スポンサーリンク

【MLB2018】J・バーランダーがキャリア200勝を達成、HOUは再び単独首位に

現地2018年8月19日のMLB、色々な話題があった中、やはりこの人の話題を飛ばすことはできません。ここのところ、OAKとHOUの話題に集中している嫌いがあるのですが、ご容赦ください。

 

ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)がキャリア通算200勝を達成しております!!!

 

アスレチックスとの直接対決最後のゲームで登板したバーランダー。大記録への難産ゆえか、あるいはシーズン後半の疲れからか、はたまた打線の不調による投手へのしわ寄せからか、直近2試合で負けが続いておりました。

 

6月後半まで続いていたシーズンERA1点台もここのところの不調から2点台中盤へ悪化。14日の登板を終えた時点で2.52。悪化と言っても2.52は相当素晴らしい成績ですが、ただ被安打自体も増えておりました。

 

2位アスレチックスに首位に並ばれた8月19日の登板はボール自体は走っておりました。ただ、初回からマット・チャップマン、クリス・デービスという打たれてはいけないバッターにHRを食らってしまうまずい立ち上がりとなりました。クリス・デービスには3回にも2打席連続でHRを打たれております。

 

 

一方のアスレチックスはなんとか勝ちたいということで、ショーン・マナエアを登板させていたのですが、マナエアも調子が今ひとつで、4回までに6失点と流れをつくることができず、これもバーランダーの後押しとなりました。

 

バーランダーは4回、5回と3人ずつで斬ってとり、ゲームを落ち着かせることに成功。アストロズに流れを呼びました。

 

6回1アウト後にクリス・デービスとマット・オルソンに連続シングルを許したところで降板。5回1/3、101球、被安打7、失点4、被本塁打3、奪三振6、与四球1という成績でした。

 

 

キャリア14年での200勝達成。右バッターのアウトローへ98mphのファストボールを投げ込んでおりましたから、まだまだ頑張ってくれそうですね。Congratulations!

 

ゲームの方ですが、7回からマウンドに上がったアスレチックス5番手のエミリオ・パガンが被安打3ながらも、それがすべて被本塁打となり3失点。アスレチックスは得意の後半勝負に持ち込めず、ふたたびアストロズに単独首位を許しております。

 

【動画】Recap: HOU 9, OAK 4

 

Verlander’s career stats    2018/08/19
YearAgeTmWLERAGSCGSHOIPHRBBSOHBPWHIPAwards
200522DET027.1520011.115711.765
200623DET1793.633011186.0216012461.328CYA-7,MVP-15,RoY-1
200724DET1863.663211201.22067183191.230AS,CYA-5
200825DET11174.843310201.01887163141.403
200926DET1993.453531240.0206326961.175AS,CYA-3,MVP-20
201027DET1893.373340224.1147121961.163AS,CYA-11
201128DET2452.403442251.0245725030.920AS,CYA-1,MVP-1
201229DET1782.643361238.1196023951.057AS,CYA-2,MVP-8
201330DET13123.463400218.1197521741.315AS
201431DET15124.543200206.0186515951.398
201532DET583.382011133.1133211331.088
201633DET1693.043420227.2305725481.001CYA-2,MVP-17
201734TOT1583.363300206.0277221941.175CYA-5
201734DET1083.822800172.0236717631.279
201734HOU501.0650034.0454310.647
201835HOU1282.652711169.2262922370.93AS
14 Y14 Y14 Y2001223.414122482714.22708002639911.17

今季は2017と比較して被本塁打数がUP。この時点で昨年とほぼ並んでいます。ただ、すごいのは四球の激減。昨年はシーズンを通じて72個だったのが、今季は現時点で29個。34先発が皆勤なら、あと6試合。あと10個出すかどうかだと思いますから、estimated 40個ありなしというところですね。 お読みいただき、ありがございました!

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました