スポンサーリンク

ドジャースのマット・ケンプの成績がスゴイことになっている件

MLBプレーヤーの紹介

こんにちは(^-^)

 

■MLBは開幕から約3週間が経過

 

日本時間4月27日現在で全チームが約20ゲームを消化しました。

 

アメリカン・リーグではダルビッシュ投手のいるレンジャーズが15勝4敗と地区トップはもちろん、リーグでもトップの成績で突っ走っています。

 

一方のナショナル・リーグは、東地区のナショナルズが14勝5敗と大健闘。ストラスバーグの復帰が大きいです。

 

私の応援するフィリーズは、9勝10敗とちょっともたついております。中地区ではカージナルスが12勝7敗と安定した力をキープ。

 

そして、西地区では直近の2試合で連敗したものの、ドジャースが快調に首位を独走。13勝6敗です。

 

■好調ドジャースをけん引するマット・ケンプ

つい2日ほど前までは、レンジャーズを上回る好成績だったドジャース。好調のけん引役はやはり、マットケンプ(Matt Kemp   #27)。

 

現地時間4月26日現在の成績は、

 

AVG(打率).449 【両リーグ通じて1位】

R (得点) 19 【両リーグ通じて2位、ナリーグ1位】

RBI(打点) 23 【両リーグ通じて1位】

HR(本塁打)10 【両リーグ通じて1位】

H (安打) 34 【両リーグ2通じて位、ナリーグ1位】

OBP(出塁率).513 【両リーグ通じて1位】

SLG(長打率).942  【両リーグ通じて1位】

OPS 1.455 【両リーグ通じて1位】

打撃部門リーグ8冠!!両リーグ通じても6冠!!!

なんたるすごさ

 

 

 

しかも、ドジャースは、ケンプと合わせて、イーシア(Andre Ethier  #16)も好調。RBIは両リーグ通じてケンプに次いで2位。

 

 

さらに、エリス(A.J. Ellis   #17)も好調!OBPでリーグ6位です。

 

投手陣は、2011年サイ・ヤング賞のカーショウ(Clayton Kershaw   #22)がいますしね。

 

NBAが大好きなマット・ケンプ。オーナーがマジック・ジョンソンに代わって、テンションが上がったのかもしれませんね(^-^)

 

コメント

NEW

【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
タイトルとURLをコピーしました