スポンサーリンク

【MLB引退2012】ケリー・ウッド(カブス)の現役最後の登板

20Kのケリー・ウッドが引退

こんにちは(´;ω;`)

なんとも悲しいニュースが入ってきました。

シカゴ・カブスのケリー・ウッド投手(Kerry Wood   #34)が、現役引退を発表し、現地2012年5月18日のゲームが最後の登板となりました。

ScreenHunter_01 May. 19 16.36

ウッドの引退が明らかになったには18日。実は、ウッドの引退の決断は急だったのです。

Wood had talked to Sveum about retiring in the last couple weeks, but he made it clear on Thursday this was it.

(ウッドが監督のスウェイムと引退について話したのは2週間前。しかし、引退の意思を固めたのは、昨日の木曜日だった。)

この日が最後の登板になることはファンも知らされていませんでした。

しかし、昨日の決断を聞いた監督のスウェイムは、彼に最後の花道を用意するため、ブルペンでの準備を言い渡しました。

最後の登板でも96マイル

18日はインターリーグの初戦。対戦相手は同じシカゴのホワイトソックス。

8回表、3-2と逆転されたカブス・スウェイム監督は1アウトをとったところで先発のサマージャ(Samardzija)に代わり、ウッドをマウンドへ。

これ以上追加点を与えない大事な場面でのリリーフでした。バッターはコナーコ(Konerko)に代わり、途中から出場のビシエド(Viciedo)。

  • 初球は96マイルのファストボールでストライク。
  • 2球目は76マイルのカーブをファウルで2ストライク。
  • 最後は78マイルのカーブで空振り三振。

打者一人を空振り三振、相手の流れを断ち切る素晴らしい投球でした。

【動画】ウッドの最後の登板(2012年5月18日:現地)

燦然と輝く98年の1試合20奪三振

ケリー・ウッドと言えば、やはり98年ルーキーイヤーの5戦目の登板の1試合20奪三振という輝かしい記録ですよね。

見た目の良さと、投げ方のかっこよさ、そして圧倒的なボールの力にMLBファンを釘付けにしました。

【動画】MAY/6/1998: Cubs pitcher Kerry Wood strikes out 20 batters
and ties a Major League record for strikeouts in a nine-inning game

いやー上の動画は今見ても惚れ惚れするファストボール!糸を引いてます。

故障との闘い

98年鮮烈なデビューを飾ったウッドですが、同年後半に肘を故障。

プレーオフに出場するも余計に肘を悪化させ、翌年の99年にトミー・ジョン手術。その後約3年半をリハビリに費やし、2000年5月2日にメジャー復帰。リハビリ期間にはずっとチームに帯同し、相手投手の研究データをとるなどとても熱心な態度がチームやファンに人気のあったところでもあります。

史上最速の1000K

2001年には完全復活し、2003年にはMLB史上最速で1,000奪三振を記録。イニング数(853)とゲーム数(134)双方で最速です

2004年以降は毎年のように怪我を頻発させ、度々DL入りし、先発からリリーフへの転向を余儀なくされました。

2009年にはインディアンスに移籍、2010年途中にはヤンキースに移籍し、リベラの前のセットアッパーとして期待されましたが思うような成績をあげられませんでした。

2011年にカブスに復帰し、今日引退となりました。

ウッドの通算成績

Win Lose Save ERA Game GS CG IP
86 75 63 3.67 446 178 5 1,380
Hits Runs ER HR BB IBB SO WHIP
1,083 599 563 148 666 22 1,582 1.27

(凡例)

  • ERA :防御率、
  • Game:登板試合数、
  • GS:Game Started(先発)、
  • CG:Complete Games(完封)、
  • IP:投球回数、 Hits:被安打
  • Runs:失点、
  • ER:Earned Runs(自責点)、
  • HR:被本塁打、
  • BB:フォアボール、 IBB: 敬遠四球、 SO:奪三振、

ウッドは、超かっこいいピッチャーでした。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBトレード2024噂】打撃不振が続くマリナーズ、オリオールズのライアン・マウントキャッスルに手を出すか?!
【MLB2024】ドジャース、ジェームス・パクストンをDFA!25才の右腕を招集
【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?(追記あり)
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
タイトルとURLをコピーしました