スポンサーリンク

【カージナルス2018】ジョーダン・ヒックスが103.1マイルを計測

MLB100マイル超え投手(2018)

ジョーダン・ヒックス

2018年8月22日LAD戦

現地2018年8月22日、カージナルス@ドジャース戦で、ルーキーのジョーダン・ヒックスJordan Hicks #49)がゲーム最終回に登板。100マイル連発で、ドジャース打線を圧倒しました!

 

9回裏のマウンドに上ったジョーダン・ヒックスは、コーディ・ベリンジャー、ブライアン・ドージャー、クリス・テイラーというドジャースの中核を相手にしたのですが、3者連続三振という完璧なクロージングを見せてくれました。

動画

いずれも見逃し三振。もうファストボールが来るというのがまるわかりなフォームなのですが、それをも上回る球速。えげつないです。

 

 

ジョーダン・ヒックスがこの1イニングで投じたのは11球。このうち100マイル超えが9球!もう速いボールはすべて100マイル超えです。ちなみに100マイルに到達しなかった残り2球の球種は80マイル後半のスライダー。

最速103.1mph

最速はクリス・テイラーの初球に投げた103.1mph (165.92 km/h)。ちなみにヒックスのファストボールの球種はシンカーです。今回の100マイル超えの9球のうち、8球がシンカー。4シームは1球だけでした。

2018他のルーキー!

ジョーダン・ヒックス登板までの流れを簡単にご説明しますと、まず、このゲームはルーキーが非常に目立ちました。

ジャック・フラハーティ

先発ですが、カージナルスがジャック・フラハーティJack Flaherty #32)。22才の右腕でデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータスです。ここまで7勝6敗。

ウォーカー・ビューラー

一方のドジャースは24才のウォーカー・ビューラーWalker Buehler #21)。この人もデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータス。ここまで6勝4敗。投げ方が非常にかっこいいですね。大阪桐蔭のアメリカ版のようなバンダービルト大学出身です。

 

互いを意識してか、両先発は非常によかったです。ジャック・フラハーティは6回を被安打1、失点1、奪三振10。1点はジョク・ピダーソンに打たれたソロHRによる失点。ウォーカー・ビューラーは7回、被安打3、無失点、奪三振9。

タイラー・オニール

ナイス・ゲームメイクで、ドジャース1点リードの終盤8回、カージナルスは代打で出てきたタイラー・オニールTyler O’Neill #41)がソロHRを放ち同点!このタイラー・オニールも今季ルーキー・ステータスです。

ポール・デユング

さらに、カージナルスは9回表、昨季からSSを張っているポール・デユングPaul DeJong #12)が2ランHRを放って勝ち越し! このようにしてジョーダン・ヒックスへつないだのでした!なお、ポール・デユングは2017年の時点でルーキー・ステータスを超えています。

 

 

ゲームのリキャップです↓。

【動画】Recap: STL 3, LAD 1

2018STLクローザー

なお、カージナルスのクローザーですが、今季はあくまでバド・ノリスBud Norris #26)です。成績は54試合、3勝3敗、26SV、ERA 2.96でしっかりと後ろを守っています。ジョーダン・ヒックスは今日のようにクローザーを務める日もありますが、メインはセットアップ。ヒックスのここまでの成績は59試合、3勝3敗、5 SV、ERA 3.03。

このシリーズ、”カージナルスがドジャースをスイープ!”ということになりました。

ドジャースはケンリー・ジャンセンが打たれたのですが、不整脈の病み上がりでちょっと本調子ではないですね。また、カージナルスは、マイク・シールド監督が代行を務めてから24勝11敗と好調です。

【2018】カージナルスがマシーニ監督を解雇。引き金は今どきの問題?
こんにちは。暑い日が続きますね。本日のMLBはオールスター前の最後の追い込みで、各カードとも盛り上がっています。ア・リーグ...
【MLBプロスペクト2018】トップ・プロスペクト100の1位に大谷投手!
現地2018年1月27日、楽しみにしていた恒例のトッププロスペクト・ランキング100の発表が行われ、今季からエンゼルスでプレーする大谷投手が...

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました