【MLB移籍2013】WSHのマイク・モースがSEAへ。SEAからWSHにはプロスペクトのB・トライネン

良いなと思ったらシェアお願いします

M・モースがSEAへ 三角トレード成立

こんにちは(^^)

アダム・ラローシュの再契約がまとまった時点でポジションがなくなってしまったマイケル・モース(Michael John Morse)が、マリナーズに移籍することになりました!(現地2013年1月16日)

今回のモースのトレードは、ナショナルズ、マリナーズ、アスレチックスの3角トレードとなります。

トレード概要

【ナショナルズ→マリナーズ】

  • マイケル・モース

【マリナーズ→アスレチックス】

  • ジョン・ジェイソ

【アスレチックス→ナショナルズ】

  • A.J. Cole(コール)
  • Blake Treinen(ブレイク・トライネン)

モースは以前マリナーズに

実はモースはマリナーズへ出戻りとなります。ジャック・ズレンシック(Zduriencik)GMは1BかDHでの起用を示唆しています。

マイケル・モースは1982年生まれの右投げ右打ち、30才の内外野を守れる選手。ブルーザー・ブロディを彷彿とさせる素晴らしい筋肉の持ち主ですが、外野(ライト/レフト)、1B、そして実はSSも守れたりするんです。

モースの最終目標がなんと!

モースの最終目標はSSへ戻ること!

2005年マリナーズでメジャー・デビュー、2009年にナショナルズへ移籍しました。キャリア8年でHR(70)、RBI(245)、打率(.295)、OBP(.347)、SLG(.492)、OPS(.839)。

やはりSLGの数字が非常にいいですね!

モースのニックネームは”The Beast”です。

2012 GIBBYs winner: Morse

マイク・モースは儀式のようなルール上の「建前」を演じたことも話題になりました。

他の選手たちのプロフィール

今回のトレードとなった他の選手たちの簡単なプロフィールです。

【A.J.コール】

A.J.コールは、1992年生まれの21才のトップ・プロスペクト。
2010年アマチュアドラフト4巡目(全体116位)でナショナルズから指名されてプロ入り。

2012年アスレチックスのシングルAアドバンスに移り、またナショナルズに戻ってきた形です。

Top Prospects: Cole, OAK

【ブレーク・トライネン】

ブレーク・トレーネンは、1988年生まれの24才の右投手。

2010年アマチュアドラフトで、マーリンズから23巡目(全体707位)で指名を受けるも、大学進学を選択。

2011年にアスレチックスから7巡目(全体226位)で指名され、プロ入りしました。マイナーリーグではシングルAアドバンストが最高で、2年間で8勝8敗2SV。

【ジョン・ジェイソ】

29才と若い捕手で、2012年はマリナーズで108試合に出場し、打率(.276)ホームラン( 10)、打点( 50)。

マリナーズの正捕手、 ヘスス・モンテロのバックアップ捕手の役割が、モンテロ(135試合出場)とほぼ同じゲーム数をこなしています。

マリナーズは今回アスレチックスへ移籍するジェイソの穴を2012年ファーストイヤー・ドラフトで指名されたマイク・ズニーノに任せるプランです。

↓Jaso’s walk-off sacrifice fly(2012年8月18日)

これでナショナルズは待望のプロスペクトの投手を獲得できました。

マリナーズ、モース加入で2013年はどうなるのでしょうか? 楽しみですね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m