スポンサーリンク

ドジャースのマット・ケンプの成績がスゴイことになっている件

MLBプレーヤーの紹介

こんにちは(^-^)

 

■MLBは開幕から約3週間が経過

 

日本時間4月27日現在で全チームが約20ゲームを消化しました。

 

アメリカン・リーグではダルビッシュ投手のいるレンジャーズが15勝4敗と地区トップはもちろん、リーグでもトップの成績で突っ走っています。

 

一方のナショナル・リーグは、東地区のナショナルズが14勝5敗と大健闘。ストラスバーグの復帰が大きいです。

 

私の応援するフィリーズは、9勝10敗とちょっともたついております。中地区ではカージナルスが12勝7敗と安定した力をキープ。

 

そして、西地区では直近の2試合で連敗したものの、ドジャースが快調に首位を独走。13勝6敗です。

 

■好調ドジャースをけん引するマット・ケンプ

つい2日ほど前までは、レンジャーズを上回る好成績だったドジャース。好調のけん引役はやはり、マットケンプ(Matt Kemp   #27)。

 

現地時間4月26日現在の成績は、

 

AVG(打率).449 【両リーグ通じて1位】

R (得点) 19 【両リーグ通じて2位、ナリーグ1位】

RBI(打点) 23 【両リーグ通じて1位】

HR(本塁打)10 【両リーグ通じて1位】

H (安打) 34 【両リーグ2通じて位、ナリーグ1位】

OBP(出塁率).513 【両リーグ通じて1位】

SLG(長打率).942  【両リーグ通じて1位】

OPS 1.455 【両リーグ通じて1位】

打撃部門リーグ8冠!!両リーグ通じても6冠!!!

なんたるすごさ

 

 

 

しかも、ドジャースは、ケンプと合わせて、イーシア(Andre Ethier  #16)も好調。RBIは両リーグ通じてケンプに次いで2位。

 

 

さらに、エリス(A.J. Ellis   #17)も好調!OBPでリーグ6位です。

 

投手陣は、2011年サイ・ヤング賞のカーショウ(Clayton Kershaw   #22)がいますしね。

 

NBAが大好きなマット・ケンプ。オーナーがマジック・ジョンソンに代わって、テンションが上がったのかもしれませんね(^-^)

 

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました