スポンサーリンク

ドジャースのマット・ケンプの成績がスゴイことになっている件

こんにちは(^-^)

 

■MLBは開幕から約3週間が経過

 

日本時間4月27日現在で全チームが約20ゲームを消化しました。

 

アメリカン・リーグではダルビッシュ投手のいるレンジャーズが15勝4敗と地区トップはもちろん、リーグでもトップの成績で突っ走っています。

 

一方のナショナル・リーグは、東地区のナショナルズが14勝5敗と大健闘。ストラスバーグの復帰が大きいです。

 

私の応援するフィリーズは、9勝10敗とちょっともたついております。中地区ではカージナルスが12勝7敗と安定した力をキープ。

 

そして、西地区では直近の2試合で連敗したものの、ドジャースが快調に首位を独走。13勝6敗です。

 

■好調ドジャースをけん引するマット・ケンプ

つい2日ほど前までは、レンジャーズを上回る好成績だったドジャース。好調のけん引役はやはり、マットケンプ(Matt Kemp   #27)。

 

現地時間4月26日現在の成績は、

 

AVG(打率).449 【両リーグ通じて1位】

R (得点) 19 【両リーグ通じて2位、ナリーグ1位】

RBI(打点) 23 【両リーグ通じて1位】

HR(本塁打)10 【両リーグ通じて1位】

H (安打) 34 【両リーグ2通じて位、ナリーグ1位】

OBP(出塁率).513 【両リーグ通じて1位】

SLG(長打率).942  【両リーグ通じて1位】

OPS 1.455 【両リーグ通じて1位】

打撃部門リーグ8冠!!両リーグ通じても6冠!!!

なんたるすごさ

 

 

 

しかも、ドジャースは、ケンプと合わせて、イーシア(Andre Ethier  #16)も好調。RBIは両リーグ通じてケンプに次いで2位。

 

 

さらに、エリス(A.J. Ellis   #17)も好調!OBPでリーグ6位です。

 

投手陣は、2011年サイ・ヤング賞のカーショウ(Clayton Kershaw   #22)がいますしね。

 

NBAが大好きなマット・ケンプ。オーナーがマジック・ジョンソンに代わって、テンションが上がったのかもしれませんね(^-^)

 

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました