スポンサーリンク

【MLB2019】レイズ、チャズ・ロー、ヤンキース戦でナスティーなブレイキング・ボールを披露

ゲイリー・サンチェスでさえ驚く変化

現地2019年7月6日、ア・リーグ東地区はオールスター前に首位攻防3連戦が開かれています。

ゲームの1シーンのみにフォーカスしますと、レイズのブルペンで今季39試合に登板しているチャズ・ロー(Chaz Roe)がすごいブレイキング・ボールを投げていたのでピックアップしたいと思います。

ヤンキース正捕手のゲイリー・サンチェスでさえ打席で驚く動きをしています。

チャズのローのブレイキング・ボール

チャズ・ローは2番手として登板。先発のブレイク・スネルが5回を1失点に抑えたゲームを引き継ぎました。

ヤンキース先発のC.C.サバシアも5回までは1失点。

1−1の同点の場面でマウンドに上がったチャズ・ローでした。

その先頭打者のゲイリー・サンチェスに投げた3−2からの最後のボールがブレイキング・ボール。

スライダーのようでもあり、カーブのようでもあり、驚くベき変化です。

もともと変化球に定評

チャズ・ローの変化球はかなり前から注目されていました。

下記は2018年3月のスプリング・トレーニングのフィリーズ戦での投球です。

かなりえげつない曲がり方をしています。

チャズ・ローとは

2019: 0-3, 5.47 ERA, 33 SO,Career: 8-8, 4.04 ERA, 202 SO, P, Rays/Orioles/... 2013-2019, t:R, born in OH 1986

チャズ・ローは1986年10月9日生まれの32才。2005年ロッキーズの1巡目指名です。

デビューは2013年、Dバックス時代で26才のときでした。現地2019年7月6日時点でMLB7年、201試合に登板し、8勝8敗1セーブ、ERA 4.04。ブルペンとして活躍しています。

なお、現地2019年7月6日のゲームはレイズがトラビス・ダーノーのサヨナラHRで4-3でヤンキースに勝利しています。

レイズは51勝目でヤンキースはすでに57勝。ゲーム差は7.5も開いていますが、粘り強くついていくというところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク