スポンサーリンク

【メモリアル】現地時間2010年6月8日はスティーブン・ストラスバーグがデビュー戦で14Kを上げた日!

はや10年!

 今から10年前の現地時間2010年6月8日は、ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ(Stephen Strasburg)がデビュー戦を迎えた日です!メジャーリーグ・ファン待望の超弩級のルーキーのデビューに心が踊った日でもありました。そして期待どおりの豪腕を披露。いきなりの14奪三振でファンを唸らせたのでした!

すべてが規格外!

 とにかく当時はストラスバーグへの注目度がすごかったです。アマチュア時代の華々しい活躍は有名。北京五輪のアメリカ代表、そして世界大学野球(2008年)での活躍。なお斎藤佑樹投手もストラスバーグと同じ年の1988年生まれ。世界大学野球選手権では奪三振1位がスティーブン・ストラスバーグ、2位が斎藤投手でした。

 そして全てが規格外。ファストボールは160kmをゆうに超え、MAX167km(103mph)と言われ、さらに変化球を投げても一級品。ベテランが投げるようなブレーキの効いたカーブなどパワーだけではない器用さにも注目が集まりました。番外編の情報としては足のサイズが37センチ・・・など。とにかくすべてが規格外で驚くべき投手がついにデビューを果たしたのが2010年の6月8日でした。

大盛りあがりのデビュー戦

 とにかくこのデビュー戦は終始大盛りあがり。モンスター級の逸材を見たいというファンの熱気が伝わってきました。

 デビュー戦の相手はパイレーツ。

 当時のスタメンを見ると、非常に興味深い顔ぶれが。

パイレーツナショナルズ
1. A・マッカッチェン-CF
2. ニール・ウォーカー-2B
3. L・ミレッジ-LF
4.ギャレット・ジョーンズ-1B
5. デルウィン・ヤング-RF
6. アンディー・ラローシュ-3B
7. ロニー・セデーニョ-SS
8.ジェイソン・ジャラミロ-C
9.ジェフ・カーステンス-P
1. C・グズマン-2B
2. ナイジャー・モーガン-CF
3. ライアン・ジマーマン-3B
4. アダム・ダン-1B
5. ジョシュ・ウィリンガム-LF
6. イバン・ロドリゲス-C
7. R・バーナディーナ-RF
8. イアン・デズモンド-SS
9. S・ストラスバーグ-P

14K

 この日、ストラスバーグは7回、94球を投げ、被安打4、失点2、被本塁打1。そして7イニングでマウンドを降りたにも関わらず奪三振数が14! いいピッチングでした。

いい捕手は誰だ!→パッジか! 

 上のVTRはストラスバーグの奪三振のシーンがメインですが、久しぶりにこのVTRを見た時、「このうまい捕手は誰だ!」と思ったら、パッジことイバン・ロドリゲスでした。ストラスバーグのデビュー戦でマスクをかぶっていたのがイバン・ロドリゲスであるとすぐに答えられる方がいたら、相当な通ですね。

Pittsburgh Pirates at Washington Nationals Box Score, June 8, 2010 | Baseball-Reference.com
Washington Nationals beat Pittsburgh Pirates (5-2). Jun 8, 2010, Attendance: 40315, Time of Game: 2:19. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score...

2009年ドラフト全体1位

 もうすぐ、2020年ドラフトですが、スティーブン・ストラスバーグは2009年アマチュアドラフト1巡目指名。サンディエゴ州立大学出身。

 なお、この年の2位指名はマリナーズ。ダスティン・アックリーを指名しました。彼にはかなり期待していたんですけどね・・・。

デビューイヤーにトミー・ジョン手術

 なお、スティーブン・ストラスバーグのデビューイヤーですが、10戦目となるはずだった7月27日に右肩にハリを訴え登板を回避。すぐにMRIを実施。この時は10日ほどの休養で復帰。

 そして復帰後3戦目となった8月21日は5回で降板。今度は前腕に痛みを訴え、MRIの結果、UCLが断裂してことが判明。9月3日にトミー・ジョン手術となったのでした。

 そう、ストラスバーグのデビュー・イヤーは12試合先発で2ヶ月半ほどで終わったのでした。この時のメジャー・ファンのがっかりぶりもよい思い出です。

トミー・ジョン手術後

 ストラスバーグは2011年は大半をリハビリに費やし、9月3日に復帰しています。彼の場合、1年という早さでの復帰でした。

 その翌年の2012年に15勝6敗と活躍。ナショナルズが大事をとってイニング制限をかけたので、それがなければもう少し勝ち星は増えていたと思われます。ポストシーズンまで投げたかったストラスバーグですが、クラブ側の心を鬼にした配慮による登板回避で落胆。その後、1年あまり調子を崩してしまうというハプニングもありました。

 2014年からも毎年のように小さな故障を抱えていましたが、それとは裏腹に成績は6年連続で二桁勝利を達成中。2019年はキャリアハイの18勝。ナショナルズのワールドシリーズチャンプに大きく貢献したという流れになります。

 メジャー通算、112勝58敗(現地2020年6月8日時点)。

 あれからもう10年。ほんとうに早いなと思います。スティーブン・ストラスバーグは2020年7月20日の誕生日で32才となります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました