スポンサーリンク

【MLB Pre-2019】菊池投手がカクタスデビュー戦でナスティーなカーブを披露!トゥロがストローマンからHR

スプリングトレーニング初登場

スプリングトレーニングのゲームが始まり、腕試しとばかりジャスティン・バーランダーやジェイコブ・デグロムなど各クラブのエースや4番がすでに登場しています。

そんな中、現地2019年2月25日、期待の新戦力が登場しましたので記しておきたいと思います。

マリナーズ菊池投手が2回2失点(自責点0)

マリナーズの菊池投手がいよいよ実戦のマウンドに上がりました。

対戦相手のレッズ

レッズのスターターです。2番に強打者の布陣でジョーイ・ボットを入れてきました。3番に新戦力のプイーグ、4番にスアレス、先発投手はこちらも新戦力のアレックス・ウッド。

CFにはビリー・ハミルトンではなく、トッププロスペクト・ランクのPre-2019で10位のニック・センゼル、2Bにはスクーター・ジェネットではなく、ブレイク・トラハン(2018年にデビュー済み)を起用しています。

かなりいいメンバーで臨んでおります。

マリナーズのスタメン

両チームが載っておりますが、マリナーズはご覧のメンバー。

CFにはソニー・グレイとのトレードでヤンキースから一旦はレッズに移籍となり、すぐにマリナーズへ移籍となったシェド・ロングが出ています。

SSにはオリオールズから移籍してきたティム・ベッカムが入っています。

そしてエンカーナシオンとドミンゴ・サンタナですね。



対戦ログ

菊地投手のこの日の対戦ログを記しておきたいと思います。

1回表
  • センゼル:RFライナー
  • ボット:カーブで空振り三振
  • プイーグ:1塁線への強いゴロ(ナイスカバー)
2回表
  • スアレス:四球
  • オキー: センター前に抜けそうなコースをティム・ベッカムがうまく抑えるも2Bへのトスが出来ず、1Bへ投げるも間に合わずフィルース・チョイス
  • ファーマー:センター前タイムリー
  • アービン:5-4-3のダブルプレー
  • パターソン:SSゴロ

菊池投手の初戦は2回を被安打1、失点2、自責点0、与四球1、奪三振1の投球。

SSのティム・ベッカムがちょっともたつきましたね。

期待の持てる初登板

変化球に苦労してもっと四球が多くなるのかと思っていましたが、初登板としてはかなり良いスタートを切ったのではないでしょうか?

上の動画を拝見すると、まだカーブで抜け球があったりしますが、2月でこれだけ馴染んでいれば日本開幕での登板もあるかもしれませんね。

アレックス・ウッドは3失点

なお、レッズ先発のアレックス・ウッドは1回を被安打2、失点3、被本塁打1という内容で、エンカーナシオンにタイムリー・ダブルを、ドミンゴ・サンタナに2ランHRを打たれております。

ゲームスコア
Reds 3, Mariners 11 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Reds vs. Mariners at Peoria Stadium

マリナーズはエンカーナシオンを使ってきました。まだトレードの噂が消えたわけではありませんが、エンカーナシオンを置いておかないと得点力が落ちているのでピッチャーは腕を振れないんじゃないかと思います。

このまま開幕を迎えてもらいたいですね。

日本開幕戦に行く方はエンカーナシオンも見られるなんて羨ましい!(移籍とか怪我などがない場合は)

トゥロウィツキーがNYY初戦でHR

もうひとり、よい結果を出した選手がいるので記しておきます。

ヤンキースのトロイ・トゥロウィツキーがブルージェイズとのグレープフルーツ・リーグのゲームでHRを放ちました。

1番先発SSとして起用されたトゥロウィツキーは、1回裏の初打席でいきなり結果を出しました。

対戦投手はブルージェイズの開幕投手候補のマーカス・ストローマン。

ジーター好きが見て取れる

ジーターに憧れていたトゥロウィツキーは、なんとなくその面影を感じさせますね。

背番号も12でジーターの2番に寄せているというのもあるでしょうが、このまま故障なく進んでもらいたいものです。

ブルージェイズは今季、トゥロウィツキーを抑えないと給料を払いながら打たれるという切ない状況が続きますので、工夫を試みて欲しいものです。

パクストンも登場

このゲームのヤンキース先発はジェームス・パクストン。

与四球2が出ましたが、無安打、無失点のナイスピッチングを披露しています。

【動画】Paxton’s 1st K with Yankees

パクストンはやはり速いですね。

ゲームスコア
Blue Jays 0, Yankees 3 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Blue Jays vs. Yankees at George M. Steinbrenner Field

2019年のBOS-NYY

もうわかっていることですが、今季のヤンキースは相当強いです。

2年連続のWS制覇を狙うレッドソックスとの対戦はかなり盛り上がりそうです。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました