スポンサーリンク

【Funny2018】フェリックスとベルトレ 

高いレベルで競い合っているMLBですが、もはや名物となっているライバル対決があります。

それがマリナーズのフェリックス・ヘルナンデスとレンジャーズのエイドリアン・ベルトレの二人。

この2人のもはやコンビ芸的な面白いシーンがあったので記事にしたいと思います。

その他、シーズン後半なので話題が盛りだくさんなので、現地2018年8月7日の出来事として、大谷選手のHRの話題と注目のアスレチックスVSドジャース戦も記事にしたためております。

まずはフェリックスとベルトレから。

フェリックスとベルトレ

現地2018年8月7日のマリナーズ@レンジャーズ戦でも出ました。2回裏、先頭のエイドリアン・ベルトレがフェリックス・ヘルナンデスの抜けたカーブに三振したシーンです。

Tvuít / Twitter

互いを尊敬しあっているからこそ出る嘲(あざけ)り合い。「何だよ、そのスイングは?」と言わんばかりのフェリックスの本気の笑いがなかなかいいです。

2人の関係

この二人、もちろんエイドリアン・ベルトレの方が年上です。ベルトレは1979年4月7日生まれの39才、フェリックスは1986年4月8日の32才。出身国はベルトレがドミニカ共和国で、フェリックスがベネズエラ。

仲がよいのは2005年から2009年の4年間、ベルトレがマリナーズにいたことから近しい間柄になったようです。

マリナーズ時代のベルトレ

エイドリアン・ベルトレは2004年(当時ドジャース)に48HRを放ち、その年、シルバースラッガー賞を受賞。2005年、FAで鳴り物入りでマリナーズに移籍してきました。

ベルトレがSEAにいる時代のフェリックス

そしてフェリックス・ヘルナンデスがルーキー・イヤーを迎えたのは2005年。ベルトレのマリナーズでのラスト・イヤーとなった2009年には19勝5敗を上げ、一躍メジャー屈指の右腕となったのでした。

ちなみに、フェリックスは翌年の2010年、13勝12敗ながら、34試合、249.0イニング、ERA 2.27、完投6、うち完封1の内容の良さが認められ、サイ・ヤング賞を受賞しています。地区最下位のチームからの選出です。

フェリックスは通算168勝123敗(現地2018年8月7日時点)ですが、強いチームにいればもっと勝ち星がついていますね。

2人のおもしろ動画

そんな二人のここ数年のファニー・モーメントを集めた動画がありました。ベルトレのいい兄貴ぶりがよくわかります。

 

この日のゲームですが、味方の援護でいい立ち上がりを見せたフェリックスでしたが、中盤に逆転を許し、負け投手に。11−4でレンジャーズが勝利しました。

フェリックスの勤続疲労

2008年から8年連続で200イニングを投げてきた鉄腕も2017年(6勝5敗、86.2イニング)からちょっと長年の疲れが出てきているように思います。今季はここまでローテーションを守っているものの、この敗戦で8勝10敗。技術を駆使して長く登板してもらいたいものです。

さて、このゲームですがおめでたいことが1つありました。

バートロ・コロンが246勝目。ラテン・アメリカ出身の投手で勝利数最高となっています。

現地2018年8月7日は他にも話題がありました。

大谷選手が逆転の3ランHR

大谷選手が素晴らしい当たりのHRを放っております。しかも逆方向です。

地元でのタイガース戦に3番DHで出場。初回の守りで2点を先制された直後の逆転3ランHRです。タイガースのピッチャーはジェイコブ・ターナー

エンゼルスは大谷選手のこのHRを口火に初回に7点をあげ、ゲームを優位にすすめ、11−5で勝利しました。

エンゼルスは連勝(57勝目)。地味にではありますが、3位マリナーズ(65勝)に迫っております。

ア・リーグ西地区の話しを書きましたので、ついでに前日の記事で書いたアスレチックスの話題も。

A’s 、ドジャースとの初戦に惜敗!

ア・リーグ2位のアスレチックスですが(67勝)、現地2018年8月7日から地元にドジャースを迎えてのインターリーグが始まっています。

ドジャースもDバックスとの首位争いがかかっていますし、非常に興味深い対戦でした。

マナエアVSリッチ・ヒル

アスレチックスはエースのショーン・マナエア、ドジャースはリッチ・ヒルという投げ合い。アスレチックスはエースを立てたので、どうしても勝ちたかったのですが、ショーン・マナエアがドジャースにつかまってしまいました。

途中、クリス・デービスの2ランHRも出て1点差まで追い上げたのですが、一歩及ばず、初戦を落としてしまいました。

シーズン勝利数はアスレチックスの方がドジャースを上回っているのですが、戦力自体はやはりドジャースの方が上です。アスレチックス目線で見ると、ジャイアント・キリングを見るようでなかなか面白いゲームだったと思います。

MC・ハマーがファースト・ピッチしてますwww

【動画】Recap: LAD 4, OAK 2

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました