スポンサーリンク

【MLB2018】J・バーランダーがキャリア200勝を達成、HOUは再び単独首位に

現地2018年8月19日のMLB、色々な話題があった中、やはりこの人の話題を飛ばすことはできません。ここのところ、OAKとHOUの話題に集中している嫌いがあるのですが、ご容赦ください。

 

ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)がキャリア通算200勝を達成しております!!!

 

アスレチックスとの直接対決最後のゲームで登板したバーランダー。大記録への難産ゆえか、あるいはシーズン後半の疲れからか、はたまた打線の不調による投手へのしわ寄せからか、直近2試合で負けが続いておりました。

 

6月後半まで続いていたシーズンERA1点台もここのところの不調から2点台中盤へ悪化。14日の登板を終えた時点で2.52。悪化と言っても2.52は相当素晴らしい成績ですが、ただ被安打自体も増えておりました。

 

2位アスレチックスに首位に並ばれた8月19日の登板はボール自体は走っておりました。ただ、初回からマット・チャップマン、クリス・デービスという打たれてはいけないバッターにHRを食らってしまうまずい立ち上がりとなりました。クリス・デービスには3回にも2打席連続でHRを打たれております。

 

 

一方のアスレチックスはなんとか勝ちたいということで、ショーン・マナエアを登板させていたのですが、マナエアも調子が今ひとつで、4回までに6失点と流れをつくることができず、これもバーランダーの後押しとなりました。

 

バーランダーは4回、5回と3人ずつで斬ってとり、ゲームを落ち着かせることに成功。アストロズに流れを呼びました。

 

6回1アウト後にクリス・デービスとマット・オルソンに連続シングルを許したところで降板。5回1/3、101球、被安打7、失点4、被本塁打3、奪三振6、与四球1という成績でした。

 

 

キャリア14年での200勝達成。右バッターのアウトローへ98mphのファストボールを投げ込んでおりましたから、まだまだ頑張ってくれそうですね。Congratulations!

 

ゲームの方ですが、7回からマウンドに上がったアスレチックス5番手のエミリオ・パガンが被安打3ながらも、それがすべて被本塁打となり3失点。アスレチックスは得意の後半勝負に持ち込めず、ふたたびアストロズに単独首位を許しております。

 

【動画】Recap: HOU 9, OAK 4

 

Verlander’s career stats    2018/08/19
Year Age Tm W L ERA GS CG SHO IP HR BB SO HBP WHIP Awards
2005 22 DET 0 2 7.15 2 0 0 11.1 1 5 7 1 1.765
2006 23 DET 17 9 3.63 30 1 1 186.0 21 60 124 6 1.328 CYA-7,MVP-15,RoY-1
2007 24 DET 18 6 3.66 32 1 1 201.2 20 67 183 19 1.230 AS,CYA-5
2008 25 DET 11 17 4.84 33 1 0 201.0 18 87 163 14 1.403
2009 26 DET 19 9 3.45 35 3 1 240.0 20 63 269 6 1.175 AS,CYA-3,MVP-20
2010 27 DET 18 9 3.37 33 4 0 224.1 14 71 219 6 1.163 AS,CYA-11
2011 28 DET 24 5 2.40 34 4 2 251.0 24 57 250 3 0.920 AS,CYA-1,MVP-1
2012 29 DET 17 8 2.64 33 6 1 238.1 19 60 239 5 1.057 AS,CYA-2,MVP-8
2013 30 DET 13 12 3.46 34 0 0 218.1 19 75 217 4 1.315 AS
2014 31 DET 15 12 4.54 32 0 0 206.0 18 65 159 5 1.398
2015 32 DET 5 8 3.38 20 1 1 133.1 13 32 113 3 1.088
2016 33 DET 16 9 3.04 34 2 0 227.2 30 57 254 8 1.001 CYA-2,MVP-17
2017 34 TOT 15 8 3.36 33 0 0 206.0 27 72 219 4 1.175 CYA-5
2017 34 DET 10 8 3.82 28 0 0 172.0 23 67 176 3 1.279
2017 34 HOU 5 0 1.06 5 0 0 34.0 4 5 43 1 0.647
2018 35 HOU 12 8 2.65 27 1 1 169.2 26 29 223 7 0.93 AS
14 Y 14 Y 14 Y 200 122 3.41 412 24 8 2714.2 270 800 2639 91 1.17

今季は2017と比較して被本塁打数がUP。この時点で昨年とほぼ並んでいます。ただ、すごいのは四球の激減。昨年はシーズンを通じて72個だったのが、今季は現時点で29個。34先発が皆勤なら、あと6試合。あと10個出すかどうかだと思いますから、estimated 40個ありなしというところですね。 お読みいただき、ありがございました!

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました