【MLB2017開幕】田中投手が崩れる!カブスが粘りのサヨナラ!SFGはバンガーナーが2HR!

こんにちは。

ようやく待ちに待ったレギュラー・シーズンが始まりました!

NYY@TBR戦

現地2017年4月2日、レイズ–ヤンキース、カブス–カージナルス、ダイヤモンドバックス–ジャイアンツの開幕3カードが行なわれ、どのカードも勝つであろうと思われていた(筆者が勝手にそう思っていたのですが)チームの方が敗れました。

田中投手が打ち込まれる

まず、どこよりも早く行なわれたレイズVSヤンキースですが、グレープフルーツ・リーグで1失点、ERA0.38だった田中将大投手が3回途中、被安打8、失点7、被本塁打2と打ちこまれてしまいました。

これはかなりの波乱でしたね。

田中投手はエバン・ロンゴリア、ローガン・モリソンに一発を浴び、残念ながらゲームを作ることが出来ませんでした。レイズ先発のクリス・アーチャーは7回を被安打7、失点2、奪三振5といいピッチングを見せました。

次に期待しましょう!

Game Score

【動画】Recap: NYY 3, TB 7

カージナルス@カブス戦

 さて、注目のカードのカージナルス@カブス戦ですが、まずはカブスのスタメンがこちら。

1 LF カイル・シュワーバー

2  3B  クリス・ブライアント

3  1B    アンソニー・リッゾ

4  RF  ベン・ゾブリスト

5 SS アディソン・ラッセル

6 CF ジェイソン・ヘイワード

7 C ウィルソン・コントレラス

8 P ジョン・レスター

9 2B  ハビアー・バイエス

すごいスターティングですよね!

カイル・シュワーバーがリードオフ!

カイル・シュワーバーを1番に持ってきたのが凄いですし、下まで切れ目がない感じです。且つピッチャーを8番に置いて、バイエスを1番へのつなぎにするなんて、マッドン監督、痺れさせてくれますね!

カルロス・マルチネスが好投

しかし、このカブスの前に立ちはだかったのが、カージナルス先発のカルロス・マルチネス。

100マイルに届こうかという4シームと2シーム、80マイル後半のスライダーとチェンジアップでカブス打線に仕事をさせませんでした。

カルロス・マルチネスは8回途中、被安打7、無失点、奪三振10で最高の投球を見せました。

ところが、さすがカブス打線です。9回にウィルソン・コントレラスが値千金の3ランHRを放ち、土壇場で同点に追いつく粘り。さすがに強いです。

ランダール・グリチェックがサヨナラ打

しかし、9回裏にカージナルスがランダール・グリチェックのシングルでサヨナラ勝ちを納めました。

カブスの上原投手は7回に登板。無失点投球を見せています。

Game Score

【動画】Recap: CHC 3, STL 4

マディソン・バンガーナーが強烈な2発

DバックスVSジャイアンツはグレインキとバンガーナーがそれぞれゲームを作り、後半にもつれましたが、ジャイアンツの新守護神、マーク・メランコンの調子が今ひとつで、Dバックスにサヨナラを献上してしまいました。

ゲーム結果(ARI 6, SFG 5)も去ることながら、マディソン・バンガーナーの強烈な2発をご覧ください。

Game Score

(2017年4月2日)

バンガーナーのバッティングは今季も健在のようです。

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 赤とんぼ より:

    開幕戦で、投手が2HRSは史上初らしいです(笑)

  2. Hirotee-1969 より:

    赤とんぼ様、情報をありがとうございます。ちょっとバンガーナーの打球は反則ですね。