スポンサーリンク

【MLB2018】J・バーランダーがキャリア200勝を達成、HOUは再び単独首位に

現地2018年8月19日のMLB、色々な話題があった中、やはりこの人の話題を飛ばすことはできません。ここのところ、OAKとHOUの話題に集中している嫌いがあるのですが、ご容赦ください。

 

ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)がキャリア通算200勝を達成しております!!!

 

アスレチックスとの直接対決最後のゲームで登板したバーランダー。大記録への難産ゆえか、あるいはシーズン後半の疲れからか、はたまた打線の不調による投手へのしわ寄せからか、直近2試合で負けが続いておりました。

 

6月後半まで続いていたシーズンERA1点台もここのところの不調から2点台中盤へ悪化。14日の登板を終えた時点で2.52。悪化と言っても2.52は相当素晴らしい成績ですが、ただ被安打自体も増えておりました。

 

2位アスレチックスに首位に並ばれた8月19日の登板はボール自体は走っておりました。ただ、初回からマット・チャップマン、クリス・デービスという打たれてはいけないバッターにHRを食らってしまうまずい立ち上がりとなりました。クリス・デービスには3回にも2打席連続でHRを打たれております。

 

 

一方のアスレチックスはなんとか勝ちたいということで、ショーン・マナエアを登板させていたのですが、マナエアも調子が今ひとつで、4回までに6失点と流れをつくることができず、これもバーランダーの後押しとなりました。

 

バーランダーは4回、5回と3人ずつで斬ってとり、ゲームを落ち着かせることに成功。アストロズに流れを呼びました。

 

6回1アウト後にクリス・デービスとマット・オルソンに連続シングルを許したところで降板。5回1/3、101球、被安打7、失点4、被本塁打3、奪三振6、与四球1という成績でした。

 

 

キャリア14年での200勝達成。右バッターのアウトローへ98mphのファストボールを投げ込んでおりましたから、まだまだ頑張ってくれそうですね。Congratulations!

 

ゲームの方ですが、7回からマウンドに上がったアスレチックス5番手のエミリオ・パガンが被安打3ながらも、それがすべて被本塁打となり3失点。アスレチックスは得意の後半勝負に持ち込めず、ふたたびアストロズに単独首位を許しております。

 

【動画】Recap: HOU 9, OAK 4

 

Verlander’s career stats    2018/08/19
YearAgeTmWLERAGSCGSHOIPHRBBSOHBPWHIPAwards
200522DET027.1520011.115711.765
200623DET1793.633011186.0216012461.328CYA-7,MVP-15,RoY-1
200724DET1863.663211201.22067183191.230AS,CYA-5
200825DET11174.843310201.01887163141.403
200926DET1993.453531240.0206326961.175AS,CYA-3,MVP-20
201027DET1893.373340224.1147121961.163AS,CYA-11
201128DET2452.403442251.0245725030.920AS,CYA-1,MVP-1
201229DET1782.643361238.1196023951.057AS,CYA-2,MVP-8
201330DET13123.463400218.1197521741.315AS
201431DET15124.543200206.0186515951.398
201532DET583.382011133.1133211331.088
201633DET1693.043420227.2305725481.001CYA-2,MVP-17
201734TOT1583.363300206.0277221941.175CYA-5
201734DET1083.822800172.0236717631.279
201734HOU501.0650034.0454310.647
201835HOU1282.652711169.2262922370.93AS
14 Y14 Y14 Y2001223.414122482714.22708002639911.17

今季は2017と比較して被本塁打数がUP。この時点で昨年とほぼ並んでいます。ただ、すごいのは四球の激減。昨年はシーズンを通じて72個だったのが、今季は現時点で29個。34先発が皆勤なら、あと6試合。あと10個出すかどうかだと思いますから、estimated 40個ありなしというところですね。 お読みいただき、ありがございました!

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました