいです。

現地2019年8月2日にジャイアンツ・デビューを果たしています。

なぜ、名前がスクーター??本名??

スクーター・ジェネットのフルネームはライアン・ジョセフ・ジェネット(Ryan Joseph Gennett)。どうして”Scooter”なのか?

まずMLBの名前は登録名で、これはNPBと同じで一部変えてもいいことになっています。マックス・シャーザーはフルネームがMaxwell M. Scherzerです。NPBの選手がよく下の名前の漢字を変えるようなものですね。あれはもちろん登録名だけを変えています。

彼が5才の時のことです。お母さんがシートベルトを着用しないことのレクチャーを受けに警察署に行きました。これは一度摘発された後の講習を受けるのに彼を一緒に連れて行ったということでしょうね。

その時、彼はなぜか逮捕されると思ったそうです!!そして警察官に名前を聞かれて本名を言うと逮捕されると思った彼がとっさに出したのが「スクーター」。近くにあったスクーターを見たのでしょうね。以来、ニックネームはスクーターでこれを登録名で使用しているとのこと。しっくりきたのでしょう。確かにスピード感を感じる名前です。

かなり前からプレーヤーズ・ウィークエンドをやっていたような感じですね。

そのジェネットがジャイアンツの2B。

さて、ジョー・パニックに戻ります。

ジョー・パニックとは

ジョー・パニックは今季28才のシーズンで、2011年ジャイアンツ1巡目指名の内野手。右投げ左打ち。

2014年、ルーキー・オブ・ザ・イヤー6位、2015年オールスター出場、2016年ゴールドグラブ賞受賞という輝かしい経歴を持っています。

MLB通算6年(2019年込)で打率.271、OBP .334、SLG .383、OPS .717、HR 36、RBI 221。

2017年は138試合に出場し、打席数573で打率.288を記録していたのですが、2018年は108試合、392打席で打率.254に下降。2019年は打率.235へとさらに落ちていました。今季も含めたここ2年に伸びがありませんでした。

スモールベースボールのジャイアンツにとって非常にフィットしていた選手で、ルーキーイヤーの2014年ワールドシリーズGame7のこのグラブトスは非常に印象深かったです。流れを渡さないせめぎ合いの中で生まれたプレーでした。

ジョー・パニックの今後

ジョー・パニックはこれからウェーバーにかかり、おそらくどこかがクレームすると思われます。もしクレームがなかった場合はマイナーへアウトライト(メジャー契約でなくなる)か、本人がそれを拒否した場合はFAとなります。

追記:メッツに決定

現地2019年8月9日、ジョー・パニックはメッツに決まりました。ロビンソン・カノーがハムストリングス痛でIL、ジェド・ラウリーがいまだ復帰せずゆえ、2Bのスポットが空いていました。

また、メッツはジョー・パニック獲得により、元マーリンズSSで実況に数々”Wow”を言わしめたアデイニー・エチェバリアをDFAとしました。厳しいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました