スポンサーリンク

【MLB2019】パイレーツ、ジョシュ・ベル、2018年にHR激減も、2019年はタイミング改善でナ・リーグのスラッガーに

2018年の成績を酷評されるも、大進化

パイレーツのジョシュ・ベル(Josh Bell)が好調です。

現地2019年5月25日のドジャース戦はチームは2−7で敗れましたが、ベル自身は4番1Bで4−2。

このゲームを終えた成績は49試合に出場し、185打数63安打、打率.341、OBP .407、SLG .714、OPS 1.120。2塁打17本、3塁打2本、本塁打16本、打点47。

大躍進の2019年

今季のナ・リーグはブルワーズのクリスチャン・イェリッチとドジャースのコディー・ベリンジャーが目立ちすぎて、ジョシュ・ベルの活躍が霞み気味ですが、その2人としっかりと争っております。

【現地2019年5月25日時点のベルの打撃ランキング】

  • HR 16本 : ナ・リーグ4位(1位はイェリッチの20本)
  • 打率 .341 : ナ・リーグ2位(1位はベリンジャーの.391)
  • 打点 47 : ナ・リーグ2位(1日前までは1位。25日終了時点でベリンジャーが48打点で1位)
  • OPS 1.120 :ナ・リーグ3位(1位はベリンジャーの1.240)
  • 三振 46 : ナ・リーグ34位(少ない!)1位はハーパーの70

プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選出

2019年5月19日終了週は、ア・リーグのヴラディーミル・ゲレロ・ジュニアとともにナ・リーグのプレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれました。

打率.407、 OBP .484、 SLG .889、6Runs、 11安打、2塁打 1本、HR 4本、 RBI 10、4BB(5月13日から19日までの成績)。

ジョシュ・ベルとは

あらためてジョシュ・ベルをご紹介しておきますと、1992年8月14日生まれの26才。

2011年パイレーツの2巡目指名の選手です。デビューは2016年7月。

デビューイヤーはRFも守ったことがありますが、今は1B専門です。ア・リーグとの対戦のときはDHを打ちます。

大事なポイントですが、スイッチヒッター。

2017年に26HR

ジョシュ・ベルはデビュー翌年の2017年に159試合に出場し、140安打、打率.255、HR 26、打点 90 を記録。

その長打力が大いに評価されていました。

2018年にパワーを失う

ところが、2018年は148試合に出場し、131安打でHRが12本と激減。

改善ポイントはいくつかありました。

【ジョシュ・ベルの2017/2018打撃比較】

  • 打率向上:.255→.261(↑)
  • 三振減:117→104(↑)
  • OBP向上:.334→.357(↑)
  • 四球増:66→77(↑)

  • HR減:26→12(↓)
  • 打点減:90→62(↓)

当然、SLGも下がった訳で、2018年は確実性は増したものの、パワー部門が明らかに落ちたのでした。

パワーを失ったベルなんて

もともと守備がうまい方ではありません。俊敏とは言えず、フットワークもよくない方。当然足も速くなく、「全般的に守備は褒められたものではない。」これがベルの守りに対する評価でした。

そこに2018年のパワーダウンですから、「長打のないベルの魅力は?」と疑問視する声もあり、今季はほとんど期待されていなかったと言っても過言ではありません。

前評判を覆す活躍

ところが、先述のように2019年は前評判を覆す大活躍。

秘密は足の上げ方

今季の活躍について、ジム・トーミが解説をしています。

早めの始動とスモールステップ

ジム・トーミによると、今季のジョシュ・ベルは始動が早いとの分析です。投手がボールを持った腕を下げたタイミングで足を上げ始めていると。

それに普通は足を高く上げるとステップ幅が大きくなるところをジョシュ・ベルはわずかなステップに抑え、余裕を持ってボールを見ることが出来、パワーのロスがないとの分析をしています。

トーミの分析は左打席だけの解説でした。

左打席の構えはオープンからスクエアに

正直、投手によって変えているときもあるのですが、ベルの左打席での顕著な変化は構えにもあります。2018年は右足を引いてオープンに構えていました。

こちらは2018年7月12日のブルワーズ戦。

素人目に見てもこのような変化があります。

しかし、2019年はスクエアに。

顕著なのは右打席の足の上げ方

よりわかりやすいのは右打席での変化です。

足の上げ方が2018年は左打席のように高く上げていました。

ところが、2019年の右打席はすり足気味に。

右と左で同じフォームにするのではなくて、タイミングが取りやすいように変えているのが今季の成功のポイントではないか?と思います。

イェリッチとベリンジャーが目立ちすぎてますが、ベルの進化は非常に興味深いです。

皆様も機会があればご注目を。

ちなみに左打席の方が得意なようですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました