スポンサーリンク

【MLB引退2012】ケリー・ウッド(カブス)の現役最後の登板

20Kのケリー・ウッドが引退

こんにちは(´;ω;`)

なんとも悲しいニュースが入ってきました。

シカゴ・カブスのケリー・ウッド投手(Kerry Wood   #34)が、現役引退を発表し、現地2012年5月18日のゲームが最後の登板となりました。

ScreenHunter_01 May. 19 16.36

ウッドの引退が明らかになったには18日。実は、ウッドの引退の決断は急だったのです。

Wood had talked to Sveum about retiring in the last couple weeks, but he made it clear on Thursday this was it.

(ウッドが監督のスウェイムと引退について話したのは2週間前。しかし、引退の意思を固めたのは、昨日の木曜日だった。)

この日が最後の登板になることはファンも知らされていませんでした。

しかし、昨日の決断を聞いた監督のスウェイムは、彼に最後の花道を用意するため、ブルペンでの準備を言い渡しました。

最後の登板でも96マイル

18日はインターリーグの初戦。対戦相手は同じシカゴのホワイトソックス。

8回表、3-2と逆転されたカブス・スウェイム監督は1アウトをとったところで先発のサマージャ(Samardzija)に代わり、ウッドをマウンドへ。

これ以上追加点を与えない大事な場面でのリリーフでした。バッターはコナーコ(Konerko)に代わり、途中から出場のビシエド(Viciedo)。

  • 初球は96マイルのファストボールでストライク。
  • 2球目は76マイルのカーブをファウルで2ストライク。
  • 最後は78マイルのカーブで空振り三振。

打者一人を空振り三振、相手の流れを断ち切る素晴らしい投球でした。

【動画】ウッドの最後の登板(2012年5月18日:現地)

燦然と輝く98年の1試合20奪三振

ケリー・ウッドと言えば、やはり98年ルーキーイヤーの5戦目の登板の1試合20奪三振という輝かしい記録ですよね。

見た目の良さと、投げ方のかっこよさ、そして圧倒的なボールの力にMLBファンを釘付けにしました。

【動画】MAY/6/1998: Cubs pitcher Kerry Wood strikes out 20 batters
and ties a Major League record for strikeouts in a nine-inning game

いやー上の動画は今見ても惚れ惚れするファストボール!糸を引いてます。

故障との闘い

98年鮮烈なデビューを飾ったウッドですが、同年後半に肘を故障。

プレーオフに出場するも余計に肘を悪化させ、翌年の99年にトミー・ジョン手術。その後約3年半をリハビリに費やし、2000年5月2日にメジャー復帰。リハビリ期間にはずっとチームに帯同し、相手投手の研究データをとるなどとても熱心な態度がチームやファンに人気のあったところでもあります。

史上最速の1000K

2001年には完全復活し、2003年にはMLB史上最速で1,000奪三振を記録。イニング数(853)とゲーム数(134)双方で最速です

2004年以降は毎年のように怪我を頻発させ、度々DL入りし、先発からリリーフへの転向を余儀なくされました。

2009年にはインディアンスに移籍、2010年途中にはヤンキースに移籍し、リベラの前のセットアッパーとして期待されましたが思うような成績をあげられませんでした。

2011年にカブスに復帰し、今日引退となりました。

ウッドの通算成績

WinLoseSaveERAGameGSCGIP
8675633.6744617851,380
HitsRunsERHRBBIBBSOWHIP
1,083599563148666221,5821.27

(凡例)

  • ERA :防御率、
  • Game:登板試合数、
  • GS:Game Started(先発)、
  • CG:Complete Games(完封)、
  • IP:投球回数、 Hits:被安打
  • Runs:失点、
  • ER:Earned Runs(自責点)、
  • HR:被本塁打、
  • BB:フォアボール、 IBB: 敬遠四球、 SO:奪三振、

ウッドは、超かっこいいピッチャーでした。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました