スポンサーリンク

【MLB見える化】メジャー1の俊足選手は??(2016年1月Version)

2015シーズンの韋駄天は

MLB.comの動画コンテンツの中でとても人気の高いのが、「スタットキャスト(Statcast)」 。

ハイテクを駆使し、ボール・パーク内の様々な位置にカメラを据え付け、3D技術を応用して正確な位置、スピードを特定し、べースボールの見える化を図ってくれています。

今回、そのスタットキャストが拾ってくれた真実は、メジャーナンバー1の俊足は誰か?というもの。

オフシーズンならではの企画ですが、これが非常に興味深かったです。

1位はビリー・ハミルトンではなく

筆者はレッズのビリー・ハミルトンが最も速いと思っていたのですが、スタットキャストが割り出したメジャー1の俊足はレンジャーズのデライノ・デシールズ・ジュニア(Delino DeShields)でした。

デリーノ・デシールズとは

お父さんもメジャー・リーガーで、1990年から2002年までプレー。通算463盗塁の記録を持つ名選手でした。

計測方法

計測方法ですが、ちょっと変わっていまして、2015シーズンのプレー中、21mph(時速33.8キロ)以上に達したのが何回あったか、その到達回数の多い選手を一番とするものです。

確かにプレー中の数字を拾うのが、もっとも真実に近いですし、それに横一列にならんで順位を競う機会はないですからね。こうするしか方法はないように思えます。

その結果です。↓

2016 01 18 run

デシールズが21mph(時速33.8キロ)以上でベースを駆け抜けた機会が132回あり、ダントツの1位です。この記録の取り方ではシーズン58盗塁のマーリンズのディー・ゴードンをはるかに上回っています。

デシールズ、ディー・ゴードン、ビリー・ハミルトン、スターリン・マルテ、ホセ・アルトゥーべ、ロレンゾ・ケイン、ジャロッド・ダイソンの順ですね。

 (2015年10月14日)

デシールズ、やっぱり速いです!!

 (2015年9月10日)

また別の指標ではたった44打席で12回も21mphに達したのが、ナショナルズの内野のプロスペクト、トレア・ターナー(Trea Turner)。

彼も速いです。

俊足選手のタイム

ディー・ゴードンのベース1周:14秒3

マイク・トラウトの1・2塁間の盗塁:20.6mph

バイロン・バクストンの3塁打(本塁から3B):11秒3 / トップスピード21.4mph

ジョージ・スプリンガーの2塁からホーム(リードあり):6.89秒/トップスピード:21.4mph

ビリー・ハミルトンのセーフティー・バント、1塁までの到達:3秒05/トップスピード22.3mph

スタットキャスト、いい企画ですね!

Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました