スポンサーリンク

【カージナルス2018】ジョーダン・ヒックスが103.1マイルを計測

MLB100マイル超え投手(2018)

ジョーダン・ヒックス

2018年8月22日LAD戦

現地2018年8月22日、カージナルス@ドジャース戦で、ルーキーのジョーダン・ヒックスJordan Hicks #49)がゲーム最終回に登板。100マイル連発で、ドジャース打線を圧倒しました!

 

9回裏のマウンドに上ったジョーダン・ヒックスは、コーディ・ベリンジャー、ブライアン・ドージャー、クリス・テイラーというドジャースの中核を相手にしたのですが、3者連続三振という完璧なクロージングを見せてくれました。

動画

いずれも見逃し三振。もうファストボールが来るというのがまるわかりなフォームなのですが、それをも上回る球速。えげつないです。

 

 

ジョーダン・ヒックスがこの1イニングで投じたのは11球。このうち100マイル超えが9球!もう速いボールはすべて100マイル超えです。ちなみに100マイルに到達しなかった残り2球の球種は80マイル後半のスライダー。

最速103.1mph

最速はクリス・テイラーの初球に投げた103.1mph (165.92 km/h)。ちなみにヒックスのファストボールの球種はシンカーです。今回の100マイル超えの9球のうち、8球がシンカー。4シームは1球だけでした。

2018他のルーキー!

ジョーダン・ヒックス登板までの流れを簡単にご説明しますと、まず、このゲームはルーキーが非常に目立ちました。

ジャック・フラハーティ

先発ですが、カージナルスがジャック・フラハーティJack Flaherty #32)。22才の右腕でデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータスです。ここまで7勝6敗。

ウォーカー・ビューラー

一方のドジャースは24才のウォーカー・ビューラーWalker Buehler #21)。この人もデビューは2017年9月ですが、今季はまだルーキー・ステータス。ここまで6勝4敗。投げ方が非常にかっこいいですね。大阪桐蔭のアメリカ版のようなバンダービルト大学出身です。

 

互いを意識してか、両先発は非常によかったです。ジャック・フラハーティは6回を被安打1、失点1、奪三振10。1点はジョク・ピダーソンに打たれたソロHRによる失点。ウォーカー・ビューラーは7回、被安打3、無失点、奪三振9。

タイラー・オニール

ナイス・ゲームメイクで、ドジャース1点リードの終盤8回、カージナルスは代打で出てきたタイラー・オニールTyler O’Neill #41)がソロHRを放ち同点!このタイラー・オニールも今季ルーキー・ステータスです。

ポール・デユング

さらに、カージナルスは9回表、昨季からSSを張っているポール・デユングPaul DeJong #12)が2ランHRを放って勝ち越し! このようにしてジョーダン・ヒックスへつないだのでした!なお、ポール・デユングは2017年の時点でルーキー・ステータスを超えています。

 

 

ゲームのリキャップです↓。

【動画】Recap: STL 3, LAD 1

2018STLクローザー

なお、カージナルスのクローザーですが、今季はあくまでバド・ノリスBud Norris #26)です。成績は54試合、3勝3敗、26SV、ERA 2.96でしっかりと後ろを守っています。ジョーダン・ヒックスは今日のようにクローザーを務める日もありますが、メインはセットアップ。ヒックスのここまでの成績は59試合、3勝3敗、5 SV、ERA 3.03。

このシリーズ、”カージナルスがドジャースをスイープ!”ということになりました。

ドジャースはケンリー・ジャンセンが打たれたのですが、不整脈の病み上がりでちょっと本調子ではないですね。また、カージナルスは、マイク・シールド監督が代行を務めてから24勝11敗と好調です。

【2018】カージナルスがマシーニ監督を解雇。引き金は今どきの問題?
こんにちは。暑い日が続きますね。本日のMLBはオールスター前の最後の追い込みで、各カードとも盛り上がっています。ア・リーグ...
【MLBプロスペクト2018】トップ・プロスペクト100の1位に大谷投手!
大谷投手がトッププロスペクト1位 現地2018年1月27日、楽しみにしていた恒例のトッププロスペクト・ランキング100の発表が行わ...

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました