【カージナルス2018】ジョーダン・ヒックスが103.1マイルを計測

現地2018年8月22日、カージナルス@ドジャース戦で、ルーキーのジョーダン・ヒックスJordan Hicks #49)がゲーム最終回に登板。100マイル連発で、ドジャース打線を圧倒しました!

9回裏のマウンドに上ったジョーダン・ヒックスは、コーディ・ベリンジャー、ブライアン・ドージャー、クリス・テイラーというドジャースの中核を相手にしたのですが、3者連続三振という完璧なクロージングを見せてくれました。

いずれも見逃し三振。もうファストボールが来るというのがまるわかりなフォームなのですが、それをも上回る球速。えげつないです。

ジョーダン・ヒックスがこの1イニングで投じたのは11球。このうち100マイル超えが9球!もう速いボールはすべて100マイル超えです。ちなみに100マイルに到達しなかった残り2球の球種は80マイル後半のスライダー。

最速はクリス・テイラーの初球に投げた103.1mph (165.92 km/h)。ちなみにヒックスのファストボールの球種はシンカーです。今回の100マイル超えの9球のうち、8球がシンカー。4シームは1球だけでした。

ルーキーが活躍!

ジョーダン・ヒックス登板までの流れを簡単にご説明しますと、まず、このゲームはルーキーが非常に目立ちました。

先発ですが、カージナルスがジャック・フラハーティJack Flaherty #32)。22才の右腕でデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータスです。ここまで7勝6敗。

一方のドジャースは24才のウォーカー・ビューラーWalker Buehler #21)。この人もデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータス。ここまで6勝4敗。投げ方が非常にかっこいいですね。大阪桐蔭のアメリカ版のようなバンダービルト大学出身です。

互いを意識してか、両先発は非常によかったです。ジャック・フラハーティは6回を被安打1、失点1、奪三振10。1点はジョク・ピダーソンに打たれたソロHRによる失点。ウォーカー・ビューラーは7回、被安打3、無失点、奪三振9。

ナイス・ゲームメイクで、ドジャース1点リードの終盤8回、カージナルスは代打で出てきたタイラー・オニールTyler O’Neill #41)がソロHRを放ち同点!このタイラー・オニールも今季ルーキー・ステータスです。

さらに、カージナルスは9回表、昨季からSSを張っているポール・デユングPaul DeJong #12)が2ランHRを放って勝ち越し! このようにしてジョーダン・ヒックスへつないだのでした!なお、ポール・デユングは2017年の時点でルーキー・ステータスを超えています。

ゲームのリキャップです↓。

【動画】Recap: STL 3, LAD 1

なお、カージナルスのクローザーですが、今季はあくまでバド・ノリスBud Norris #26)です。成績は54試合、3勝3敗、26SV、ERA 2.96でしっかりと後ろを守っています。ジョーダン・ヒックスは今日のようにクローザーを務める日もありますが、メインはセットアップ。ヒックスのここまでの成績は59試合、3勝3敗、5 SV、ERA 3.03。

このシリーズ、”カージナルスがドジャースをスイープ!”ということになりました。

ドジャースはケンリー・ジャンセンが打たれたのですが、不整脈の病み上がりでちょっと本調子ではないですね。また、カージナルスは、マイク・シールド監督が代行を務めてから24勝11敗と好調です。

こんにちは。暑い日が続きますね。 豪雨災害の被害地域の方々にとっては厳しい日が続いていますが、どうか水分補給はじめ、お体には十...
2018年プレシーズンの1月下旬に発表されたトップ・プロスペクト100に関する記事です。大谷選手が1位にランク。その他の有望選手の情報も。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク