スポンサーリンク

【Funny2018】フェリックスとベルトレ 

高いレベルで競い合っているMLBですが、もはや名物となっているライバル対決があります。

それがマリナーズのフェリックス・ヘルナンデスとレンジャーズのエイドリアン・ベルトレの二人。

この2人のもはやコンビ芸的な面白いシーンがあったので記事にしたいと思います。

その他、シーズン後半なので話題が盛りだくさんなので、現地2018年8月7日の出来事として、大谷選手のHRの話題と注目のアスレチックスVSドジャース戦も記事にしたためております。

まずはフェリックスとベルトレから。

フェリックスとベルトレ

現地2018年8月7日のマリナーズ@レンジャーズ戦でも出ました。2回裏、先頭のエイドリアン・ベルトレがフェリックス・ヘルナンデスの抜けたカーブに三振したシーンです。

Tvuít / Twitter

互いを尊敬しあっているからこそ出る嘲(あざけ)り合い。「何だよ、そのスイングは?」と言わんばかりのフェリックスの本気の笑いがなかなかいいです。

2人の関係

この二人、もちろんエイドリアン・ベルトレの方が年上です。ベルトレは1979年4月7日生まれの39才、フェリックスは1986年4月8日の32才。出身国はベルトレがドミニカ共和国で、フェリックスがベネズエラ。

仲がよいのは2005年から2009年の4年間、ベルトレがマリナーズにいたことから近しい間柄になったようです。

マリナーズ時代のベルトレ

エイドリアン・ベルトレは2004年(当時ドジャース)に48HRを放ち、その年、シルバースラッガー賞を受賞。2005年、FAで鳴り物入りでマリナーズに移籍してきました。

ベルトレがSEAにいる時代のフェリックス

そしてフェリックス・ヘルナンデスがルーキー・イヤーを迎えたのは2005年。ベルトレのマリナーズでのラスト・イヤーとなった2009年には19勝5敗を上げ、一躍メジャー屈指の右腕となったのでした。

ちなみに、フェリックスは翌年の2010年、13勝12敗ながら、34試合、249.0イニング、ERA 2.27、完投6、うち完封1の内容の良さが認められ、サイ・ヤング賞を受賞しています。地区最下位のチームからの選出です。

フェリックスは通算168勝123敗(現地2018年8月7日時点)ですが、強いチームにいればもっと勝ち星がついていますね。

2人のおもしろ動画

そんな二人のここ数年のファニー・モーメントを集めた動画がありました。ベルトレのいい兄貴ぶりがよくわかります。

 

この日のゲームですが、味方の援護でいい立ち上がりを見せたフェリックスでしたが、中盤に逆転を許し、負け投手に。11−4でレンジャーズが勝利しました。

フェリックスの勤続疲労

2008年から8年連続で200イニングを投げてきた鉄腕も2017年(6勝5敗、86.2イニング)からちょっと長年の疲れが出てきているように思います。今季はここまでローテーションを守っているものの、この敗戦で8勝10敗。技術を駆使して長く登板してもらいたいものです。

さて、このゲームですがおめでたいことが1つありました。

バートロ・コロンが246勝目。ラテン・アメリカ出身の投手で勝利数最高となっています。

現地2018年8月7日は他にも話題がありました。

大谷選手が逆転の3ランHR

大谷選手が素晴らしい当たりのHRを放っております。しかも逆方向です。

地元でのタイガース戦に3番DHで出場。初回の守りで2点を先制された直後の逆転3ランHRです。タイガースのピッチャーはジェイコブ・ターナー

エンゼルスは大谷選手のこのHRを口火に初回に7点をあげ、ゲームを優位にすすめ、11−5で勝利しました。

エンゼルスは連勝(57勝目)。地味にではありますが、3位マリナーズ(65勝)に迫っております。

ア・リーグ西地区の話しを書きましたので、ついでに前日の記事で書いたアスレチックスの話題も。

A’s 、ドジャースとの初戦に惜敗!

ア・リーグ2位のアスレチックスですが(67勝)、現地2018年8月7日から地元にドジャースを迎えてのインターリーグが始まっています。

ドジャースもDバックスとの首位争いがかかっていますし、非常に興味深い対戦でした。

マナエアVSリッチ・ヒル

アスレチックスはエースのショーン・マナエア、ドジャースはリッチ・ヒルという投げ合い。アスレチックスはエースを立てたので、どうしても勝ちたかったのですが、ショーン・マナエアがドジャースにつかまってしまいました。

途中、クリス・デービスの2ランHRも出て1点差まで追い上げたのですが、一歩及ばず、初戦を落としてしまいました。

シーズン勝利数はアスレチックスの方がドジャースを上回っているのですが、戦力自体はやはりドジャースの方が上です。アスレチックス目線で見ると、ジャイアント・キリングを見るようでなかなか面白いゲームだったと思います。

MC・ハマーがファースト・ピッチしてますwww

【動画】Recap: LAD 4, OAK 2

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました