スポンサーリンク

【MLB2019】15K/0BBのインディアンス、シェーン・ビーバーと89球シャットアウトのマーリンズのアルカンタラ

似たタイプの右腕2人がシャットアウト

現地2019年5月19日(日)のゲームになすが、2人の投手がナイスピッチングを見せてくれたので記しておきたいと思います。

一人はインディアンスのシェーン・ビーバー。もう一人は今季初記事となるマーリンズの右腕、サンディー・アルカンタラ。

まずはシェーン・ビーバーのピッチングからです。

シェーン・ビーバーが15K、0BB、シャットアウト

まずインディアンスのシェーン・ビーバーですが、現地2019年5月19日のオリオールズ戦でシャットアウト勝利。

9回107球、被安打2、15奪三振、0四球という快投でした。

シェーン・ビーバーとは

シェーン・ビーバーは5月31日で24才になる右腕。2016年インディアンス4巡目指名です。

デビューは2018年5月31日。ちょうど一年前の誕生日でした。

2018年は20試合に登板。うち19試合に先発し、11勝5敗、ERA 4.55。114.2イニングで奪三振は118。

2019年は現地2019年5月19日の登板を入れて、10試合に登板。うち9試合に先発し、3勝2敗、ERA 3.22。

シャットアウトはキャリア初ですし、1試合15奪三振はキャリアハイ。

コンパクトな腕の振りから95mph(152.89kmh)ほどのファストボールを投じます。

球種はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダー、カーブ。スライダーの比率が結構多い、右投手の王道を行くタイプの投手です。

上のツイッターの埋め込みにも記載されていますが、107球で15奪三振というのは2014年にカーショウが記録して以来の少なさ。

さらに23才で15K、0BBシャットアウトを成し遂げたのは1908年からのカウントでも4番めの若さ。

またインディアンスで15K、0BBシャットアウトは1968年7月3日にルイス・ティアントが達成して以来となります。

キャリア2年目。このまま伸びてもらいたいですね。

マーリンズのアルカンタラが89球シャットアウト

現地2019年5月19日はマーリンズのサンディー・アルカンタラSandy Alcantara )もナイスピッチングを披露。

メッツのノア・シンダーガードとの投合となりましたが、9回を被安打2、無失点、奪三振8。

そして球数はなんと89球!

これはいいピッチングでしたね。

サンディー・アルカンタラとは

サンディー・アルカンタラSandy Alcantara)は23才。9月の誕生日で24才になります。シェーン・ビーバーと同じ年ですね。

ドミニカ共和国出身で2013年7月2日にカージナルスと契約。

2017年12月にカージナルスがマーセル・オズーナを獲得したトレードで複数の選手とともにマーリンズへ移籍しました。

デビューは2017年9月。

カージナルスでデビューした2017年はリリーバーとしての起用でしたが、2018年にマーリンズに移籍してからは先発として投げています。

2018年は6試合に先発し、2勝3敗、ERA 3.44。

2019年のここまでの成績は9試合に先発し、2勝4敗、ERA 4.25。

ファストボールが96-98mph、シンカーも同じくらいの球速でチェンジアップ、スライダー、カーブを操ります。

先述したシェーン・ビーバーとよく似たタイプの右腕です。

肩のちからの抜けた美しい投げ方ですね。

いい右腕なので2人とも羽ばたいてもらいたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました