スポンサーリンク

【MLB2019】15K/0BBのインディアンス、シェーン・ビーバーと89球シャットアウトのマーリンズのアルカンタラ

スポンサーリンク

似たタイプの右腕2人がシャットアウト

現地2019年5月19日(日)のゲームになすが、2人の投手がナイスピッチングを見せてくれたので記しておきたいと思います。

一人はインディアンスのシェーン・ビーバー。もう一人は今季初記事となるマーリンズの右腕、サンディー・アルカンタラ。

まずはシェーン・ビーバーのピッチングからです。

シェーン・ビーバーが15K、0BB、シャットアウト

まずインディアンスのシェーン・ビーバーですが、現地2019年5月19日のオリオールズ戦でシャットアウト勝利。

9回107球、被安打2、15奪三振、0四球という快投でした。

シェーン・ビーバーとは

シェーン・ビーバーは5月31日で24才になる右腕。2016年インディアンス4巡目指名です。

デビューは2018年5月31日。ちょうど一年前の誕生日でした。

2018年は20試合に登板。うち19試合に先発し、11勝5敗、ERA 4.55。114.2イニングで奪三振は118。

2019年は現地2019年5月19日の登板を入れて、10試合に登板。うち9試合に先発し、3勝2敗、ERA 3.22。

シャットアウトはキャリア初ですし、1試合15奪三振はキャリアハイ。

コンパクトな腕の振りから95mph(152.89kmh)ほどのファストボールを投じます。

球種はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダー、カーブ。スライダーの比率が結構多い、右投手の王道を行くタイプの投手です。

上のツイッターの埋め込みにも記載されていますが、107球で15奪三振というのは2014年にカーショウが記録して以来の少なさ。

さらに23才で15K、0BBシャットアウトを成し遂げたのは1908年からのカウントでも4番めの若さ。

またインディアンスで15K、0BBシャットアウトは1968年7月3日にルイス・ティアントが達成して以来となります。

キャリア2年目。このまま伸びてもらいたいですね。

マーリンズのアルカンタラが89球シャットアウト

現地2019年5月19日はマーリンズのサンディー・アルカンタラSandy Alcantara )もナイスピッチングを披露。

メッツのノア・シンダーガードとの投合となりましたが、9回を被安打2、無失点、奪三振8。

そして球数はなんと89球!

これはいいピッチングでしたね。

サンディー・アルカンタラとは

サンディー・アルカンタラSandy Alcantara)は23才。9月の誕生日で24才になります。シェーン・ビーバーと同じ年ですね。

ドミニカ共和国出身で2013年7月2日にカージナルスと契約。

2017年12月にカージナルスがマーセル・オズーナを獲得したトレードで複数の選手とともにマーリンズへ移籍しました。

なかなか動かなかった2017シーズン後のFA市場ですが、大谷投手の動向が決まったこととウインターミーティング開催が重なり、案の...

デビューは2017年9月。

カージナルスでデビューした2017年はリリーバーとしての起用でしたが、2018年にマーリンズに移籍してからは先発として投げています。

2018年は6試合に先発し、2勝3敗、ERA 3.44。

2019年のここまでの成績は9試合に先発し、2勝4敗、ERA 4.25。

ファストボールが96-98mph、シンカーも同じくらいの球速でチェンジアップ、スライダー、カーブを操ります。

先述したシェーン・ビーバーとよく似たタイプの右腕です。

肩のちからの抜けた美しい投げ方ですね。

いい右腕なので2人とも羽ばたいてもらいたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク