スポンサーリンク

【MLB Pre-2019】ダグ・フィスターが引退を表明!バーランダー、シャーザーとともにタイガースの黄金時代を支えた右腕

ダグ・フィスターが引退へ

現地2019年2月13日、タイガースの黄金時代を支えたスターター、ダグ・フィスター(Doug Fister )が引退を表明しました。

とても残念です。

MLB通算10年

ダグ・フィスターは2月4日に35才になったばかりの右腕。MLB通算10年で83勝92敗、ERA 3.72。まだまだやれる!と信じたかったのですが、引退という決断に至ってしまいました。

所属してきたクラブ

ダグ・フィスターは2006年アマチュアドラフトでマリナーズ7巡目指名を受けプロ入り。デビューは2009年、25才の時でした。

マリナーズで2年半プレーし、2011年のトレードデッドラインでタイガースに移籍しました。

タイガースには2011年8月から2013シーズンまで2年半在籍。

2013年オフのFA後、ナショナルズで2シーズン(2014-2015)、アストロズで1シーズン(2016)、エンゼルス、レッドソックス、レンジャーズという流れでした。

ダグ・フィスターにとって、2017年は鬼門の年とも言えるシーズンで、そもそもエンゼルスと合意に至ったのはシーズン開幕後の5月20日。しかも在籍したのは約1ヶ月ほどで、6月にDFAに。

ウェーバーにかかってレッドソックスがすぐに落札し、残り4ヶ月を最後まで過ごし、おまけにポストシーズンで投げることもできました。

2018年のレンジャーズではフルシーズン在籍しましたが、思うような成績が残せず、引退に至りました。

ダグ・フィスターのスタッツ

ダグ・フィスターは背が高く(203cm)、いわゆる長身投手にありがちな、角度はあるけれども、飛び抜けたファストボールがないタイプ。

しかし、フォーム自体は非常にきれいで、折りたたんで投げるようなモーションではなく、若い頃は伸びしろを感じさせる投手でもありました。やはりファストボールに数字以上の強さを感じさせたからだと思います。

ファストボールは90マイル前後

球種は90マイル(144.8キロ)前後のファストボール、これは4シームとシンカーですが、ほとんどがシンカーです。それと80マイル(128キロ)前後のチェンジアップ、73マイル(117.4キロ)ほどのカーブ、85マイル(136.7キロ)スライダー。

前後左右に抜いていくボールを得意としておりました。

マリナーズ時代はマイナー感が漂っており、どちらかというと3点は覚悟しないといけない投手の雰囲気がありました。実際、マリナーズ時代のERAはそのとおりの数字が出ております。

しかし、2011年7月末にタイガースに移ってからは、印象ががらりと変わりました。2013年までのタイガースでの2年半は頼もしいという言葉以外にない活躍を見せてくれました。

これはやはりモデリングとすべき偉大な投手が周囲に何人もいたというのが大きかったのではないかと推測します。

キャリアスタッツです↓。

YearAgeTmWLERAIPWHIP
200925SEA344.1361.01.279
201026SEA6144.11171.01.281
201127TOT11132.83216.11.063
201127SEA3123.33146.01.171
201127DET811.7970.10.839
201228DET10103.45161.21.194
201329DET1493.67208.21.308
201430WSN1662.41164.01.079
201531WSN574.19103.01.398
201632HOU12134.64180.11.425
201733BOS594.8890.11.384
201834TEX174.5066.01.394
10 Y10 Y10 Y83923.721422.11.257

タイガースからナショナルズに移籍後も1年目はクオリティー・スタートの日が多く、キャリアハイの16勝を計上。

2016年のアストロズ時代もまあまあの活躍見せたものの、2017年のエンゼルスとレッドソックス、2018年のレンジャーズでは球速の低下により、変化球が生きず、負けが混んでしまいました。

Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/14/2019.

Doug Fister Stats | Baseball-Reference.com
Career: 83-92, 3.72 ERA, 970 SO, P, Tigers/Mariners/... 2009-2018, t:R, born in CA 1984, Dougie

タイガース黄金時代のローテーション投手

ダグ・フィスターがタイガースに在籍した2011年から2013年はまさにタイガースの黄金時代でした。

タイガースは2011年から2014年まで4年連続でポストシーズンに進出。この間、ワールドシリーズ制覇はならなかったものの、まさにア・リーグの中心としてその強さを誇っておりました。

なんと言っても打線は2012年にトリプルクラウンに輝いたミゲル・カブレラを中心に非常に強力。

そしてスターター陣はご覧の通りの非常に豪華な布陣。

201120122013
・バーランダー
・シャーザー
・ポーセロ
・B・ペニー
・フィスター
・バーランダー
・シャーザー
・ポーセロ
・フィスター
・D・スマイリー
・A・サンチェス
・バーランダー
・シャーザー
・フィスター
・A・サンチェス
・ポーセロ

この間、タイガースがワールドシリーズ制覇を成し遂げられなかったのは、ブルペン、特にクローザーが弱かったという点が上げられます。

当時のタイガースのGMはドンブロウスキさん。現レッドソックスのベースボール・オペレーションの社長です。ドンブロウスキさんは、この時の教訓を活かしてか、レッドソックスではブルペンを強化。見事に2018年ワールドシリーズチャンプに輝いたのでした。

タイガース時代のフィスターの活躍は秀逸でした。

2012年に9者連続K、AL記録を樹立

ダグ・フィスターは2012年9月27日のロイヤルズ戦で5回から7回まで3人ずつ9者連続奪三振のア・リーグ・レコードを樹立!この時の投球は圧巻でした。

2013年レッドソックスとのALCS Game4

結果的にレッドソックスがWSチャンプとなった2013ポストシーズンですが、ALCSではタイガースと対戦。

このALCSはレッドソックスにとっても非常に厳しい戦いが続きました。このシリーズは接戦に次ぐ接戦でGame3まではいずれも1点差ゲーム。

レッドソックスの2勝1敗で迎えたGame4でマウンドに上がったのがダグ・フィスターでした。ここで敗れるとレッドソックスに王手がかかるという大事なマウンド。

ダグ・フィスターは6回まで登板し、レッドソックス打線に被安打8を許しながらも1失点に抑え見事にゲームメイク。

この投球が味方打線に流れを呼び込み、チームも7−3のスコアで勝利し、レッドソックスに王手をかけられるのを防いだのでした。

2013 ALCS - Boston Red Sox over Detroit Tigers (4-2) | Baseball-Reference.com
2013 ALCS - Boston Red Sox over Detroit Tigers (4-2) series statistics and schedule.

肝心な時に頼りになっていたフィスター

タイガース時代のダグ・フィスターは本当に肝心な時にいい仕事をし、秀逸な活躍を見せてくれていました。

筆者の中でのダグ・フィスターはこの頃のイメージが強かったです。ダグ・フィスター=肝心な時に頼りになる投手。

16勝を上げたナッツ時代

ナショナルズ1年目はキャリアハイの16勝を上げました。2014シーズンの動画もご覧ください。決め球がいいです!この動画は公式サイトの動画ではないので、音楽が流れます。

2017年、レッドソックス時代にALDS Game3で登板。

レッドソックスがアストロズに2連敗し、このゲームに敗れれば王手をかけられてしまう肝心なゲームでした。ここでダグ・フィスターが登板すればレッドソックスは盛り返す!そう信じていたのですが、この時にはもうタイガース在籍時のような神通力がありませんでした。

2017 American League Division Series (ALDS) Game 3, Houston Astros at Boston Red Sox, October 8, 2017 | Baseball-Reference.com
Boston Red Sox beat Houston Astros (10-3). Oct 8, 2017, Attendance: 38010, Time of Game: 3:38. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by...

変幻自在の投球を見せてくれたダグ・フィスター。ファストボールが走らなければ引退も致し方ないですが、もう少し見たかったです。本当に残念です。

ダグ・フィスター、MLBを面白くしてくれてありがとう!

2012年、2013年の景気が悪かった時代に強い勇姿を見せてくれて本当に感謝。

個人的にもいろいろと苦しかったこの頃、MLBを見ることが唯一の楽しみでした。厳しかったこの頃、筆者に光明を与えてくれた大恩人です。

残り人生を素晴らしいものにしてください!ありがとう!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました