スポンサーリンク

【MLB2018 8月】J・D・マルチネスは3冠王を獲る可能性大!

MLBプレーヤーの紹介

現地2018年8月28日、レッドソックスがようやく勝ちましたね。4-1と3点をリードしていたのに、8回にマット・バーンズが崩れて5点を奪われたときには4連敗決定かと思いました。最終的に相手のエラーも呼び込んで、辛勝でしたがなんとか勝ちました。

 

【動画】Recap: BOS 8, MIA 7

 

そのレッドソックスの不調の原因はやはりクリス・セールの離脱。クリス・セールが肩の炎症により10日間のDL入りとなったのは15日付け。最後の登板は現地2018年8月12日でした。

 

そして、レッドソックスの今月15日からこのゲーム前の26日までの勝敗はというと、11試合で4勝7敗で大きく負け越し。クリス・セール離脱と符号しているんですね。

 

ネイサン・イオバルディーをよくぞ補強していたなと思います。リック・ポーセロ、デービッド・プライスという大きな柱がいるのは心強いです。ローテーションをしっかり守っていていずれも二桁勝利を上げてますし。ただ、ERAが高いんですよね。ポーセロが4.18、プライスが3.50。ここが踏ん張りどころです。これでは打線がちょっとしんどくなりますね。

 

ヤンキースはこの日もサヨナラ勝ち。調子が上向いています。彼らは9月15日以降に控える6試合もの直接対決での逆転優勝を目論んでいます。レッドソックスはその日までにどれだけ勝ち越せるか。クリス・セールの復帰は9月頭なので、ほんとうにここが踏ん張りどころです。

 

8月のチーム打率は.273で両リーグ通じて2位。シーズン通しては1位で、その破壊力は8月も変わっておりません。

J・Dはトリプル・クラウンを狙える

気づいたことがありました。それはJ・D・マルチネスの成績。これはひょっとしてトリプル・クラウンを狙えるのでは??!!ということでした。

 

J・D・マルチネスは現地2018年8月28日時点で打率(.338)、打点(110)、安打数(162)で1位、HR数が38で2位という成績。

 

J・D・マルチネスの成績 

打率 .338 (MLB 1位

HR 38(AL 2位)

打点 110 (MLB 1位

安打数 162 (MLB 1位

現地2018年8月28日終了時点

 

HR数1位のアスレチックスのクリス・デービス(39本)とは1本差ですので、これは差はないに等しい状況。ともに優勝争いをしているチームなので、ふたりとも伸ばすでしょう。本拠地の差でJ・Dが有利です。フェンウェイはヒッターズ・パークに対し、コロシアムはピッチャー・フレンドリーでHRが出にくい球場です。もしもこれでクリス・デービスが獲得したら、これはかなりの内容のある快挙となるでしょう。

 

打率はチームメイトのムーキー・ベッツと争っている状況。ムーキー・ベッツは現在 .336で2位。

 

まあ、打率はムーキーの方が可能性はあるかもしれませんが、J・D・マルチネスはトリプル・クラウンを獲るかも知れないことをNOTICEさせていただきます。

 

もしも獲った したら、2012年のミゲル・カブレラ(DET)以来の達成となります。このときのミギーの成績は、打率.330, HR 44, 打点 139でした。

 

 

AL MVPの候補に早くも名を連ねているJ・D・マルチネス。期待したいですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
タイトルとURLをコピーしました