スポンサーリンク

【MLB2012】モリーナ兄弟を見分けましょう

モリーナ兄弟

こんばんは。

MLBでは現地時間2012年2月12日からのキャンプインに備え、マリナーズ投手陣が動き出しました。

日本での報道は13日(月)からぼちぼち出てくるかと思います。2012年は岩隈投手が入団しましたので、どの放送局でも多めに報道するのではないでしょうか。

さて、今日もMLB メジャー・リーガーの選手情報をお伝えさせていただきます。

日本のプロ野球でも「田中」姓、「高橋」姓、「佐々木」姓などが多いように、MLB メジャー・リーグでも同姓は結構多いので、やはり混同しがちです。

特に兄弟となると、余計に区別がつきにくく、気を抜いていると、「あれ、移籍したの?」というような錯覚に陥り、特に調べずに放置していると、「あの選手移籍したんだよ!」と、したり顔で大嘘&大恥をかくという事態に陥るので、気を付けてください。

これはシリーズになると思いますので、今日はまず、MLB通の間でもわかりにくいとされる

「モリーナ」兄弟について整理させていただきたいと思います。

ちなみに、モリーナ兄弟は皆、ずんぐりむっくりしていて余計にわかりづらいです。モリーナ兄弟は3人兄弟です。プエルトリコ出身。しかも3人とも捕手であり、3人ともワールド・シリーズのチャンピオン・リングをもっています!

ではいきましょう。

ベンジー・モリーナ

まずは、一番上のお兄さん、

ベンジー・モリーナ

↓↓

実は一番上のお兄さんのベンジー・モリーナ捕手は引退しました。2002年 エンゼルス在籍時代にワールドシリーズチャンピンとなっています。

所属球団は、1998年から2005年までエンゼルス、2006年にブルージェイズ、2007年から2010年途中まではジャイアンツに、そして、2010年途中から2011年までレンジャーズに。

ホセ・モリーナ

二番目のお兄さんは、ホセ・モリーナ

長兄より1つ下で、1975年生まれで2012年で37才です。

2012シーズンはレイズに所属し、2002年は兄とともにエンゼルスで、そして2009年はヤンキースでワールドシリーズチャンピンとなっています。

松井秀喜選手がWSのMVPをとったヤンキースにいたのは2番目のモリーナと覚えれば親近感がでるかもしれません。

所属球団は、1999年はカブス、2001年から2007年途中までエンゼルス、2007年途中から2009年までヤンキース、2010年から2011年はブルージェイズ、そして2012年シーズンはレイズになります。

三番目の弟になります。

ヤディアー・モリーナ

ヤディアー・モリーナ
↓↓

1982年生まれの2012シーズン時点で30才で、カージナルスのバリバリの正捕手です。今では「モリーナ」というと、この三番目のヤディアーのことを指すくらいに有名な選手となりました。カージナルス一筋で、2006年と2011年にワールドシリーズチャンプとなっています。

以上、モリーナ3兄弟についてでした。

まとめ

ずんぐりむっくりな3兄弟はみんな捕手。兄が2011年を最後に引退、真ん中は松井秀喜選手と2009年ヤンキースに所属して2012年の所属先はレイズ、そして、カージナルス所属の三番目のモリーナが今一番旬な選手!

2012にヤンキースにいるモリーナは3兄弟とは違うモリーナで、ホワイトソックスにいるモリーナも3兄弟とは違うモリーナで、彼はピッチャー。

MLBでのモリーナ姓、深いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました